ラクシュミー

2007年11月22日 02:17

倍音の月7日(G11/21) KIN172 黄色い電気の人 (by D)

 日記をUPしていない日も、シンクロな日々は絶えず続いているのだが、何せナマケモノなもので、気を抜くとあっという間に1週間以上が経過していたりする・・・と言い訳しつつ、10日程前のちょっと面白い体験を書いてみよう。G11/9、カトマンズ在住の友人に向けて、誕生日のお祝いメールを送った。翌朝、届いた返信には、「今日ネパールは光のお祭り、ティハール祭のメインイベント、ラクシュミーの誕生祭です」と書いてあった。

その日の午前中、瞑想カレッジでは、ラストに「光の瞑想」が行われたのだが、ここまではそんなに珍しい話ではない(とは言っても、毎回色々なタイプの瞑想をするので、光がテーマになるのは珍しい)。ところが、カレッジのクラスメイトとランチをした後に、カフェでLとお茶をしていたら、何とネパール料理店「カンティプールカトマンズの古名)」のラクシュミーさんにバッタリ会ってしまったのだ。これには、さすがにビックリ!

ラクシュミーは、もともと美と幸運を司るヒンドゥ教ーの女神の名前(仏教では吉祥天になる)。カトマンズラクシュミーのお祭りで盛り上がっている最中に(しかもそれを知った当日に)、渋谷で思いがけずカトマンズカンティプール)のラクシュミー(さん)に会ってしまうとは、何とオメデタイことだろう!「カンティプール」は随分前から、渋谷で御用達にしているレストランの一つだが(特にLは仕事場にも近くオープニングの頃からのお付き合い)、ラクシュミーさんのお名前を知ったのは割と最近の話。夏に『シンクロニック・ジャーニー(SJ)』の出版ミニパーティをした時に、予約の電話を受けて下さってからの事だ。

思えばSJには、そのカトマンズの友人(悟郎さん)も登場しているし、この日のラクシュミーからの微笑み(楽しいシンクロ)も、あのパーティがキッカケになっていたのかもしれない。実に手前味噌な想像だが、連日こうしたジョークのような体験をしていると、それもアリという感覚になってしまうものだ。より多くの人が日常的にこうした体験をし続けたら一体どうなるのだろうか。私の目下の関心はそこにある。

大・大基本

2007年11月16日 18:51

倍音の月2日(G11/16)  KIN167 青いスペクトルの手 (by L)

先日、私たちが発行しているメルマガ「Happy シンクロ Days♪」の最新号に、「モテる女・4大基本」と題した記事を書いたのですが、読んで下さった方、どう思われましたか?
今日は。それより何より大切な「大・大基本について。

その前に、読んでいない方の為に、メルマガからその部分を以下引用。(少々加筆済)

******************************
【モテる女・4大基本】今回は、シンクロニック・リーディングの現場からお届けします。

セッ ションにいらっしゃる方から受けるご相談の中で、圧倒的に多いのは、実は恋愛(!)に関するご相談です。それも、今つき合っている方となんたらかんた ら・・・といった、踏み込んだご相談ではなく、それ以前のもの。「どうしたら私に彼ができるか?」「どうしたらモテる私になるか?」・・・のお話が多いの です。つまり「良縁を得るにはどうしたら良いか?」というご相談です。

もちろん、それだけが目的でセッションに来られる方はいませんし、 私はその筋の専門家でもありません。しかしその事で切実に悩まれている方が多いのを、現場でヒシヒシと感じていて、その姿を目にすると、何か力になれない かしら・・・と思ってしまいます。それに、人生モテた方が楽しかろう!!というのも、ごもっともな事。そこで今回は(~私自身の事を思いきり棚上げするこ とをお断りして、そして、これを書くのはちょっと勇気が要りますが~)「モテる女・4大基本」を、美々ッと紹介してしまいましょう!

その1.『心からの笑顔』・・・誰に対しても、常に心からの笑顔を向けていること。
その2.『バランスの良いスタイル』・・・極端に、痩せたり太ったりしていないこと。
その3.『明るい色を着る』・・・暗い色や強い色(特に黒)、重たい色を着ないこと。
その4.『髪の先までツヤツヤ』・・・良縁を呼ぶアンテナ(髪)に、ツヤがあること。

・・・いかがですか?、書いてみると、意外と簡単・単純ですよね。ちなみに、4つの内一番大切なのは、1の『心からの笑顔』です。すぐに実行できるし、不思議な事に、ここから始めると他のポイントもスムースに整い易くなるのです。

ところで、なぜこれを「4大基本」と呼んだのかと言うと・・・。
「自 分はモテない」、「異性と縁が無い」というご相談をされる方を見ていると、(とっても言いにくいのですが・・・)実際に4点全てがOKという方は、ゼロ! 反対に、この4点セットが揃っていて、「モテない」という内容の相談をされる方は、殆どいらっしゃらない、という現実があるからなのです。でも、それ位 はっきりした法則性があるのなら、異性とのご縁は、まずは「この4点セットがあれば大丈夫!」って事にもなりますよね?

出会いの波は、誰 にでも必ずやって来るものですが、いくら波が来ていても、大切なポイントを外していては、やはり波には乗りにくいもの。せっかくの波を楽しく乗りきっても らうためにも、是非ここだけは!という気持ちで、「4大基本」と呼んでみました。ただし、あくまで「基本」ですから、「これさえ揃っていれば、どこでもモ テまくり!」という話とはちょっと違います。ただ、「異性とのご縁」を生み出し、「モテる女」になる大事なポイントであるのは、間違いないでしょう。

そ れに、4つ全てが実行できれば、単に異性にモテるかどうか云々なんてみみっちい事をすっ飛ばし、人として、大いに幸せな人生が開かれるはず。「別に異性に モテなくてもいいけど、ハッピーにはなりたいわ」という方も含め、ピンと来た方は、是非お試しあれ♪(・・・引用ここまで。)

******************************


い かがですか・・・?
これを読まれて、「キャー!私はどうかしら?!気をつけなくちゃ!できるところからやってみよう!」・・・そう思われた方はご安心を! たとえ、今、4つ全部が揃っていなくても全然心配ありません。何故ならあなたには、4大基本より大切な、大・大基本が備わっているから。反対に、「ああ、 私は大丈夫。」そう思われた方、実はこういう方が一番危ない。自分には4つ全部揃ってる(と思っている)としても、です。何故なら、そういう方には、大・ 大基本がありません。

大・大基本とは、自己反射能力と実践能力、つまり自分を顧みる能力と、気付いた事を実際に行動に移す能力のこと。そ れを意識している方は、何に対してでも、機会のある毎にそのチャンスを活かし、自らをチェックしてどんどん良き方向に育てて行く事ができますから絶対に大 丈夫!良くなり続けます。逆に、その要素を持たない方は、どんな情報や機会に触れようと自分との接点を持とうとせず、ましてや自らの人生の中に取り入れて みようとも思わないので、ハッキリ言って、今より良くなりようが無いのです。メルマガには、文字数などの関係もあり、ここまで突っ込んだ事は書けませんで したが、大・大基本のお話、何かのお役に立てて頂ければ幸いです。

「First, check oneself, before check others.」とは、今来日中のダライ・ラマ法王のお言葉。幸福になるための大切なポイントを、ちゃーんと教えてくれているんですよね。法王ご自身も、 今でも日々これを意識し続けておられるそうですよ。本当に魅力的な人って、何か特別な事をやっている訳ではなくて、「大・大基本」を弛まず実践しているだ けなのかもしれませんね。

キラ星(輝き)月間

2007年11月16日 18:03

倍音の月1日(G11/15)  KIN166 白い惑星の世界の橋渡し (by L)

13の月の暦では)倍音の月初日の今日、ダライ・ラマ法王、そしてラマ・ケツン・サンポが揃って来日!キラ星(倍音)月間の始まりに何とも相応しいではないか。

実は私たちは、7週間程前の満月、カトマンズ郊外・スンダリジャルに、超憧れのラマ・ケツン・サンポを訪ねたばかり。彼の名著「
知恵の遙かな頂」 は、今でも折にふれ大切に読み返すほどだ。なのに(だからか)、実際にお会いできた時には二人とも感激で頭の中まっ白・・・!「何か聞きたい事はあります か?」と親切な言葉をかけて頂くも、「虹の身体」について以前からDが気になっていた事を質問させて頂くのがやっと・・・という感じの、いっぱいいっぱい な私たちであった。それにしても、こんなに早く日本で再会が叶うことなろうとは夢にも思わなかった。

 
★スンダリジャル。ラマ・ケツン・サンポを訪ねた帰り道に現れた虹!




以下、ラマ・ケツン・サンポ(ケツン・リンポチェ)法話会と法要について知人から頂いた案内を2件転載します。特に申込みは必要なさそうですが、ご不明点は連絡先に直接お問合せを。

******************************


■「法話の会」のご案内
この度、ネパールから、チベット仏教の数少ないご高齢の師の中のお一人、ケツン・サンポ リンポチェが来日されます。下記の「法話の会」を開催いたしますので、皆様、是非ご参加ください。
・内容:日々の心構えと仏教の修行 — チベット仏教ニンマ派の教え
・日時:11月28日(水) PM7:00~9:00
・場所:新宿 常円寺(JR新宿西口より徒歩8分)  
・参加希望の方は、当日、直接会場においで下さい。
・通訳:ガワン・ウースン先生
・参加費:リンポチェに直接、お礼をお渡しください(金額は自由)。
・お問合:phuntshogs_dc@yahoo.co.jp(森本)

チベット仏教 法要の会
チベット仏教法要の会」を、ネパールからケツン・サンポ リンポチェ(高僧の意)と僧侶9名をお招きして、新宿常円寺において3日間に亘り執り行います。この法要は、日本では行われる機会の少ないチベット仏教の伝統的な形式によって営まれます。

ネ パールの現地では、お釈迦様や諸仏、先師にちなんだ記念日等に、各寺院で様々な法要が行われています。今回は、そのうちの一つで、ケツン・サンポ リンポ チェが継承されている系統の法要形式で執り行います。ネパールにある僧院で行われている形式そのままに、僧侶達は、チベット仏教独特の様々な楽器や声明を 奏で、御本尊・守護尊・護法神等をお迎えして、この世界から飢えや貧困、争いなどがなくなり平和が訪れる様に、また、人々の心に「やさしい心(慈悲)」が 育まれます様に、と祈願致します。

この会は、ケツン・サンポ リンポチェの元で仏教の勉強をしている日本人の弟子有志が中心となり、開催 致します。現地で行われている法要では、一日中、寺院内で法要が営まれる中、人々が自由にお参りをして手を合わせて行きます。今回の法要も、同じ様に、お 参り希望の方の入退出は自由と致しましたので、ご自由にご参拝下さい。チベット仏教僧の祈りの姿に実際に触れてみたい方の見学も歓迎致します。
※ご参拝、見学の方は、参拝者用の席をご用意しておりますので、ご自由にお座り頂き、正面の仏前に合掌してお参り下さい。退席も自由です。

・場所:新宿 常円寺(JR新宿西口より徒歩8分)  
・日時:11月30日,12月1日、2日の3日間。
午前の部08:30~10:00,10:30~12:00
午後の部13:30~15:00,15:30~17:30(時間は目安。)
・お問合わせ:
phuntshogs_dc@yahoo.co.jp(森本)
******************************

そして、ダライ・ラマ法王は本日から約1週間のご滞在。今回は例年と様子が違い一般が参加できる機会がとても少なく、その点は何とも残念である。私たちは伊勢で行われるフォーラムに参加する予定。
ダライ・ラマ法王2007年来日関連情報はこちら→チベットハウスHP

ツタンカーメン

2007年11月15日 02:55

自己存在の月28日(G11/14)  KIN165 赤い太陽の蛇 (by D)


銀河活性化の正門(GAP)が10日続けて開放されていたラストのKIN155(11/4)、このタイミングに相応しいニュースが世界を駆け巡った。ツタンカーメンのミイラの顔が初めて公開されたのだ。1922年11月4日(KIN70)にハワード・カーターが王墓を発見してから85周年という記念日に意識的にシンクロさせたらしい。古代エジプト第18王朝の若き王が、18日(自己存在の月)にその姿を見せる事になったのも、何かの徴なのだろうか。

5年単位ごとに5KINずつズレるという法則から、王墓発見日のKIN70に経過した85年を加えると、ちょうど公開日のKIN155になるというのは、当たり前の現象なのだが(とはいえ、これが10連続GAPのラストに来るタイミングはとても限られている)、驚くのは、この日(自己存在の月18日)のPCUがKIN70だという点だ。これには2重の驚きがある。

一つは、王墓発見日まで、「13の月の暦」の見方でそのまま85年遡ると、その日はKINもPCUもKIN70に同期していたという事。もう一つは、その記念すべき王墓発見日のKINは、実は毎年11/4(自己存在の月18日)にPCUという形で、呼び起こされていたという事だ。PCUは、『倫理プロジェクト』由来の特殊なツォルキンの見方であり、364日分の日付が260日の日付へと置き換えられる実に魔術的なマトリックスなのだが、このツールの存在によって、銀河時間においても、王墓発見日が極めて特殊な日であったことが伺い知れるのだから、興味は尽きない。

この日、私は横浜ナディアで、銀河意識をテーマとして暦と新体道のワークを行っていた。こうしたワークでは毎度、参加者同士の面白いシンクロに出会えるのだが、この日はGAP10連続開放の締め日という事もあってか、いつもにも増して濃密な時間を味わう事になった。テーマ別クラスには、ダライ・ラマ法王(KIN14)、美智子皇后(KIN15 )、パカル王(KIN60)、皇太子(KIN166)らがお揃いで、GAPについての体験をシェアし合うという華やかな円卓会議が開かれ、そのうちの皇后と皇太子(もちろん4次元的)は、朝の初心者クラスからラストの新体道まで1日フルで参加して下さるというオマケ付き。しかも、そのお二人は、職場も住むマンションも一緒という友達同士!もうマンガの世界だ。

 

テーマ別クラスが始まる前に雑談していた別な2人は、どちらも小田原からの参加である事がその場で判明し、そのうちの一人の方のお父様は、私の父と同じG9/13の生まれで、もう一人がパカル王のKINの方だった。パカル王の墓(碑銘の神殿)が完成したタイミングは、長期暦の表記では「9.13.0.0.0」となる事(=失われた7つの世代の始まりを示す)を、私が「銀河の父」と呼んでいたホゼは、その著書や資料の中で度々触れているが、この繋がりにも不思議なものを感じざるを得なかった。何故ならこの日は、私の父の7回忌でもあったからだ。

 

さらに、ある例題として、私達の結婚記念日(=昭和天皇の誕生日)について話をしたところ、別な参加者のご両親もまた、同じ日が結婚記念日なのだと教えてくれたり、何かと父を意識させられる事が続いた。極めつけは、KIN155をPCU変換した太陽の月28日(26、27含む)が、今年はKIN45、即ち父の命日のKINになると判明した時だった。それともう一つ、G11/4は、4年前にダライ・ラマ法王が伊勢神宮を初参拝された日でもある。伊勢の神宮が皇室と直結する神社である事、そして次の遷宮(パカル王の墓の完成とほぼ同時に始まっている)が2013年である事を思うと、この日のシンクロの鍵は、伊勢に求められるようにも思えてくる(そう言えば、間もなく法王が来日し再び伊勢を訪れるのだ!)。


一方で、KIN155は、般若心経を漢訳したクマラジーヴァゆかりの草堂寺に、新体道創始者である青木先生の書が掲額された日のKINで、この日はそこから正確に520日というタイミングでもあった。私とLの誕生日は、520日ズレて巡ってくるので、結婚記念日はその中点に当たるG4/29を選んだのだが、こうした仏教と神道が交差する流れの日付(G11/4かつKIN155)に、古代エジプトの流れも交差して来るという事は、そろそろエジプトへのスユアの回路が開きつつある、という事を示しているのかもしれない。私には、この日の一連の出来事が、その始まりのサインのように思えるのだった。

久々にメルマガ発行しました!

2007年11月07日 23:38

読むだけでハッピーにシンクロ(同期)するクリカのラッキーメールマガジン【Happy シンクロ Days♪】(G2007/11/7 最新号発行!)






最近の記事