【戦争後、もっとも大きな事件の映像】

2011年09月15日 01:02

月の月23日 (G9/14) KIN4 黄色い自己存在の種 (by L)

バルセロナ後、書きたい事は山ほどあるのですが、ちょっと待っててね。
もしも今私たちに会う事があったら、カタルーニャかぶれで大変よ(笑)。

それはともかく。今日は、武田邦彦先生のブログをこちらにそのままコピペします。

武田先生のブログで取り上げられている映像を見れば、原発の可否ついてのヘチマな議論は全く意味無し。こんなにも大きな事件だというのに、TV・新聞などのメディアはこれをわざと報道しない。事実を直視し、私たちが生き方を変えるチャンスにしなければ、あまりにも愚かであろう。・・・というわけで、このページにも3号機の爆発映像を掲載しておく。目に焼き付けるべし。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以下は、武田邦彦先生のブログからそのまま転載。

【戦争後、もっとも大きな事件の映像】

かつて、戦争で焼け野原になった東京の地に復員した兵士が、その光景に立ちすくんだという話をよく聞いたものです。日本人は戦争で本当にひどい目に遭ったのですが、その後、奇跡と言われるほどの気力で立ち上がりました。
 
戦後の日本は朝鮮動乱を経て回復し、思想的には左右の厳しい対立はあったものの、高度成長を遂げてJapan as No.1と言われるまでになったのです。
 
その間、地震で言えば東日本大震災、阪神淡路大震災があり、伊勢湾台風、諫早豪雨などの自然災害の他、下山事件、浅間山荘事件、日航機墜落事故、ロッキード事件、バブル崩壊などの政治・経済・社会の事故事件もありました。それでも、福島第一原発、その中でも3号機の爆発ほど後の社会に巨大な影響を及ぼすと思うものは無いでしょう。
 
整然と並んでいる原子力発電所。すでにその時には1号機が爆発、さらには2号機の内部も破壊していたのですが、それでもプルトニウムを含む燃料を使っていた3号機の爆発はすさまじいものがありました。一瞬、建物の右(南側)に閃光が走り、轟音とともに爆発、その噴煙は300メートルほどに達しました。

takedaphoto

2006年の新耐震指針の審議の時に、「予想外の時には原子力発電所が破壊し、大量の放射線が漏れ、付近住民が被曝するということを想定して置かなければならない」という審議の前提に驚き、原子力発電を続けることに批判することにした私は、この爆発をネットで見て呆然とし、日本の原子力開発に携わったことに強く反省をしたのです。
 
科学者・技術者は実験事実や観測事実に忠実でなければならず、この爆発を見て、それまで「原発は安全」と社会に言ってきたことに深い自責の念を持たないとしたら、それは科学者でも技術者でもないでしょう。その意味で、今でも「活動を続ける原子力の関係者」が存在すること自体、私には理解できないのです。
 
しかし、その原因の一つが「この映像がテレビでも新聞でも繰り返し放映されない」ということにあると思います。ここ10年、アメリカで起きたニューヨークの貿易センタービルの爆破事件(いわゆる9.11)の映像は繰り返し流すNHKや各テレビは、この日本の未曾有の災害の映像をほとんど流さないからです。
 
本来であれば、1号機の爆発と3号機の爆発の差、そこからの噴煙(放射線の灰)の移動などの事実関係や、さらに続いた「原子炉が休止していた4号機の爆発」についても微に入り細に入り報道するのが日本のテレビでした。なにか小さな芸能人のスキャンダルはもちろん、食品会社の不祥事でも1週間ぐらいは同じ映像を見せられてきたのです。
 
原発の爆発・・・ほとんどの人が「本当!?」とビックリする事態が起こっても、「3号機でモヤが見えますね」という誤報を出して、この事実は歴史の中に封じ込められようとしています。日本のエネルギーの主力として進めてきた原発、広島原爆で世界で唯一、大規模な被害と被曝を受けた日本人・・・それがこんな結果になったのです。
 
今からでも遅くはないので、私たちはアメリカの9.11よりも、この映像を繰り返し報道し、目に焼き付け、そして日本のエネルギー政策と「社会的ウソと錯覚の発生」について再出発を決意しなければならないでしょう。
 
★音声ダウンロード
http://takedanet.com/files/takeda_20110914no.133-(6:09).mp3

平成23年9月14日

(転載ここまで。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そしてもう一つ。
以下は犬のしっぽ(梶川泰司氏)ブログより転載。

【除染産業】

地下水脈に達するほど
メルトダウンした原子炉があれば
放射性を合法的により拡大する
除染産業はいまや
お金を生む永久機関に等しい。

官僚とそのしっぽの政治家に任せると
ほぼ永久に
被曝するばかりである。

この永久機関を維持するために
税金を支払ってはいけない。

(転載ここまで)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


タイムラグのあるニュース

2011年05月20日 01:22

■スペクトルの月18日(G5/19) KIN146 白い電気の世界の橋渡し (by D)

311以降、各種メディアの情報を見ていて気付いたことがある。記者クラブメディア(NHKとキー局、および大手新聞社)は、「重要で緊急を要する情報ほど隠蔽する(後だしする)」ということだ。政府や官僚、そしてメディアの強力なスポンサー(電力会社など)にとって、面倒や不利益を起こす情報については、極力タイムラグが生まれるよう意図的に情報がコントロールされていることが、改めて確認できた。

これは、もちろん今現在も進行中で、その構造的背景については、梶川氏が「犬のしっぽ」ブログで言及されている。簡単に言えば、経済(株主)最優先のしくみが、この「致命的なタイムラグ」を生んでいるということだ。実際、大勢の人々が、ニュース番組という「現場で起こっている重要なことは一切流さない」強力な風評増幅装置によって、大量の放射線を浴びせられることになった。

この「タイムラグ」というのがミソで、真実が全く伝えられないという訳ではないところが、北朝鮮や中国共産党のような一党独裁政権とは違って、分かりにくいところなのだ。事実、ニュースではウソ(本当の意味での風評)ばかり垂れ流しているNHKでも、2ヶ月が経過した時点では「ネットワークでつくる放射能汚染地図」という有意義な(まともな人によるまともな人のための)番組が放映された。東電でもNHKでも、全職員が腐っている訳ではない。

それより少し前には大手新聞で、もうちょっと前には大手新聞社系の雑誌で、さらにもっと早い時点では各種週刊誌が、より実情に近い情報を流していた。そして、実はインターネット上には、ほぼリアルタイムで有意な情報は流れていたのである(もちろん「識別力(見る目)」を持つ人々にとってという条件付きだが)。

つまり、現在の日本のメディアには、「NHKおよびキー局のニュース番組>大手新聞>大手新聞社系雑誌>その他の週刊誌・雑誌≒インターネット」という順番で、信頼度が高く、正確な情報が流れるという(時間をかけてつくり上げられた洗脳による)仮想の(そして実は全く偽りの)階層構造があり、同時に、この構造を使った「柔らかい隠蔽」が巧みに行なわれているのである。大して重要でないニュースはリアルタイムで流れるようになっているこのしくみによって、多くの人々は全てがリアルタイムで流れていると、錯覚させられてしまうのだ。

仮想のメディア信頼度に基づく「タイムラグ」は、様々な隠蔽工作を行うための時間的余裕をつくりだす目的で、意図的に生じさせられている。ただ、このしくみが安泰だったのは、インターネット革命が起こる数年前までの話で、中東情勢の激変を観るまでもなく、今やこの構造は完全に崩壊しつつある。現時点で、記者クラブメディアを信じているのは、未だに新聞テレビだけに頼っているか、ネットを使っていても自律的学習をしない洗脳され易い人々だけだろう。

【今の政府や官僚、東大、NHKは明確に「乞食の集まり」・・・自ら額に汗して生活をするのではなく、口先で他人の財布からお金を引き抜くことだけに長けた乞食集団・・・であることが、この福島のプリズムを通してみるとハッキリ見える】【全ての原因は「税金の取りすぎ」だ】と、武田先生は看破され、【法律は緊急事態を解決するテクノロジーではない】と梶川氏は指摘する。
 
緊急事態になると途端に法を守らなくなるような国(政府、官僚、御用学者)に、果たして税金など払う必要があるのだろうか?戦時中の大本営よろしく、横一線でウソ(風評)ばかり流す記者クラブメディア(新聞テレビ)に耳を傾ける必要などあるのだろうか?法を守らない存在(国や自治体、教師)に対して忠実である必要性を、教師や親は子供達にどう教えられるというのだろうか?偽りの権威が暴かれた後に残るのは何か。人として普通に考えれば、誰でも分かることばかりだ。

ただ、それであってもまだしばらくは、「大事な情報ほどニュースになるのに時間がかかる」という(全く新しくないのにニュースと呼ぶジョークのような)状況は続くだろう。しかし、見る目さえ養っておけば、ネット上に信頼のおける情報は沢山あるということもまたはっきりした。という訳で、その目を養うための、超フレッシュな(タイムラグマイナスの)ニュースを最後にひとつお知らせしたい(かなり強引な展開)。
 
新著『マヤのリズム 時は神なり』(中央アート出版)が間もなく(6月上旬)発売になります。詳細は追ってこのブログにも書きますが、出版記念の特別講座なども開催する予定(大阪で6月下旬、東京で7月中旬)です。お楽しみに!

青山繁晴氏、国会で語る

2011年05月14日 00:14

スペクトルの月12日(G5/13) KIN140 黄色い惑星の太陽 (by L)

青山繁晴氏が、「参議院予算委員会」に参考人として出席。
審議のテーマは「福島原子力災害」



惚れ直しました!!


孫氏の兵法

2011年04月21日 14:55

惑星の月18日 (G4/21) KIN118 白い磁気の鏡 (by L)

★孫 正義氏 「震災復興に向けて」(←42分までが最高!)
間違いなく、歴史に残る名講演です。



講演内容とは全然関係ないですが、我が家はソフトバンクユーザーになる事にしました。



自由報道協会による「原発事故」の取材報告

2011年04月07日 16:22

惑星の月4日 (G4/7) KIN104 黄色い宇宙の種 (By D&L)

これが日本の報道の真実。上杉さんに喝采。
ちょっと長いけれど、根気よく観るべし。

pt1 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=O0CRuajD6C8

pt2 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=0ur1dyhLtys

pt3 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=o91IDAxrNG8

pt4 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=eMZMfpiOD8Q

pt5 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=f_ELXK3oaNw

ラスト 上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
http://www.youtube.com/watch?v=ZhlwTXxyfm4

心配はせず、目は逸らさない

2011年04月07日 13:35

惑星の月4日 (G4/7) KIN104 黄色い宇宙の種 (D&L)

【東日本大震災に伴う原発事故についての参考情報】

~以下は【3/21発行のクリカのメルマガ】を元に加筆~
こちらにもUPしておきます。

未曾有のスケールの地震と津波、そして原発事故が発生してから、10日が経ちました。読者の皆様の中にも、ご自身やご家族、友人・知人が被災された方もいらっしゃることと思います。心からお見舞い申し上げます。

さて、今回は地震と津波の規模自体、とてつもないものでしたが、もうひとつ全く異なるタイプの重大な事故が、今も進行形で推移しています。福島第一原発の事故です。

政府や経産省原子力安全・保安院、東京電力の不十分な情報の出し方、曖昧な伝え方に加え、海外メディアと日本のメディアの温度差等が、必要以上の不安やストレスを、私達にもたらしているように感じます。表面的に安心させて重大な要素から目を逸らさせる情報も、やみくもに不安を煽る情報も役には立ちません。

また、被災地への支援をするにしても、今、現地では何が求められていて、今の状況で何が出来るのかを考えないと、気持ちだけで動いても、場合によっては迷惑になったり、本当に必要な支援の妨害になってしまうことすらあり得ます。そういう意味で、まず状況を正確に把握するというのが、今の私達にできることのひとつではないかと考えています。

奇しくも、現在私達は『時間の法則の20の銘板』における「識別力」の13週間にいます。こういう時こそ、『13の月の暦』の本来の使い方である「自ら検証し自分の判断で行動する」という姿勢を活かしたいものです。

とは言え、あまりにも情報が錯綜していて、どう検証して良いのか分からないという方も多いのではないかと思います。そこで、今回号外として、原発事故に関する参考情報をお伝えすることにいたしました。

私達なりの検証はしてはありますが、これらもあくまで”現時点での”参考情報であることに十分ご注意下さい。どんな情報も、そのまま鵜呑みにしてしまうのは、暦ユーザーとしても、仏教や科学を学ぶ者としても正しい姿勢とは言えません。この人達、どの程度調べているのだろう?というくらいの気持ちで、ご自分なりの比較検証を、是非行なってみて下さい。

原発事故に直接関係するもの

中部大学・武田邦彦教授
http://takedanet.com/
  
原子力資料情報室
http://www.cnic.jp/

日本より何故か詳しい汚染予報

ドイツ気象庁
the Deutscher Wetterdienst

イギリス気象予報
Weather Online

事故に限らず示唆に富むブログ

犬のしっぽのブログ
http://www.two-pictures.net/mtstatic/



必見!孫さん対談(4/3)

2011年04月07日 11:24

惑星の月4日 (G4/7) KIN104 黄色い宇宙の種 (D&L)

~東日本大震災について~4/3に行われた対談です。

USTREAM動画。2時間30分以降が特に必見!

ソフトバンク孫さん、元設計者の後藤さん、田中さんの存在に感謝。
こういう流れをより強いうねりにして行くのが、日本の未来を真剣に考えている人の役目だと思う。うんざりしている暇はない。

孫さんは、流石に新時代のメディアを牽引するだけあって、ことごとく要点を突いていた。一方、田原さんは、旧時代のメディア(大手新聞テレビ)を代表するかのように、無意味で混乱したコメントばかり。実に対照的だった。(ああ、そのために田原さんは呼ばれたのか・笑)。 

最近の記事