FC2ブログ

バリさまさま・5

2010年09月22日 02:22

■電気の月2日 (G9/21) KIN166 白い惑星の世界の橋渡し(by D)

時空の間隙を縫って、今日『食べて、祈って、恋をして』をパパッと観て来た。冒頭からクトゥ・リエさんのお家が出てきて、何だか懐かしい気持ちにさせられたが、手帳を見れば、まだほんの22日前(KIN144)の出来事。ご本人も奥様も役者さんが演じていたが、しゃべり方や間合いは(そして歯の無いところも)、まさにご本人そのもので、映画の本筋とは別なところでも、たっぷりと楽しませてもらった。
 
昨日Lが書いたように、この映画ついては(そしてその原作の小説についても)、バリに行くことを決めてから後付け的に知ったのだが、主演のジュリア・ロバーツが来日した直後、かつ映画の公開直前というタイミングにバリに行く事になったので、私達にとってこの映画は、今回の旅を味わい深いものにする、スパイス的な働きをしてくれた、とも言えるのである。実際、このタイミングでなかったら、旅も映画も、その楽しみは半減していたことだろう。早すぎても遅すぎてもダメなのがシンクロの醍醐味なのだ。
 
さて、私の担当部分を「バリさまさま・2」に続いて、少し書き進めるとしよう。クトゥさんが代々続くバリアン(治療師・祈祷師)の9代目である事は、今日観た映画の中でも触れられていたが、G7/5(KIN88=私の父のKIN)に、新婚9日目のN(改宗した関係でムハンマド・ヤシン・イブラヒムという名になったらしいが永田のNってことで今後もNとする)から、やたら力の入ったヴィラの推薦メールが届いた。
 
事情が分からずに読んだ時は訝しく思ったが、程なくして、それが彼の仕事なのだと判明した。数年前にバリで始めた新しい仕事というのは、どうやらヴィラ・マネジメント&ヴィラ予約会社の経営ということだったらしい。「せっかくだから頼んでみるか」なんて気持ちも無かった訳ではないのだが、今回の旅のスタイルにはマッチしない事が明らか過ぎたので、丁重に断って、結局、Lが見つけたホテル(バリさまさま・4参照)をはしごする形となった。
 
ただ、Nはこちらのリクエスト(例えば綺麗なところでシュノーケリングしたいとか)に対しても、なかなか的確なアドバイスをしてくれていたし、バリで少し贅沢にゆっくりした時間を過ごしたい人は、彼の会社でマネジメントしているヴィラを活用してみるのも、悪くないと思う。実際、最近発刊された旅行雑誌でも、注目のヴィラのひとつとして紹介されていたし、結構人気もあるようだ。
 
例のごとく、Lは電光石火の早業で、Nがメールをくれた7/5にはフライトチケットを、ダライ・ラマ法王75歳の誕生日でもあった7/6(KIN89)には、既にホテルの予約を済ませていた。ということは、ジュリアの映画について知ったのも、多分この頃のはずだ。7/10(KIN93=私の母のKIN)がNの誕生日だったと知ったのは、バリに行ってからの話だが、この日は、パタゴニア渋谷店に、ジェリー・ロペス(バリのサーフポイント開拓者)との記念ショットを受取りに行ったりもしていたのだから、面白い。
 
実際の旅の話は、まだ当分先になりそうだが、「シンクロの旅の秘密はその準備期間にこそある」という視点で、しばし楽しんで頂ければと思う。という訳で、今日はここまで(つづく)。

バリさまさま・4

2010年09月20日 01:58

月の月28日 (G9/19) KIN164 黄色い銀河の種 (by L)

今回のバリは、ウブド(山)に2泊、マンギス(海)に2泊。どちらもALILA(←サンスクリット語で、驚き!という意味なんですって。気に入った!)を選びました。

休暇でホテルを選ぶ時の基準は、こんな感じかな?
「清潔で、センスが良くて(というより好みと合ってて)、ロケーション等含めその旅の目的にかなう。更に客室規模は70室前後。」

清潔さを求めるのは当たり前だよね。説明はいらないと思います。

センスに関しては、これはもう好み。視界にストレスになるものが入らない、そういう気配りがされていることが私には大事。私ね、特に日本のホテルに泊まる時にまずやるのが、部屋の机の上に立てかけてある、各種パンフレットやお土産何ちゃらフライヤーやら、マッサージがどうたらとかその他諸々、目障りなものを、見えない所、クローゼットの中の棚上などにすべて移動すること。更に、自分が落ち着ける様、ササッと家具のレイアウトを変える時もある。(もちろんチェックアウトの時に元に戻します。)

その点、アリラは視覚のストレスになるものが一切無くて素晴しかった。どこを見回しても、建物や人工物の存在感がほとん無く、小さな備品の色彩・素材に至るまで、自然の中に溶け込み切っていて、設計者の豊かな愛情を感じたほど。

ただ、そんなこと言ったって実際に行ってみないとわからないよね。
多少はネットでリサーチもする(その副産物で、「食べて、祈って、恋をして」を知りました。)けれど、ホテルを選ぶ時は直感でいくしかない。で、いつもだいたい当たる。これは私の特技の一つかな。でもね、多分誰でも、ちょっとお部屋の写真でも見れば、背後にあるものはわかります。例えば、お薦め!と鳴り物入りで紹介されている施設でも、ベッドの真上にエアコンとか、へんてこな絵とかが設置されてたりして、どこかに違和感を感じたらアウト。残念だけれど、一事が万事そういう感じの気配りです。

客室規模70室前後が良いというのは、ものすごい独断ですが、例えば400室もある様な大型ホテルの場合は、小回りが利かない。スタッフの数も比例して増えるので、サービスの質にバラつき・当たり外れ・無駄が多い。団体が入っていて混雑が集中する時は、何かと待たされるケースもある。逆に、20室以下(高級ヴィラなどに多い)の場合は、至れり尽くせりに違いないけれど、逆にスタッフからいつも見張られているみたいで、小市民の私はちょっと落ち着かない(笑)

アリラウブドアリラマンギスともに、その辺りの加減が私にはちょうど良かった。
古いけれど、静かで良いホテルでした。

AU2
アリラウブドで、光りまみれ・緑まみれ(笑)。いつ~いつ~までも~瞑想できます!

am
アリラマンギスのアクティビティーの一つ、ホテルの敷地から、バリ風の小さな舟で、スノーケリングのポイントまでプチ航海。途中、入り江の向こうに聖なるアグン山も見える。これ、はまります。

ーホテルのお話は、もう一回続く。



明治神宮の13年

2010年07月27日 01:37

磁気の月1日 (G7/26) KIN109 赤い倍音の月(by D)

銀河新年、明けましておめでとうございます!いつもこのブログを読みに来て下さっている皆様、そして何かのご縁で今日偶々ここに来られた皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。輝きを授ける倍音の音を響かせ、普遍的な水で清める一年を、流れるように楽しみましょう!(by D&L)


昨日の「時間をはずした日」は、世界中の「13の月の暦」ユーザーがお祝いやらセレモニーやらをしていたと思うが、私達は、お友達の並木芳美さんが記念すべきカレンダー・ラウンドを迎えるという事もあって、朝から明治神宮の神楽殿へと向かった。芳美さんが主宰するマザーシップの名の下に縁ある人々が集い、「地球平和」を祈願。

思えば13年前、「時間の法則に関する世界会議」が東京で開催された後、『時間の法則の20の銘板』の第1の銘板開始(=黄色い倍音の種の年の始まり)と共に、アグエイアス夫妻や世界のPANのメンバーと一緒に参拝したのも、この明治神宮だった。つまり、その日から昨日の「地球平和」のご祈祷まで、時の輪(惑星奉仕のウェイブスペル)が綺麗に13回巡り、完了したという事になる。

お昼からは会場を表参道に面した景色の良いお店「スモーク」に移して、芳美さんのKIN108への回帰&時間をはずした日を皆で祝った。半年程前に同じくカレンダー・ラウンドを迎えたタツさん(KIN200)によるワカンタンカ(祈りの歌)、『時空のサーファー』復刊の際に動いて下さった佐々木さんらのウクレレ演奏、あまねさんたちのフラなどなど、楽しいプログラムに混じって、私もKIN108についてのお話を少しさせて頂いた。
 
10日ほど前に連絡を頂いた時は、ホゼさんの言うGM108Xだとかコールマンさんの本にある9×12の変化周期の話に、仏陀の誕生日(4/8=4・星)や煩悩の数などで味付けして何とかしよう・・・などと考えていたのだが、KIN108に何となく意識を合わせていると、ちゃんとそれにふさわしい出来事に出会ってしまうから面白い。「虹の鳳凰」という記事にも書いたように、私達はKIN101に美しい虹を見た。環水平アークと呼ばれるその現象について調べてみると、「天頂を中心とする円の太陽に近い側の方位角にしておよそ108°しか見えない」と書かれていたのだ。
 
単なる数字の一致ではあるが、その翌日の宇宙の月23日(KIN102)から当日までの7日間で、虹の7色を順に瞑想しようという「虹の瞑想 Last 7days」を、芳美さんが呼びかけていた事を思うと、やはりタイミング的に美しいことだと思う。そこに、さらに面白い情報が入る。KIN108から23日後(8/17=KIN131=コールマン博士の本の発刊KIN)、ハーモニック・コンバージェンス23周年のタイミングに、ジュリア・ロバーツが初来日するのを知ったのだ。
 
「23」で思い浮かぶのは、『時間の法則の20の銘板』にも登場するソーラーバイオテレパシーストランド(SBTS)の23日周期(→これは、黒点周期23年のフラクタルで、やはり数日前のKIN104に52才になられた高橋徹さんがアグエイアス夫妻に提案して採用されたと聞いた覚えがある)、そして、豊橋から四日市を経て、伊勢神宮内宮前へと至る、国道23号(私達は太陽の道と呼んでいる)である。
 
芳美さんとは2年前の時間をはずした日の前日(7/24)に、宇治山田駅前の割烹「大喜」の目の前で、バッタリ会ったこともある(当然約束無しで)位だから、ここで伊勢に関わる数字が出て来るのは自然と言えば自然なのだが、ジュリアとは一体どういう関係があるのだろうか。ジュリアの来日は、映画「食べて、祈って、恋をして」のプロモーションとのことだが、お話の舞台はイタリア→インド→バリと移るらしいから、半年位前にイタリアに行って来た芳美さんと、今、バリの風が来ている私達を繋ぐ何かがあるのかもしれない。

gm108xxx 
芳美ちゃんとD&L。3人の足のポーズが面白すぎるので載せる。もちろん打合せ無し。

ということを無意識に意識していたのか、KIN107(7/24)の夜、Lが「ジュリアの銀河の署名って何だろう?」というので調べてみると、何とKIN108!芳美さんと同じ!!今までも来日のチャンスがいくらでもあったのに、今回ようやく(1・猿=猿の創世記の初日に)初来日することになったのは、やはり芳美さんのKIN108回帰と無関係ではないだろう(少なくとも4次元的に)。ちなみに、「星」も「猿」も、共にテレクトノンでは金星軌道に対応する。

夜に新体道クラスで仕上げの瞑想をした後、帰宅してMSNネットニュースのページを開くと、何と、トップにジュリア・ロバーツ(KIN108)とリチャート・ギア(KIN240)の写真!もちろん、プリティ・ウーマンの映像だが、ジュリアだけでなく、ここで我らがギア(超強力チベット・サポーター)までお揃いで登場してくれたのが、何とも嬉しかった。この日は、最後に河原に出て、52週間のアルマナック、そしてドリームバンクに参加された皆さんの「4・種」の年の記録を、責任を持って燃やさせて頂いた。雲間からチラリとほぼ満月の月が姿を見せてくれた時、無事儀式が完了したと感じた。
 
話をパーティに戻して、あと一つだけメモしておきたいことがある。流石に参加者の殆どがカレンダー・ユーザーというだけあって、芳美さんの他にもこの日が誕生日だとか結婚記念日だという人たちも結構いて、とても濃いエネルギーが流れていたのだが、最後に芳美さんのリードで行われた「虹の奉納」というセレモニーゲームは、特に印象深いものだった。まず、皆で瞑想し、各々その瞬間に受け取ったメッセージをカードに書いて、それをシャッフルして再配分する。つまり、他の誰かを通じてキャッチされものが、互いにの手元に届けられるのだ。
 
説明が終わる前(つまり瞑想前)に、隣にいたLは「あ、もう来ちゃった」とか言いながらカードにペンで書き込んでいた。その後、中央に集められた全員のカードを、タツさんがKIN1から順に260まで読み上げて行き、自分のKINが巡って来たら、裏面になっているカードの山から、好きなものを引いて行った。参加者に「黄色い星」と「赤い地球」の人の比率がやたらに高かったのは、その日のKIN、そして翌日元旦のガイドKINのエネルギーが、強く働いていたためかもしれない。
 
私が書いたカードは、割と最後の方まで残っていて、沖縄から来られていたガリさんが手にしてくれたことが分かった。面白いことに、このゲームの前に、ガリさんはすぐ近くの席に座っていて、昨年沖縄にダライ・ラマ法王14世が訪れた時につくったという、フリーチベットの虹のバッジを私達にプレゼントして下さっていたのだ。私が受取ったメッセージの内容はさておき、何かエネルギーの循環がスムースに行ったような感じがして、嬉しかった。
 
最後にカードが1枚余ったので、タツさんが、「この場全体へのメッセージだね」と言いながら読み上げた。「あなたは悟りです」・・・おお~!というどよめきが起こったのは、KIN108、時間をはずした日というタイミングでの皆へのメッセージとして、的を得ていると感じた人が多かったからかもしれない。そして、これこそが、一歩先にLがキャッチしたメッセージだったのである。最高に素敵な「時間をはずした日」をクリエイトして下さった皆さん、そして見事に主演女優を演じて下さった芳美さんに心から感謝しつつ、また新しい一年を、思い切り楽しくサーフィンして行こうと決意した一日だった。

追伸:マヤに関する古典的名著『古代マヤ文明』のP159に、コパン王国第14代の王位継承者の名前が出て来るのだが、その名は「煙りサル」。明治神宮13年のサイクルが完了した後に、参加者の集合意識をキャッチしたLの紋章は「猿」、そして今日からの銘板は14枚目の銘板である。スモークというお店の名といい、よく出来た話だと思う。

最近の記事