トルン市東洋美術館収蔵作品「葦」

2017年07月11日 00:22

宇宙の月14日(G7/10)KIN48 黄色い太陽の星(by D)

G7/6に、天真書法塾の師範科クラスがあった。月1回、青木天外塾長が直接ご指導下さるクラスなのだが、その日は冒頭に「ポーランド・トルン市東洋美術館発行の作品収蔵証明書」が塾長より授与された。実は、この書類が届くのを、私は心待ちにしていた。その理由と経緯を、以下にまとめてみたいと思う。

IMG_0437.jpg IMG_0438.jpg 

ポーランド・トルン地域中世都市博物館(世界遺産)で「トルン東洋美術館展」が行われたのは昨年の10月、そのための作品を提出したのは8月上旬だった。7月に出雲大社で剣武天真流の奉納演武があり、その前後に遺跡や博物館、神社等を巡った事と、限られた時間の中で作品を仕上げる必要性に迫られて、私にはあるアイディアが浮かんでいた。

それは、幾つかある出品ジャンルの中の「前衛書」を選択し、「日本刀」のような一本の線を引いて「葦原中国」というタイトルで出品しようという目論みだった。実際、日本列島は刀のような反りのある姿をしているし、天真書法塾では「生命の実線」と言って、ひたすら線を引き続ける稽古も行うので、一本の線にも表現の可能性が無限にあるのを知っていたからだ。

できれば土地や人との縁も活かしたいと考えていた私は、出雲大社での奉納演武の後に立ち寄った石州和紙会館で、手漉き和紙を手に入れた。その辺りの経緯は、ちょうど一年前の今頃書いた「石州和紙を通じて剣武創始の時空に出会う」という記事にまとめてあるので、是非、ご覧いただければと思う。

ただ、普段作品制作に使用する紙と単純比較をすると、何十倍もする手漉きの和紙は、私にとって気軽に購入出来るものではなかったので、現地でお世話になった石州和紙伝統工芸士の久保田彰さんが漉かれた美しい和紙の中から、自分のイメージに合うもの数点だけを選んで入手したのである。まさに「神頼み」ならぬ「紙頼み」の心境であった。

しかし、どんなに紙が素晴らしくても、作品としてマズければ、やはり出品する事はできない。結局、「神頼み」もして(笑)何とか仕上げた1枚をポーランドに送る事になった。その際、タイトルは英語でという事だったので「From words of the ancient Japanese name and Pascal」とした。パスカルを入れたのは、「人間は考える葦である」も想起してもらえたら面白い、という閃きによる。

トルンでの展示が終了した11月中旬、吉報が入った。博物館(美術館)にコレクションとして収蔵される作品10点が報告され、その内の5点が何と天真書法塾会員による作品だったというのだ!しかも、驚いたことに、その中には私の作品も含まれていた。複数の書道団体が出品していた中、収蔵作品の半分を天真書法塾が占めたというのは、やはり快挙である。これも青木塾長と吉田副塾長のご指導の賜物。ただただ感謝するのみである。以下にその5点の作者、タイトル、出品ジャンルを明記しておこう。

・小西稜雲「It is snowy to live Yaku cedar for 3,000 years」近代詩文書
・前原白水「Ryokan, waka」近代詩文書
・本田虹風「One sky is a thing of all」墨象
・松尾翔月「Own work, haiku」近代詩文書
・小原天迅「From words of the ancient Japanese name and Pascal」前衛書

同じ頃、現地での展示の様子を撮影した写真も送られてきて、私は初めて軸装された自分の作品を目にした。それが本文冒頭の写真である。今回は、軸装前の状態で出品というスタイルだったので、実は軸装作品を直接見ることはまだ一度もしていないのだ。そういう訳で、いずれトルンには行かなければと思っている。

さて、昨年11月には明らかになっていたこの事実を、何故、今になるまで書かないでいたのかというと、「収蔵証明書」が届くのを待っていたからなのである。いや、それ以前に、出品者全員に届くはずの「感謝状」もなかなか届かない状態が続き、タイミングを逸していたというのが正直なところだ。

実際、コーディネーターである国際書道文化発展協議会の岡田伸吉氏を通じて、作品(収蔵作品以外)と「出品感謝状」が届いたのは、年をまたいで今年の3月になってから。志賀海神社に奉納させて頂いた蘭禅の「君が代」も、実は、本当にギリギリのタイミングで日本に戻って来たのだった。

IMG_1863.jpg ★左が3月に届いた「出品感謝状」、右が7月に届いた「収蔵証明書」

そして、そこから4ヶ月を経て、ようやく「作品収蔵証明書」が届いたという訳である。現地の様子や、作品返送の流れなど、今ひとつクリアでは無い感じのやりとりが(コーディネーターとの間で)続いていたので、「証明書」が届くまでは、ブログに書くことも久保田さんに報告することも、念のため控えておいたのである。

IMG_5165.jpg ★7/6(KIN44)青木天外塾長と

しかし、おかげで、個人的には特別な記念日だと思える日に、青木塾長から「収蔵証明書」を手渡して頂けた。何しろ、7/6はダライ・ラマ法王の82回目の誕生日であり、『13の月の暦』のツォルキンではKIN44、私が日本語版の制作世話人を引き受けた『時間の法則の20の銘板』が始まった1997.7.26(KIN44)からツォルキンがぴったり28回巡ったタイミングだったからだ。

そして、面白い繋がりがあるので、書き添えておくと、翌々日の7/8(7・橋渡し)に、聖心女子大学グローバルプラザで行われた「難民と教育:チベットの民の知恵と経験」で講演をされたジェツン・ペマさん(ダライ・ラマ法王の実妹で元チベット子供村校長)は、7/7に77才の誕生日を迎えられた事を知った。誕生キンのKIN20(7・太陽)は、私(7・竜)の「神秘のパートナー」。

先にリンクを紹介した「石州和紙を通じて剣武創始の時空に出会う」には、安倍昭恵さんとブータン国王夫妻の来日、そして久保田さんとのびっくりシンクロについても書かれているのだが(久保田さんはブータンに何度も和紙の技術指導で訪れられている)、現ブータン国王妃も同じジェツン・ペマさんというお名前なのである。

昨年、上野の森美術館で行われていた「ブータン展」には久保田さんの石州和紙のコーナーもあった事が、その記事には書かれているが、実は、今日、1年ぶりにその「上野の森美術館」を訪れて「石川九楊展」を見てきたばかり。この繋がりは、ここまで書いて初めて気づいたことで、我ながらビックリしている。しかし、これこそが自然時間の共時性秩序なのである。

ほら貝の響き

2009年07月09日 02:17

■宇宙の月12日 (G7/8) KIN246 白い水晶の世界の橋渡し (by D)

KIN242(G7/4)、ホテルオークラで行なわれた、恒例の「ダライ・ラマ法王誕生記念パーティ」に出席した(正確には7/6で74歳になられた)。当初は、「銀河の母ロイディーンの講演会に参加する予定だったのだが(友人達も総出演するし、会場の国分寺は私が学生時代に4年間通った場所で、Lの生まれ育った街でもある)、チベット難民の子供達の支援をしている手前、年に一度のパーティに、チベットハウスからご招待頂いたら、顔を出さない訳にも行かない。しかも、今年は「チベットの母」、ジェツン・ペマさん(法王の実妹)も5年ぶりに来日されている。そんな訳で、ロイディーン講演会の方は、4次元参加とさせて頂いた。
 
しかし、離れていてもちゃんとテレパシー的には繋がっていたようで、今年のパーティの司会者は、何とマヤマックスさん(笑)。ロイディーンが「銀河のマヤ」について語っている頃、法王の誕生パーティは、「マヤ最高!」という方の司会によって進行していたのだった。TCV(チベット子供村)元校長として、亡命政府の教育の現場を仕切ってきたジェツン・ペマさんは、挨拶の中で、北京五輪以降、中国国内・国境での厳しい監視体制が益々強化されて、チベット人の自由が殆ど無くなっている現状を伝えておられた。それは、今年に入って、ヒマラヤを越えてくる子供達が激減しているという現実にも反映されている。
 
私達が、まずすべきことは、こうした事実(マスコミが伝えるコントロールされた情報ではなく、直にその出来事に直面している人々による情報)に目を向け、伝え続けて行く事だろう。KIKUの久保さんや龍村監督ご夫妻(翌日ガイア7番のニューズレターが届いた)など、顔見知りの方も沢山見かけたが、特に面白かったシンクロについて少しメモしておきたい。ひとつは、『シンクロニック・ジャーニー』に聖地の一つとして取り上げたツォペマ繋がりの話。
 
最近、そこに行かれた方が、ツォペマにある保育園の支援を始められたことをN姫から聞いていたのだが、今回、直接お目にかかってご挨拶する事ができた。そもそも、私達がツォペマに行く事になったのは、前チベットハウス代表のチョペさんのご縁(ほんのひと言)だった。そのチョペさんが、日本での任期を終えられて、オーストラリアに発たれる直前に出されたご著書『万物の本質』は、オープンセンスという出版社から発行されているのだが、帰り際、久しぶりに会ったTさんは、何といつの間にかそこのスタッフになっていた。人との出会いは、同時に別次元での繋がりを示しているのかもしれない。
 
しかし、もっと面白いのは、ロイディーンの講演会とも繋がる、近藤等則さんとの出会いだった。近藤さんは、過去何度か書かせて頂いている通り、新体道の大先輩で(そういえば先のTさんも新体道が最初のご縁だった)、誕生KINは私と同じKIN241。普段は海外におられる事が多いようだが、偶々帰国されていてタイミングが合ったらしい。気軽に記念撮影にも応じて下さった。ちなみに、現チベットハウス代表のラクパさんは、Lと同じKIN231。同じKINの人に、メデタイ席でお会い出来るのは嬉しい。
 
その頃、国分寺のスローカフェでは、芳美さんが香でオープニングセレモニーをし、ロイディーンの銀河の7方向の祈りの直前に、あまねさんがほら貝を吹いていたらしい。前日のロイディーン歓迎会の時に、あまねさんが「最近ほら貝を習っている」という話をしてくれたので、すかさず、「明日ロイディーンのお祈りの時に吹いたら?」と口にし、当日の朝にもLがダメ押しのメールを入れていたので、それが実現したことを、私達もわが事のように喜んだ。その後、タツさん&あまねさんに法王パーティの様子を伝えたら、あまねさんからこんな内容のメールが届いたのだった。一部をそのまま掲載させて頂こう(お断り済)。
 
”昨年秋に、家系図の調査をした時に自分のルーツが愛媛の今治にあることを知り、実際今治を訪問した際その感覚を身にしみて感じたんです。時を同じくして、ほら貝にフラを通じて出会い、何故か「これだ」と思って注文!そして小原さんお二人とたかちゃんの書を見に行ったときに、会場のビデオで青木先生が近藤さんのトランペットとほら貝と一緒に、雪山で書を描く姿を拝見!その時、お二人に近藤等則さんの本をいただいて、最後の方に、近藤さんの故郷が同じ瀬戸内にあることを知り、「瀬戸内の海賊のほら貝吹きが、今のトランペットにつながる・・」というような内容を読んだときにビビーーーッと繋がりを感じました。その時はまだ、手にしていなかったけれど、当然の流れであったと確認できたのがとても嬉しかった。”
 
こんな背景があったとは知らなかったが、知ってから振り返ると本当に「全ては繋がっている」という事を実感せずにはいられない。法王のパーティ会場に行くまでは近藤さんに会えるとは思っていなかったし、前日までは、あまねさんもほら貝を皆の前で吹くことになるとは思っていなかっただろう(多分)。そもそも近藤さんの本をプレゼントさせて頂いたのは、その前年の書の発表会の時に、自分達の方からお二人をお誘いしておきながら、当日、約束をすっぽかしてしまったお詫びの意味もあったし、ちょうどそのタイミングで近藤さんの新刊も出たところだったという流れもあってのこと。すっぽかしを正当化するつもりは無いが、全てが物語の布石のように思えて来るのが面白い。
 
銀河の風の日に、日本で調和の精神を伝えたのが、「銀河の母」と「チベットの母」という二人の女性だったこと、その2人の間を繋いだのが、まさに「呼吸」そのものを響かせるほら貝であったことは、(全て女性がリードした事も含め)極めて象徴的だ。そういえば、誕生パーティで会ったSさんは、先のTさんらと共に、四国88ヵ所巡りから、前日戻ったばかりと言っていた。近藤さんの本には度々空海が登場するし、上記の通り、近藤さんもあまねさんも四国の出身だ。さらに、「北斗の拳」の記事で触れたように、少し前には西安と空海の繋がりもあった。今、日本で何か素晴しい事が起こりつつあるのを、私は感じている。「4・種の年」は、何か素敵なものが開花するのではないだろうか。

チベットの母

2009年06月11日 07:46

水晶の月12日 (G6/10) KIN218 白い惑星の鏡 (by L)

7月5日(日)、チベットの母と慕われるジェツン・ペマさんの来日講演会があります。

ジェツン・ペマさんは、ダラムサラのチベット子供村(TCV)の校長先生を務められた方。このペマさんの元から、親と離れた亡命の子供達が、育って行ったのです。講演会はまだ若干お席が残っているそうですよ。ご都合のつく方はぜひ!(「シンクロニック・ジャーニー」にもご登場頂いていますが、私たちもペマさん大好きです。)

pema

↑ 詳細はこちらクリック。

最近の記事