FC2ブログ

4重虹・HC29周年・66銀河スピン

2016年08月20日 00:38

磁気の月25日(G8/19)KIN243 青い太陽の夜(by D)

G8/14の朝、『13の月の暦ドリームスペル)』のツォルキンがKIN238(4・鏡)になったのにちなんで、FBのカバー写真を2015.9.9(重陽の日&KIN159)に近所で撮影した4重虹に変更した。それで、ふと思い出して、その虹について書いたブログ「鎌倉みちのく魔術紀行(6)四重虹」を確認すると、最後の方に江島神社の住所が2-3-8である事が記されていて驚いた。
四重虹1 ★G9/9に二子玉川に出現した四重虹

江島神社を訪れたのは昨年の誕生日当日なので、ほぼ1年が経過した訳だが、ひと月ほど前に実家に立ち寄った時、鎌倉高校の同窓会会報「うしお」第35号が届いていて、話題の卒業生として、ちょうど江島神社の宮司さんが特集されていたので、尚更ビックリしたのだ。ブログの方には、パカル王の墓室開封(KIN218)と絡むシンクロも色々書いてあるので、関心のある方はリンク先に飛んでみて頂ければと思う。

写真を変えたKIN238(G8/14)は、「幸せの波に乗る『13の月の暦』の使い方」を伝えに神楽坂セイギーヒーへ。「扉が開く新年最初の白い鏡の日」と案内文に書いたのは、「時間をはずした日」のKIN218が、ちょうどパカル王の墓室開封から90銀河スピン(23400キン)に当たっていたので、その事と絡めて話すつもりだったからだが、その場のシンクロに任せていたらすっかり忘れてしまった。

もっとも、質疑の時間にそれについて問う方もいらっしゃらなかったので、今回は、その角度から話をする必要が無かったのかもしれない。あるいは、定員10名の会場に、あり得ない展開で16名もの方が集う形になった時点で、流れが変わっていたようにも思える。主催の川村夫妻と私を含めれば全部で19名。

しかし、コード番号19の「青い嵐」の年、19番目の「鷲のウェイブスペル(13日間)」での開催、そして、次回の開催予定がKIN19(G9/24)という事に気付くと、遠路飛行機でやって来られた方や、体調不良を押してまで参加された方の、「何かに突き動かされて」という感覚が、各自の自我を越えた領域からの衝動だった可能性を私に想像させた。

講座中も終了後も様々なシンクロがあったが、今回特に印象的だったのは参加者の多様性で、様々な分野で指導的な立場にある方が多数いらっしゃった事を後で知った。最後まで残っていた方がKIN190(ドリームスペルでのパカル王の誕生キン)で、何と、かつて高橋いづみさん(KIN58→マヤ暦でのパカル王の死の日付)と仕事をされていたり、青木先生にインタビューした経験のある方だと分かった事も嬉しかった。

終戦記念日のKIN239も貴重な体験があったのだが、それについては別な機会に譲るとして、その翌日と翌々日の2日間、つまりハーモニック・コンバージェンス29周年のタイミングについて少し記しておきたいと思う。KIN240(G8/16)の朝、私は一冊の本を手にして、目次と内容の一部に目を通し、深い感動を覚えていた。

誰が書いたもので、どういう経緯で家に届いたのかは知らなかったが、前夜、遅くに帰宅した時からチラッと目に入っていて気になっていたのだ。この「気になる」は表紙やタイトルに対する反応ではなく、何か本質的なものに出会った時に感じるインスピレーションのようなもので、長年の経験が、そこにとても重要な事が書かれていることを私に知らせていた。

翌朝、出掛けの限られた時間の中で、全く異なるいくつかの角度から確認をしてみても、その印象に変わりが無かったので、私は「これは素晴しい本だ!」と興奮しながら絶賛しまくった。『奇跡の幼稚園メソッド』(小崎孝子著)というタイトルのその本は、実は、天真書法塾シャンバラ教室生・亜久理さんのお母様の新刊で、Lに送られて来た亜久理さんの書作品に同封されていたものだったのだが、その時点ではまだLも目を通していなかったのだ。

しかし、珍しく私がそこまで言い切った事もあって、その日、行われた新年最初の「銀河シンクロ教室」の会場で、Lは他に予定していた作業を後回しにして、先に読み切ってしまったのだった。もちろん、その感想は私と全く同じであった。驚くべきは、亜久理さんの誕生キンが今年1年とシンクロするKIN219で、もともとのG暦誕生日が9/9であるという事。つまり、この出来事は、4重虹写真のUPともリンクしていたのだ。時系列に整理すると以下のようになる。

KIN238(8/14)、「4・鏡」にちなんでFBカバー写真を昨年G9/9に撮影した4重虹に変更。
KIN239(8/15)、元旦から20日の「嵐」の日に、亜久理さんの書作品と『奇跡の幼稚園メソッド』が届く。
KIN240(8/16)、亜久理さんがKIN219(青いスペクトルの嵐)かつG9/9生まれと気付く。

KIN240の「銀河シンクロ教室」を終え、帰宅してから亜久理さんに御礼のメールを送ると、亜久理さんが初めて私達二人に同時に会ったのは、昨年の8/16だった事を知らせてくれる返信が届いた。まさに、ハーモニック・コンバージェンス28周年と29周年を結ぶ「時の輪」的な出来事が、この日生じていたのだ。

その夜、台風7号が関東に接近して風雨が強くなったものの、翌KIN241(7・竜)のお昼頃には台風一過で晴天に。この日はサイ時間単位もKIN241。サイ時間のKIN241(=磁気の月23〜25日)とツォルキンのKIN241が同期するのは52年に一度なので、この現象は私の生涯ではこれまで一度も生じておらず、次は52年後(99歳になった時)となる。そういう稀なシンクロが、ハーモニック・コンバージェンス29周年、『テレクトノン』で「銀河の同期」に対応する23日、そして、自分の66回目の銀河の誕生日に重なっていたのだから、特別感は半端ではない。

しかも、『シンクロニック・ジャーニー』の冒頭と終わりはKIN66の話で、NPOクリカの設立もKIN66。さらに、『ドリームスペル』の調波インデックスで、調波Noと逆の合計は常に66(中心調波33のみ自らの倍で66)となる事を、前日の「銀河シンクロ教室」でも伝えたばかり。そんな盛り上がる日に、こよみ屋のKOZOさんが中心になって「13の月の暦ユーザーの集い」を呼びかけて下さったのだから、参加しない訳には行かない。もちろん、スピーチの依頼も二つ返事で引き受けた。
FullSizeRender_20160820003316944.jpg ★ネームプレートと米国製13暦

会場は、渋谷駅西口のデイライトキッチン。受付で書き込み用のネームプレートを選んだ時に、「磁気の月」のトーテムであるコウモリがプリントされていたのだが、それが「当たり」の印だったらしく、いきなり米国製の「13の月の暦」を頂いた。もっとも、私はKIN241生まれで、かつ「磁気の月」生まれでもあるので、こうした贈り物が時空から届けられるのは、「13の月の暦」の使用者が集う場においては割と自然な事とも言える。
IMG_8411.jpg ★デイライトキッチンの美味しい御前

香アーティストのよしみさんが到着し、一緒にキッチンの美味しい食事を頂いた後、流れでKOZOさん(KIN46)、私(KIN241)、L(KIN231)、よしみさん(KIN108)の4人でトークをする事になった。打ち合わせ無しのぶっつけだったが、流石に時空のサーファー同士という事もあって、皆、結構勝手な事を話していながら、何となく良い感じでまとまって終了。最後によしみさんによる新作の香「Crystal Radiance」で短くクロージングの瞑想。
4人 ★トークした4人

午後の暑さでちょっとボーッとしていた心身が、スッキリ爽やかになっただけでなく、様々なレベルで調和する感覚があり、この季節&タイミングにピッタリの香、という印象だった。トークについては、人それぞれ受け止め方が違ったと思うが、少なくとも終了後に話した方々には、それなりに喜んで頂けていたようで、ちょっとホッとした次第。懐かしい人々との再会、新しい方々との出会いを楽しめる場をクリエイトして下さった皆様に、心から感謝。
IMG_8415.jpg ★最後に残っていたメンバーと

せっかくなので、このタイミングに少し先の予定もお知らせしておこう。ほぼ10週間後のKIN54、KIN55(G10/29,30)に、ハーモニック・コンバージェンス41銀河スピン、広島ゼロポイント100銀河スピンを記念して、デイライトキッチン隣の「渋谷区文化総合センター大和田」のギャラリーにて《時の魔法、ドリームスペル展》をクリカで開催する予定。展示内容は、小原蘭禅、天迅の書作品&ホゼ・アグエイアスによる1997年来日時のコラージュ作品群(高橋夫妻から預かったもの)。
IMG_8412.jpg ★15年前のアグエイアス夫妻とL

今回のイベントで、デイライトキッチンのサイコさんとも面識が出来たし、その頃までには、おそらく『ドリームスペル』日本語版の配布も終了すると考えられるので、そのお祝いも兼ねて、何か楽しい事が出来ればと目論んでいる。

もう一つは、もっと先の話だが、かなりシンクロ率の高い話で、リオ五輪とも絡むので、やはりシェアしておきたい。上記の集いに向かう途中、九州の高木さんから誕生KIN祝いのメッセージと共に、来年、できれば春分(KIN196)に福岡に来てもらえないかとの打診があったのだ。あんまり先の予定は入れない主義なのだが、高木さんとはもう何度もお会いしていてどんな方か分かっているし、先の亜久理さんとも繋がりがあるので、二つ返事でOKした。

その夜、リオ五輪のレスリング58キロ級で、伊調馨選手が五輪史上初の女子個人4連覇を成し遂げた事が報じられていた。早速、伊調選手の誕生キンを調べてみると、何とKIN196!自分の66回目の誕生キンにOKした春分(KIN196)の福岡行と完全シンクロ。『奇跡の幼稚園メソッド』の舞台である「ふたば幼稚園」も、実は福岡市の志賀島にある。4重の虹から始まった一連のシンクロは、4つの金メダルを獲った伊調選手、そして春分の福岡へと繋がって行った。

虹を7色とするなら4重虹は4×7で28。「13の月の暦ユーザーの集い」でトークした4人の「銀河の音」の合計も28。そして、『13の月の暦』は毎月28日であり、ドリームスペル・ツォルキンにおける「神秘の四つ組」の音の合計もまた28である。最後に数字遊びのメモを残して、「現在進行中の物語」にひとまず区切りをつけておきたいと思う。

4+29+66=99(次にKINとサイ時間が241で同期する年齢99才)
4×7+29+66=123 (1.23=磁気の月23日)、JAL123便、KIN123(パカル石棺蓋の開封)

なでしこ勝利の秘密

2011年07月20日 02:22

宇宙の月23日 (G7/19) KIN207 青い水晶の手 (by D)

今日は、マヤ長期暦が完了する(そして次の回転を始める)2012年冬至と同じ「12・手」の日。つまり、今日から「13の月の暦」のツォルキンが2回巡ると、その日がやって来るということだ。ただし、これはあくまで「13の月の暦」に従った言い方で、キチェ・マヤのツォルキンとなると話が違ってくる。

キチェの暦(これこそが代表的な「マヤ暦」)では、今日は「3カワク」。明日が、2012年冬至とシンクロする「4アハウ」。どうしてこんな事が起きるのかと言えば、「13の月の暦」はグレゴリオ暦との関係性が保たれるよう、260日暦も365日暦も、グレゴリオ暦のうるう日を「前日の続き」として数える(別な言い方をすることもあるがここでは省略)という取り決めを、暫定的にしているからである。

一方、当然の事ながら、古代から伝わる「マヤ暦」は、西暦のことなどどうでも良いので(誕生したのもグレゴリオ暦よりずっと昔なので)、グレゴリオ暦のうるう日調整など全く関係なく、ただただ260日周期を数え続けて行く。つまり、「マヤ暦」にはうるう日調整をするツォルキンなど端から存在しないのだ。

さて、前置きが長くなってしまったが、昨日に続いて、なでしこの勝利の秘密に「13の月の暦」のツォルキンから迫ってみたいと思う。Lが主将の澤選手と佐々木監督が気になるということで、誕生日を調べてくれたのだが、この読みがまさにどんぴしゃりで、非常に面白いことが分かった。

まず、澤選手だが1978年9月6日生まれで、銀河の署名は「青い月の猿(KIN171)」、現在の道筋は「青い銀河の猿(KIN151)」。佐々木監督は、1958年5 月24日生まれで、署名が「白い共振の世界の橋渡し(KIN46)」、現在の道筋は「青い銀河の猿(KIN151)」。何と!二人揃って「8・猿」の道筋を歩んでいたのだ!(前日のブログのラストを是非読んで頂きたい)

しかも、9/6から翌年の5/24まではちょうど260日あり、当然5/24から9/6までは105日なので、監督と澤主将は、毎年この105日間、全く同じ「運命の道筋」を歩むことになる。どんな組織も、その流れを決めるのはトップである。監督と主将が完全に同期するこの組み合わせは、非常に力強い方向性をもたらすはずだ。

と思って調べてみたら、やはり佐々木監督が日本女子代表の監督に就任してから、なでしこは目覚ましい活躍をしているのが分かった。2007年12月の就任以来、東アジアサッカー選手権、北京オリンピック、そして今回のワールドカップと、どの大会も驚くべき成果を残している。もちろん、この暦の情報だけで何でも説明できる訳ではないが、監督と澤主将のシンクロが力強い流れを生んだということには、注目して良いだろう。

決勝当日は日本時間7/18=「白い世界の橋渡し」の日だったので、監督の生来の働きが高まるとも言えるし、対応する惑星ホロンの関係で、日本の場が活性化しているとも見なせた。これだけでも十分力強いが、二人が「猿」の道筋を歩んでいたことで、米国という敵のエネルギーさえ使えてしまう状況にあったとも言えるだろう。なぜなら、惑星ホロンで米国が対応するのは、大部分「猿」のエリアだからである。

実際、監督や澤選手のインタビューを見れば、二人とも実力世界1位の米国に呑まれるどころか、「こんなチャンスはない!」と心底喜んでいたことが分かる。監督と主将というリーダーがそういう強力な共鳴場を創っていれば、他の選手達も皆、同じような気持ちになって行くのは自然な流れだ。

ちなみに、7/18は「13の月の暦」での1年の最後の週、つまり52週目の初日でもあり、この週とリンクするコドン(「時間の法則の20の銘板」に従った易の卦)は、46「光り輝く空虚」であった。単に数字のシンクロというだけだが、監督を応援する要素が、ここにも働いていたように感じられる。

興味深いのは、「13の月の暦」手帳や各種カレンダーの他、拙著『宇宙の暦は13ヵ月・新装版』の装丁もデザインして下さったこよみ屋のKOZOさんの銀河の署名も「白い共振の世界の橋渡し」で、佐々木監督と同じだということだ。新しい年の暦が世に出回るタイミングと、なでしこジャパンが活躍したタイミングとが重なっていたのも、偶然ではないのかもしれない。

しかも、決勝前日、私は青木先生の武道歴60周年記念チャリティ演武会の会場で、久しぶりにKOZOさんに直接会ってもいた。考えてみれば、KOZOさんは今「12・世界の橋渡し」の道筋を、私は「9・世界の橋渡し」の道筋を歩んでいて、ここでも橋渡しの共鳴が起きている。

という訳で、簡単にメモを残すつもりがまた長くなってしまった。「運命の道筋」や260日ごとの周期については、『マヤのリズム』に絡む年末年始の講座の中では必ず触れるので、この文章を???な気持ちで読んでいる方も、興味があれば、是非参加してみて頂きたいと思う。文章では分かり難いことも、図を見ながら話を聞けば、パッと分かってしまったりするものだ。

尚、上記は「13の月の暦」として提示されている情報から、私なりの解釈を試みただけで、「そのように決まっている」という意味では無い。また、古代から伝わる「マヤ暦」では、上記のような監督と澤選手の繋がりは、おそらく分からないだろう。「13の月の暦」を「マヤ暦」と語り、もともとありもしない情報(裏キンだの何だの)を巧みに差し込んで解釈したり、運命論的に語ったりする人が増えて来ているので、あえて書き添えておく。

最近の記事