FC2ブログ

バリさまさま・13(再会)

2010年11月06日 00:45

自己存在の月19日 (G11/5) KIN211 青い電気の猿 (by D)

バリアンの達人マッサージに満足しつつ荷造りを済ませると、ちょうど良い感じでバリチリのアルナワさんと約束していた時間になった。フライトは深夜なのだが、今回の旅のきっかけとなった中学時代の友人達と「空港の近くで晩御飯でも」という話になっていたので、少し早目に出ることにしたのだ。永田君(以降N)に連絡して、どこに行けばいいか訪ねると「ジャラン・ラヤ・クタの老大にしよう」というので、アルナワさんに伝えてそこまで送ってもらうことにした。
 
夕暮れ時で多少渋滞したところもあったが、マンギスからクタ方面に向かう道は殆ど綺麗に整備されていて、大体思っていた通りの時間で目的地に到着した。車中、アルナワさんにもバリアンの事を色々聞いてみたが、やはり掛かり付けの(何か問題があると相談する)バリアンがいるらしい。評判などを元に訪ね歩き、今の人に落ち着いたとのことで、相性などもあるようだ。
 
店に着いて荷物も全て降ろしてもらった時点で、Nがまだ到着していないことや予約が入っていないことを知ると、アルナワさんがひどく心配してくれたが、携帯で連絡を取って確認が取れたので、感謝しつつそこでお別れした。程なくしてNが到着。残念ながら新婚のお嫁さんは、ラマダン終了のタイミングに合わせてご実家のあるジャワ島に帰省したとのこと。もう一人の友人、清水君(以降S)はまだ仕事中とのことで、後から合流することになった。
 
老大は24時間営業の便利な中華料理店で、お粥や海産物が美味しい店として、地元の人たちにも愛されているらしい。久しぶりの再会と結婚を祝いつつ、イスラムに改宗した時に割礼したという話や、その後もそこそこ真面目にイスラム教徒として生活していることなどを、興味深く聞かせてもらった。暫くしてSも到着。確かこのメンバーで顔を合わせたのは、5年くらい前に葉山で行われたSの結婚式での事ではなかったかと思う。
 
彼らとの出会いは、横浜国大附属鎌倉中学。Nとは1年次に同級生で部活も一緒だったが、Sとはクラスが同じになった事も無く(とは言え4クラスしかなかったので面識はあった)、むしろ社会人になってからの方がよく話すようになった。私が大阪に住んでいたころ、Sもちょうどリッツ・カールトンでホテルマンをしていて、Nが仕事(遊び?)で大阪に来た時に、Sの家で枇杷葉温圧をしたりした事が懐かしく思い出される(煙の臭いが残って迷惑をかけたらしく未だに言われる)。
 
ちなみに、Nはその頃PR会社に勤めていて、コズミック・ダイアリーのイベントに関わったりもしていたのだから、縁とは面白いものである。そして、今はこうして二人ともインドネシアの女性と結婚して、バリ島に住んでいるのだから不思議なものだ。Nは、前にも書いた通りヴィラ・マネジメントの仕事をしていて、Sはスミニャックにあるディシニ・ラグジュアリー・スパ・ヴィラのマネージャーをしているとのこと。ガイドブックにも「日本人旅行者に人気が高い」などと書かれていて、結構有名なヴィラのようである。
 
年齢的には互いにすっかりオッサン世代だが、話していると中学時代に戻った気がしたりするから面白い。老大はお粥以外の料理も皆おいしく、話しに華を咲かせながら色々食べているうちに、すっかり満腹になってしまった。またバリに遊びに来いよという意味で彼らがご馳走してくれたので、素直に受けることにした。引き続きバリアンの研究もしたいし、52才からはサーフィンもする予定なので、バリに友人がいてくれるのはありがたい。帰りはNに空港まで車で送ってもらって、9月一杯で就航が終わるJALで帰国の途についた。
 
これでひとまず今自分のメモは終わりにするが、宿やお土産などに関するメモを後からLが追記してくれることになっている。ただし、いつになるか予定は未定である。(おわり)

追伸:後日談をひとつ。中学時代の友人にはJALのパイロットになった者もいて、Nらによれば、たまにバリにも飛んでいるとのことだったので、帰国後、クリカの活動に参加して下さっているJALのCA、Mさんにその話をしてみたら、「その方は存じ上げませんが、意識しておいてみますね」とおっしゃっていた。それからひと月位してMさんにお会いした時、「実はあれから2,3日後のフライトで、お友達の方と初めて同じフライトクルーになってご挨拶しました!ビックリです!」と興奮しながら伝えて下さった。シンクロはアンテナを立てておくとキャッチできるのである。

バリさまさま・4

2010年09月20日 01:58

月の月28日 (G9/19) KIN164 黄色い銀河の種 (by L)

今回のバリは、ウブド(山)に2泊、マンギス(海)に2泊。どちらもALILA(←サンスクリット語で、驚き!という意味なんですって。気に入った!)を選びました。

休暇でホテルを選ぶ時の基準は、こんな感じかな?
「清潔で、センスが良くて(というより好みと合ってて)、ロケーション等含めその旅の目的にかなう。更に客室規模は70室前後。」

清潔さを求めるのは当たり前だよね。説明はいらないと思います。

センスに関しては、これはもう好み。視界にストレスになるものが入らない、そういう気配りがされていることが私には大事。私ね、特に日本のホテルに泊まる時にまずやるのが、部屋の机の上に立てかけてある、各種パンフレットやお土産何ちゃらフライヤーやら、マッサージがどうたらとかその他諸々、目障りなものを、見えない所、クローゼットの中の棚上などにすべて移動すること。更に、自分が落ち着ける様、ササッと家具のレイアウトを変える時もある。(もちろんチェックアウトの時に元に戻します。)

その点、アリラは視覚のストレスになるものが一切無くて素晴しかった。どこを見回しても、建物や人工物の存在感がほとん無く、小さな備品の色彩・素材に至るまで、自然の中に溶け込み切っていて、設計者の豊かな愛情を感じたほど。

ただ、そんなこと言ったって実際に行ってみないとわからないよね。
多少はネットでリサーチもする(その副産物で、「食べて、祈って、恋をして」を知りました。)けれど、ホテルを選ぶ時は直感でいくしかない。で、いつもだいたい当たる。これは私の特技の一つかな。でもね、多分誰でも、ちょっとお部屋の写真でも見れば、背後にあるものはわかります。例えば、お薦め!と鳴り物入りで紹介されている施設でも、ベッドの真上にエアコンとか、へんてこな絵とかが設置されてたりして、どこかに違和感を感じたらアウト。残念だけれど、一事が万事そういう感じの気配りです。

客室規模70室前後が良いというのは、ものすごい独断ですが、例えば400室もある様な大型ホテルの場合は、小回りが利かない。スタッフの数も比例して増えるので、サービスの質にバラつき・当たり外れ・無駄が多い。団体が入っていて混雑が集中する時は、何かと待たされるケースもある。逆に、20室以下(高級ヴィラなどに多い)の場合は、至れり尽くせりに違いないけれど、逆にスタッフからいつも見張られているみたいで、小市民の私はちょっと落ち着かない(笑)

アリラウブドアリラマンギスともに、その辺りの加減が私にはちょうど良かった。
古いけれど、静かで良いホテルでした。

AU2
アリラウブドで、光りまみれ・緑まみれ(笑)。いつ~いつ~までも~瞑想できます!

am
アリラマンギスのアクティビティーの一つ、ホテルの敷地から、バリ風の小さな舟で、スノーケリングのポイントまでプチ航海。途中、入り江の向こうに聖なるアグン山も見える。これ、はまります。

ーホテルのお話は、もう一回続く。



最近の記事