FC2ブログ

カラスになる

2010年06月03日 23:25

■水晶の月5日 (G6/3) KIN56 黄色い自己存在の戦士 (by D)

一昨日の深夜、眠る前にネットニュースで、舞踏家の大野一雄先生が逝去されたことを知った。新体道の記念パーティの席で、実際に踊る姿を拝見したのは、15年くらい前だっただろうか。たった一度、それもわずかな時間舞われたのを目にしただけだが、今でもその時の様子を思い出せるくらいに、印象深いものがあった。当時、既にかなりのご高齢だったはず・・・と思ったら、やはり103歳。1世紀を超えて生きるだけでも大変なことなのに、その後も舞台に立ち続けていらしたというのだから、頭が上がらない。さすがに、私達の師、青木先生にも多大な影響を与えた方である。

新体道―智慧をひらく身体技法』に大野先生の事が書かれているので、追悼の意味を込めてP41から一部抜粋してみたい。【・・・その先生は、たとえば「カラスになりなさい」という。そして「いま、あなたはカラスになろうとした。カラスはカラスになろうなんて思っていない」と。あるいは、手にした哲学書の一節を朗読して、「はい、これを表現して」―。私にはそれがとても新鮮でした。さっそく自分の稽古の参考にさせていただいた。そこで私は「突きは突きそのものである」という真空突きの極意に行き当たったのです。十年ほどたってから、久しぶりにお会いしたとき、「青木さん、あなたよくやったね」と抱きしめてくださった。それが舞踏家の大野一雄先生でした。私が最も尊敬している人の一人です。】

ここに登場するような稽古法は、形を変えつつ、今も新体道や剣、書の稽古の中で実際に行われている。従って、大野先生は、私達にとっても大いにゆかりのある方なのである。ところで、その縁を作って下さった青木先生は、現在、シルクロードの要所として栄えたトルファンの辺りに行かれていて(そこからさらに西方、タクラマカン砂漠と天山山脈の間にあるのがクチャだが、後で確認したらここには行かれていなかった模様)、おそらく今時分か少し前くらいに、大勢の人々の前で、剣の演武をされていたはずである。

4年前、西安郊外にあるクマーラジーヴァ(鳩摩羅什)ゆかりの草堂寺(それも鳩摩羅什の墓とされる玉で出来た塔を守るお堂)に、先生が揮毫された「煩悩即菩提」という文字が掲額されたことは、『シンクロニック・ジャーニー』にも記したが、実はクチャは、その鳩摩羅什が生まれた、かつての亀茲国に当たる場所なのだ。日本への仏教伝来の歴史を考えると、この流れは、非常に特別なもののように思える。また、より俯瞰して見ると、カイラスの北方、アルタイの南方に当たるその場所は、伝説的に語られるシャンバラの位置(あくまで3次元的に大雑把に捉えた場合だが)とも符合する点が興味深い。

原爆から91(13×7)スピンというタイミング、政局の変化、そして宮崎駿監督と同じKIN202(7・風)の署名を持つ大野一雄先生の逝去と、青木先生のシルクロードでの演武。「7・風」のキーワードが「調律・通す・呼び起こす」、「スピリット・伝える・呼吸」であることや、今週の卦が「発動」だという事もふまえると、見えている次元だけでなく、見えない次元でも、様々なことが激しく動いているような気がしてならない。と同時に鳩摩羅什が「色即是空」と漢訳したように「全ては空である」というような気もする。それを繋ぐのが、大野先生の「空は空になろうなんて思わない」という心だろうか。

そんなこんなで、新体道の本をめくっていたせいだろうか、夕方、「○○新」という名の中学時代の友人(バリ島在住)から結婚の報告が、そして、その直後、今度は「新○○さん」という、以前、二子玉川の新体道クラスにも来て下さった方から、大阪のスペシャルクラスへの申込みメールがあった。姓でも名でも、「新」一文字というのは結構珍しいと思うのだが、その珍しい姓名が続けて届いたことに私は強いインスピレーションを感じている。きっと何か「新しい」動きがあるのだろう。それを楽しみに、週末大阪に向かいたいと思う。

惑星の月11日 KIN 211青い電気の猿

2007年04月14日 22:29

「さくら」(by L)

桜の時期、Dが日記を書きまくってくれている間、私は書の修了制作、王羲之の楷書「楽毅論」の仕上に没頭していた。現時点ではこれ以上書けない!というところまで書き切れたので、思い残す事は何も無い。もちろん今後の課題は数々あるが、私にとっては作品の出来より何より、内側にわき起こってくるこの感覚を得られるかどうかの方が絶対に大事。有難い事に(というより予想外にも)、「楽毅論」の提出をもって天真書法塾・青木塾長より段位を授けて頂いた。通過点とはいえ、段位授与は大きな励みだしやはり嬉しい。これからしばらくの間は、ひたすら米フツを専攻する。(随分畏れ多い。が、誰を専攻しても畏れ多いのは同じだと開き直る事にした。)

ところで「楽毅」は歴史上実在の人物であった。実在したどころか諸葛孔明のあこがれの人物でもあったという。メルマガにも書いたが、楽毅とは一体どんな人であったのか少しでも迫りたい一心で小説を探し当てて読んでみたらこれが大ヒット。「こんなに漢字だらけの本、4巻までなんてとても読めないわ」という感じの中国戦国時代の歴史小説なんだけど、面白くて面白くて(途中ストーリーの中だるみはあるにせよ)殆ど一気に読んでしまった。(稽古仲間の純子さんに紹介したら「面白過ぎて身体に悪い!」とコメントされた。)「人が見事に生きるとは、どういうことか?」を問い続ける彼の存在に完璧心を奪われ、書の制作期間は楽毅LOVEの日々でもあった。私にはこの小説を読んだという事だけでも充分修了制作の思い出になっているほど。

ご興味のある方はこちら↓
『楽毅』〈1巻〉『楽毅』〈2巻〉『楽毅』〈3巻〉『楽毅』〈4巻〉

「桜の時期は修了制作に没頭していた」と言いながら、友人たちとお花見もできたし、実は次の旅の準備も着々と進めていていた私であった。次はブータンネパール。調べた所、ブータンに入国するには、座席数僅少のドゥルック・エアーに乗るしか無く、しかも予定の時期がハイ・シーズンなので、(かなり先ではあるが)今のタイミングで席を押さえておくことにした。私たちのブータンでのお目当ては、ただ一つ。グル・リンポチェが虎に乗って飛来したとの伝説のある、垂直に切り立った岩壁に鎮座するタクツァン僧院(タイガーズ・ネスト)だ。こんなところに僧院を建てるなんてまるでファンタジー。しかし、ケンツェ・リンポチェの写真集で想像絶する佇まいを見てしまった時から脳裏に焼き付いついているので行くしかない。かくして、ピンポイントでタクツァン巡礼をすることに。またもや空気の薄い所でプチ登山である。鍛えておかないと。

ブータン訪問の後は、ドゥルック・エアーでカトマンドゥに入りネパールに少し長目に滞在する。ここではチベットサポート関連や友人のプロジェクト関連など、大切な仕事をたくさんする予定で、とても全容は書ききれない。でも、カトマンドゥには私のラッキー・ラインがバシバシ入りまくっているので、素晴らしい展開になるのは間違いない。とても楽しみだ。

ところで最近、渋谷さくらやに行く時に限って面白い遭遇がある。先日も、カフェ・デンマルクの前から地下鉄を出、さくらやまでの数メートルの歩道で、面白いエネルギーの女の子とすれ違った。一見普通の若者で全然変わった所は無いが、周囲のエネルギーをありとあらゆる方向から一身に「吸収して」歩いてくる。まるで無垢なブラックホールみたいで、私も吸い込まれてしまいそう。ただならぬものを感じ、この人誰なんだろう?と深く被るキャップの奥の目をのぞくと、それは宇多田ヒカルちゃんだった。(この日家を出る直前に読んでいたのが、彼女の出ているブルータスだった。あの目に間違いない。)それにしても、完璧吸収型のエネルギーの人ってものすごく珍しい。特に芸能人には。

そして今日も私たちはさくらやへ行った。買物を済ませて階段を降りる途中、ふと通路のTVに目をやると、かつての同級生が大映しになっていた。手にしている楽器を見てすぐにT君だとわかった。彼は学生時代から既にギターの名手として有名だったが、今や日本を代表するウード奏者として活躍中。明日からNHKで放映される「新シルクロード」の番組音楽を担当しているのを知った。始まったばかりのライブ演奏を聴いてからさくらやを後に。目にする機会のあるたびアーティスト度が高まって行く同級生の姿を見るのはとても嬉しい。(特に、後戻りできないほどオヤジ路線炸裂の我々の年代において、これはすごい事だと思う!)さて、ウサさんと悟郎さんは、いよいよカトマンドゥへ出発。来年の桜のシーズンにはどんなことが待っているのか、今からとても楽しみである。

★ニュース「チベット・スピリチュアル・フェスティバル」GWはヒマラヤの風の吹く護国寺へGO!
★ニュース「ダライ・ラマ法王Teaching in 広島2006公式フォトブック+DVD」<初回限定版>申込受付中!(超お薦め。予告編だけでも見る価値有り!)

最近の記事