トルン市東洋美術館収蔵作品「葦」

2017年07月11日 00:22

宇宙の月14日(G7/10)KIN48 黄色い太陽の星(by D)

G7/6に、天真書法塾の師範科クラスがあった。月1回、青木天外塾長が直接ご指導下さるクラスなのだが、その日は冒頭に「ポーランド・トルン市東洋美術館発行の作品収蔵証明書」が塾長より授与された。実は、この書類が届くのを、私は心待ちにしていた。その理由と経緯を、以下にまとめてみたいと思う。

IMG_0437.jpg IMG_0438.jpg 

ポーランド・トルン地域中世都市博物館(世界遺産)で「トルン東洋美術館展」が行われたのは昨年の10月、そのための作品を提出したのは8月上旬だった。7月に出雲大社で剣武天真流の奉納演武があり、その前後に遺跡や博物館、神社等を巡った事と、限られた時間の中で作品を仕上げる必要性に迫られて、私にはあるアイディアが浮かんでいた。

それは、幾つかある出品ジャンルの中の「前衛書」を選択し、「日本刀」のような一本の線を引いて「葦原中国」というタイトルで出品しようという目論みだった。実際、日本列島は刀のような反りのある姿をしているし、天真書法塾では「生命の実線」と言って、ひたすら線を引き続ける稽古も行うので、一本の線にも表現の可能性が無限にあるのを知っていたからだ。

できれば土地や人との縁も活かしたいと考えていた私は、出雲大社での奉納演武の後に立ち寄った石州和紙会館で、手漉き和紙を手に入れた。その辺りの経緯は、ちょうど一年前の今頃書いた「石州和紙を通じて剣武創始の時空に出会う」という記事にまとめてあるので、是非、ご覧いただければと思う。

ただ、普段作品制作に使用する紙と単純比較をすると、何十倍もする手漉きの和紙は、私にとって気軽に購入出来るものではなかったので、現地でお世話になった石州和紙伝統工芸士の久保田彰さんが漉かれた美しい和紙の中から、自分のイメージに合うもの数点だけを選んで入手したのである。まさに「神頼み」ならぬ「紙頼み」の心境であった。

しかし、どんなに紙が素晴らしくても、作品としてマズければ、やはり出品する事はできない。結局、「神頼み」もして(笑)何とか仕上げた1枚をポーランドに送る事になった。その際、タイトルは英語でという事だったので「From words of the ancient Japanese name and Pascal」とした。パスカルを入れたのは、「人間は考える葦である」も想起してもらえたら面白い、という閃きによる。

トルンでの展示が終了した11月中旬、吉報が入った。博物館(美術館)にコレクションとして収蔵される作品10点が報告され、その内の5点が何と天真書法塾会員による作品だったというのだ!しかも、驚いたことに、その中には私の作品も含まれていた。複数の書道団体が出品していた中、収蔵作品の半分を天真書法塾が占めたというのは、やはり快挙である。これも青木塾長と吉田副塾長のご指導の賜物。ただただ感謝するのみである。以下にその5点の作者、タイトル、出品ジャンルを明記しておこう。

・小西稜雲「It is snowy to live Yaku cedar for 3,000 years」近代詩文書
・前原白水「Ryokan, waka」近代詩文書
・本田虹風「One sky is a thing of all」墨象
・松尾翔月「Own work, haiku」近代詩文書
・小原天迅「From words of the ancient Japanese name and Pascal」前衛書

同じ頃、現地での展示の様子を撮影した写真も送られてきて、私は初めて軸装された自分の作品を目にした。それが本文冒頭の写真である。今回は、軸装前の状態で出品というスタイルだったので、実は軸装作品を直接見ることはまだ一度もしていないのだ。そういう訳で、いずれトルンには行かなければと思っている。

さて、昨年11月には明らかになっていたこの事実を、何故、今になるまで書かないでいたのかというと、「収蔵証明書」が届くのを待っていたからなのである。いや、それ以前に、出品者全員に届くはずの「感謝状」もなかなか届かない状態が続き、タイミングを逸していたというのが正直なところだ。

実際、コーディネーターである国際書道文化発展協議会の岡田伸吉氏を通じて、作品(収蔵作品以外)と「出品感謝状」が届いたのは、年をまたいで今年の3月になってから。志賀海神社に奉納させて頂いた蘭禅の「君が代」も、実は、本当にギリギリのタイミングで日本に戻って来たのだった。

IMG_1863.jpg ★左が3月に届いた「出品感謝状」、右が7月に届いた「収蔵証明書」

そして、そこから4ヶ月を経て、ようやく「作品収蔵証明書」が届いたという訳である。現地の様子や、作品返送の流れなど、今ひとつクリアでは無い感じのやりとりが(コーディネーターとの間で)続いていたので、「証明書」が届くまでは、ブログに書くことも久保田さんに報告することも、念のため控えておいたのである。

IMG_5165.jpg ★7/6(KIN44)青木天外塾長と

しかし、おかげで、個人的には特別な記念日だと思える日に、青木塾長から「収蔵証明書」を手渡して頂けた。何しろ、7/6はダライ・ラマ法王の82回目の誕生日であり、『13の月の暦』のツォルキンではKIN44、私が日本語版の制作世話人を引き受けた『時間の法則の20の銘板』が始まった1997.7.26(KIN44)からツォルキンがぴったり28回巡ったタイミングだったからだ。

そして、面白い繋がりがあるので、書き添えておくと、翌々日の7/8(7・橋渡し)に、聖心女子大学グローバルプラザで行われた「難民と教育:チベットの民の知恵と経験」で講演をされたジェツン・ペマさん(ダライ・ラマ法王の実妹で元チベット子供村校長)は、7/7に77才の誕生日を迎えられた事を知った。誕生キンのKIN20(7・太陽)は、私(7・竜)の「神秘のパートナー」。

先にリンクを紹介した「石州和紙を通じて剣武創始の時空に出会う」には、安倍昭恵さんとブータン国王夫妻の来日、そして久保田さんとのびっくりシンクロについても書かれているのだが(久保田さんはブータンに何度も和紙の技術指導で訪れられている)、現ブータン国王妃も同じジェツン・ペマさんというお名前なのである。

昨年、上野の森美術館で行われていた「ブータン展」には久保田さんの石州和紙のコーナーもあった事が、その記事には書かれているが、実は、今日、1年ぶりにその「上野の森美術館」を訪れて「石川九楊展」を見てきたばかり。この繋がりは、ここまで書いて初めて気づいたことで、我ながらビックリしている。しかし、これこそが自然時間の共時性秩序なのである。

時間芸術としての「マギの礼拝」

2017年06月23日 21:41

水晶の月25日(G6/23)KIN31 青い倍音の猿(by D)

5月の末にイタリアのトスカーナを再訪して来た。50年近い生涯の中で一度も訪れる機会の無かったトスカーナ(特にフィレンツェ)の地に、「青いスペクトルの嵐の年」(2016.7.26〜2017.7.25)の間に2度も足を運ぶ事になったのは、この1年がダ・ヴィンチの他界=肉体からの解放(G暦換算1519.5.12=KIN219=青いスペクトルの嵐)とシンクロしているからかもしれない。

今回の主目的は、ヴィコピザーノという場所で行われた剣武天真流イタリア合宿で、欧州各地から集合した60名余りのメンバーに対して青木宗家や本部正師範と共に指導に当たる事だったのだが、その機会を活かして、前回の訪問でやり残したミッションを遂行する、という意味も私達にはあった。

その経緯については、メルマガの連載で追々触れて行く予定だが、以下の2点だけは先に記しておきたい。一つは、イタリアの剣武道友で、昨年来日時に「Youは何しに日本へ?」に登場し、前回ピサ訪問時にもお世話になったジュリアーノ(KIN88)の存在。彼は古い教会などの修復を行う職人さんで、ピサでは現在、国が認めた唯一の修復士だと言う事。

もう一つは、以下のような(ドリームスペル・ツォルキン上の)時間の連続性について。1回目のフィレンツェへの旅はKIN254〜KIN1(8/30~9/6)で(その時の流れはコチラ)、2回目の今回は、そのぴったり260日後のKIN2〜KIN9(5/25~6/1)だったのだ。

今回、出発日の朝に目にした車は「10-10」(前回は10で台風10号ともシンクロ)で、最終日に訪れたのはガリレオ博物館。そのガリレオがこの世を去ったのもKIN10と知ったのは、帰国してからだった。上記の通り、自分達の都合だけで日程が決まった訳ではないし、そもそも剣武合宿が無ければ、こんなに間を詰めてイタリアに行く事も無かっただろう。全ては「時間の法則」の働きなのだ。

また、フィレンツェからフィレンツェまでの260日の間には、フィレンツェを舞台にした映画『インフェルノ』が公開され、私達はKIN85(11/29)にその映画を観た。さらに、KIN227(4/20)には『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』というドキュメンタリーも観る事になった。

この映画で、改めてダ・ヴィンチの誕生日(ユリウス暦から変換してG暦4/24)を意識し直し、今年はそこにLの銀河の誕生日であるKIN231が同期する事が判明した。2度目の訪問の前に、ダ・ヴィンチの565回目の誕生日とLの79回目の誕生KINがシンクロするという特別なタイミングが巡って来たのである。

マギ 

さて、ここまでの記述は、実は今回メインで書いておきたい事の前置きである。私が、今、何より書いておきたいのは、ダ・ヴィンチの『マギ(東方三博士)の礼拝』についてなのだ。1度目の訪問時には観られなかったこの作品が、修復を終えて5年ぶりにウフィツィ美術館に戻って来ており、3/28(KIN204=9・種)〜9/24(KIN124=7・種)で限定公開されていると知ったら、やはり観ないではいられない。

合宿を無事終えた翌々日のKIN7(5/30)、朝一番でウフィツィ美術館に向かい、他の全ての絵をすっ飛ばしてダ・ヴィンチの特別展示が行われているNo79へと向かった。Lの79回目の誕生KINがダ・ヴィンチの誕生日と重なる生涯唯一のタイミングにNo79というのが何とも運命的であるが、お陰で、貸し切り状態でダ・ヴィンチと相見える事が出来た。

有名な「受胎告知」や師ヴェロッキオとの共作「キリストの洗礼」が展示されていたのは、確かにNo79の部屋だったが、目玉の「マギの礼拝」が展示されていたのは、何とNo85の部屋であった。KIN85が『インフェルノ』を観た日付で、79+85=164(黄色い銀河の種=銀河の同期)となるのも、「13の月の暦」に沿って生きている私達にとっては、必然性を感じさせるものがあった。

マギ左 

目的の「マギの礼拝」を様々な角度からじっくり鑑賞した上で、さらに正面に立って観入。剣武の合宿で感性が普段以上に高まっていたので、色々な事が感じられたが、それをひと言に要約すると「ダ・ヴィンチのマギの礼拝は、時間芸術である!」という事。

マギ右 

人間の時間感覚からは静止しているように見えるものでも、全てが刻々と変化し続けるこの相対世界において、あらゆる芸術は「時間芸術」に包含されるという立場を私は取るが、世間では、映画・音楽・小説など、時間経過を通じて味わうものを「時間芸術」と呼び、絵画・彫刻・建築など物質的材料で空間に構成されるものを「空間芸術」と呼ぶらしい。

つまり、一般的な定義では「マギの礼拝」も「空間芸術」に分類される訳だが、この絵をずっと眺めていると、全く異なる時空間が何重にも重なっているように見えて来て、ある種、映像を観ているような気分になって来るのである。そういう意味では漫画に近い気もするのだが、部分部分が異なる時間軸で動いていて、それらが物語として結びついているようにも見えないので(しかしながら絵としては統合されている)、まるで複数の投影機で異なる映像を重ねて映しているような感じがするのだ。

いや、印象としてはもっと多次元的で、夢見の状態に近い感じがあった。そして、未完成とされるこの絵は、実はある面では完成していて、ダ・ヴィンチがこの絵を通じて表現したかったのは、まさにそうした意識や動き、異なる時空への自由な飛翔だったのではないかと思ったのである。空間芸術の領域で、時間芸術以上に時間を表現した作品、それが「マギの礼拝」なのだ!と一人自得し(Lも賛同してくれたが)、私はその部屋を後にした。

拙著『霊性のアート』P187の球状精神宇宙モデルに則して言えば、水平時間だけでなく垂直時間までも表現している4次元的な絵であると、私は思う。帰国後、その『霊性のアート』にも登場してもらっているアーティストの佐藤君(水の結晶実験で最も貢献した人物の一人)が、お土産代わりに送った写真に対して、以下のような感想を送ってくれたのは、嬉しい驚きだった。

”「マギの礼拝」は、はじめてみたけど、なにがすごいって、描き途中なんだろうけど、完成しているのがすごいですね。”

見る目と高い感性を持つ人物が、ある面、同じような見方をしていた事が分かり、自分が受けた印象もそれほど見当違いではなかったようだ、と思えたからかもしれない。それから暫くして、天真書法塾師範科の授業があり、傅山の作品「霜紅龕集巻13」を楽しみながら臨書する、という課題があったので、早速「マギの礼拝」から受けたインスピレーションを応用してみた。というか、まんま書で真似してみた(笑)。

書 ★左が私、右が蘭禅の作品

出来栄えはさておき、感じ取ったものを何らかの形で表現してみる、というのは、シンクロに限らず道の極意の一つだと思う。名人の書、名人の絵画等の、見えるところ見えないところを味わい、真似し、表現する。この繰り返しは、どの分野にも通じる極めて基礎的で普遍的な学習方法ではないだろうか。

私が『13の月の暦ドリームスペル)』の名人だと言うつもりはないが、楽しみ方については名人級だと言っても嘘にはならないだろう。各地で予定している暦クラスでは、その極意とコツをたっぷりシェアするつもりである。新年を迎える前に、本格的な「時空のサーフィン」のやり方を学びたいと思っている初心者の方、いまいち使いきれている感の無い方は、この波に乗ってみることから始めてみると良いかもしれない。

尚、「マギの礼拝」がきっかけとなって、さらに予想外に展開したシンクロの旅については、「シンクロニック・ジャーニー報告会~フィレンツェ編」で、映像も交えつつ詳しくシェアする予定である。どうぞお楽しみに!

天真書法塾発表会ご来場有り難うございました!

2015年02月02日 17:56

共振の月24日(G2/3)KIN200 黄色い倍音の戦士(by DL)

一般財団法人天真会主催「第13回天真書法塾発表会」に、我がシャンバラ教室の生徒たちは支部教室生として臨書作品を、私たちは師範科生として自由作品を、それぞれ出品させて頂きました。

天真書法塾発表会リビーナ 
★facebookのアルバムにリンクします

ご来場頂いたみなさま方、関係者のみなさま方、心よりありがとうございました。これからもまた皆で書いてゆきますので、どうぞよろしくお願いします!(小原蘭禅&小原天迅)

★天真書法塾シャンバラ教室 一緒に稽古しましょう!シャンバラ教室は自分を自由にする書法教室です。ご入会者募集中!


青い鷲のシュタイナー

2015年01月29日 22:08

共振の月20日(G1/29)KIN196 黄色い磁気の戦士(by D)

先週末、表参道リビーナで開催された第13回天真書法塾発表会は無事終了。お忙しい中ご来場下さった皆様、ありがとうございました(シャンバラ教室生の作品を中心に整理したアルバムはこちら)。

さて、その1週間前に発表会場のすぐ傍で行われた講演との不思議なシンクロについては、「青山善光寺(表参道)の仏縁」と「明恵の夢見と華厳の教え」にまとめた通りだが、その後も思いがけない展開があって、今のうちに整理しておかないと、次の波がどんどんやってきて書き留める機会を失いそうなので、以下に手短にまとめておこうと思う。

発表会の初日に、ご自身も二子玉川「ラサ」でチベット仏画展を開催中の飯野博昭さんが来て下さって、少し話をした。絵の師匠がネパール在住のチベット人というのは耳にしていたが、詳しく聞いてみると、どうもNPOクリカで支援をしている子供達が通うマナサロワール・アカデミーのすぐ近く(徒歩圏)に住んでおられる様子。カトマンズ市内ならまだ分かるが、ボダナート地区というのはピンポイント過ぎだろう。

この時、コパン・ゴンバ方面という話を聞いたせいか、そこから5日後の昨日(KIN195=13・鷲)、家から「ラサ」に向かう途中のビルに「コパン音楽教室」という看板を見つけてしまった。後で調べてみたら、カトマンズのコパンともマヤ遺跡のコパンとも違うフランス語のスペルだったが、何故か「コパン」という言葉とは縁がある(大学の学食も、もしかしたらフランス語由来だったのかもしれない・・・)。

飯野さんの仏画は、虹の身体のブッダや、ダムニェン(チベットの楽器)を手にした弁財天など、これまで見たことの無いスタイルのものが含まれていて、美味しいお茶を味わいながら興味深く観させて頂いた。この時、ラサの石川さんが、唐突にシュタイナーの事を聞いてこられたので、知っている範囲で話をさせてもらったのだが、この偶然の問い掛けが、実はこの日の全てを繫ぐ鍵だったことに、帰り道の途中で気付いたのだった。

帰り際、今日が「石川さんにとって大切な方の命日」だったことを教えて下さった。20年前なら「青い鷲」になるが、ひょっとして…とiPhoneのドリームスペル計算アプリ「KIN3D」で確認すると、やはり直感通りKIN175(6・鷲)になった。KIN175は、シュタイナーの誕生KINであり、カトマンズにいる道友・木村悟郎さんの誕生KINでもある。

青い鷲の蒼天 ★ラサを訪れた日、青い夜のウェイブスペルの最終日「青い宇宙の鷲」の蒼天

実は、飯野さん、石川さんとの会話の中で、私達は悟郎さんの事も話題にしていた。何故なら、天真書法塾の塾長は新体道(天真体道)の創始者・青木先生であり、悟郎さんはマナサロワール・アカデミーで、その天真体道(新体道)を週一で教えくれてもいるからだ。さらに、ボダナートにあるマヤ・ベーカリー・レストランのオーナーの一人でもあるので、あの辺りの事となれば、必然的に話題に登る。

これだけでも既に十分な感じがするのだが、もっとスゴイのは、悟郎さんがかつて、立川にあるシュタイナー学校(東京賢治シュタイナー学校)で新体道を教えていた経験があるということだろう。現時点でも、日本には数えるほどしかシュタイナー学校は無い。カトマンズのボダナートにチベット仏画(タンカ)の師を持つ日本人だって、飯野さん以外にいるかどうか・・・。

そして、「ラサ」というお店の主にとって、大切な方の命日から20年というタイミングだとは知らずにそこを訪れた私達と、これまで何度もお会いしていながら今回初めてシュタイナーの話をして来た石川さん。まさに、私が書法塾発表会に出品した「因陀羅網」そのものだ。余談だが、次の太陽暦誕生日から、私はKIN131(=宮沢賢治)の道筋に入る。賢治が「インドラの網」という作品を残していたのを知ったのも最近のことだったが、東京賢治シュタイナー学校の「賢治」も、もちろん宮沢賢治由来だ。

ところで、一昨日、共振の月18日(KIN194)は、『13の月の暦』で私の毎月の誕生日だった。青山善光寺の講演以来、ゾンサル・ケンツェ・リンポチェの動画を見つけて来ては視聴していたLが、ちょっとした勘違いから別なスペシャル映像を見つけ出して来てくれたのが、ちょうどその日だった。何とその動画は、『シンクロニック・ジャーニー』にもご登場頂いているディルゴ・ケンツェ・リンポチェの生涯がまとめられたもので、まだ出来てから半年位の作品だった。

丁寧に作り込まれたその作品には、ダライ・ラマ法王、カルマパ16世、トゥルシック・リンポチェ、チョッギャム・トゥルンパ・リンポチェ、メレン・ティチェン・リンポチェ、シェチェン・ラブジャム・リンポチェ、ゾンサル・ケンツェ・リンポチェ、ジグメ・ワンチュク前ブータン国王、マチウ・リカールなどなど、キラ星のごとく霊性のマスター達が登場している。

『シンクロニック・ジャーニー』の中で、失礼にもクリ坊呼ばわりしていたシェチェン・リンポチェが、どんな法統の方なのかが分かって驚き、『13の月の暦』の誕生に多大な影響を与えたチョッギャム・トゥルンパ・リンポチェが登場してまた驚き、ナレーションがリチャード・ギアだと分かってまたまた驚き、という具合に、ひたすら驚きに満ちた映像なのだが、最も驚いたのは、何と言ってもディルゴ・ケンツェ・リンポチェの存在感そのものだった。

実は、20年前の出来事をきっかけにチベット仏教徒となった石川さんの師も、この映像の中に登場されている。だから、後から判明したこととは言え、20年前の昨日が「大切な方の命日」だった石川さんに、この映像のことを昨日お伝え出来たのは、とても嬉しいことだった。

シュタイナーの誕生キンであるKIN175については、他にも驚嘆すべきシンクロを次々に発見してしまったのだが(今まさに起きていることの中に)、もう収拾がつかなくなりそうなのと、カーラ・チャクラやハーモニック・コンバージェンスとも絡んで来るので、週末の【銀河のマヤの共振技術】(特に「シンクロ・ラボ」と「シンクロのマイスターへの道」)で整理しつつお伝えしたいと思っている。

天真書法塾発表会のお知らせ1/23〜1/25

2015年01月03日 21:41

律動の月22日 (G1/3) KIN170 白い磁気の犬(by L)

私たちの所属する「天真書法塾発表会」開催間近です!今年は第13回目。会場は表参道ケヤキ並木に面した「アートスペース・リビーナ」。アクセスバツグン「表参道駅・A3出口」前のビルの4階です。

私が師範を務めますシャンバラ教室生を含む、天真書法塾本部支部教室生の全作品が並びます。もちろん、青木天外塾長の作品も、私たちの作品も展示されます。天真書法を始めてみたい、触れてみたい、という方にも絶好のチャンスです。是非、会場で直接そのエネルギーを体験して頂ければと思います。
(会期中は毎日15時以降に在廊の予定ですが、席を外している場合もありますのでご了承ください。)

●第十三回天真書法塾発表会
1/23(金)~25(日)
第十三回天真書法塾発表会

★会場はこちらです。
アートスペース・リビーナ 4F 港区北青山3丁目5-25
銀座線,半蔵門線,千代田線 「表参道駅」A3出口すぐ前

リビーナ地図




「第十二回天真書法塾発表会」ご来場感謝!

2013年12月06日 23:46

■ 倍音の月22日(G12/6)KIN37 赤いスペクトルの地球(by L)

一般財団法人天真会主催「第十二回天真書法塾発表会」にご来場いただいたみなさま、お忙しい中本当にありがとうございました。我がシャンバラ教室の生徒たちがこの発表会に参加させて頂くようになって今年で4年目。みんなメキメキと力をつけてきました。これからもまた皆でがんばりますので、どうぞよろしくお願いします!(小原蘭禅&小原天迅)

尚、東京クラス、通信(スカイプ)クラスに加え、只今関西クラスも開講準備中!
関西での稽古に参加希望の方は、メール関西シャンバラ教室希望」とお知らせください。
天真書法塾シャンバラ教室  
写真をクリックしていただくとfbに飛びます。fbに登録していない方でも写真をご覧頂けます。

☆青木天外塾長による講評会の様子はこちらです!

『天真書法塾プロムナード・ギャラリー展』開催中!

2013年07月29日 15:38

磁気月4日(G7/29)KIN167 青いスペクトルの手(by L)

天真書法塾プロムナード・ギャラリー展」7/21より開催中です!
新宿プロムナードギャラリー   

何と今回の会場は屋外!ダイナミックに動いている街です、街!
沢山の方々が行き交う公道での展示は、美術館やギャラリーとは全く違うライブ感があります。
小原蘭禅(李紗)、小原天迅(大典)も、1点ずつ出品していますので、
新宿西口地下ロータリーへ、お足をお運び頂けましたら幸いです。

天真書法塾プロムナードギャラリー展
会期:2013年7月21日(日)~8月16日(金)
会場:新宿駅西口地下ロータリー前(明治安田生命ビル地下)
主催:一般財団法人天真会 天真書法塾

最近の記事