スーフィーの旋回舞踏とドリームスペル

2012年11月30日 02:47

■倍音の月15日 (G11/29)KIN185 赤い電気の蛇(by D)

先週、アラビア関係の筋から情報が入り、幸運なことに本日スーフィーの旋回舞踏を見る機会を得た。『ラスト・バリア –スーフィーの教え–』で強い関心を抱き、いつか実際に間近で見てみたいと思っていたのが、2012冬至を目前にして突如叶ってしまったのだ!しかも、ショーとして行われているようなものとは違い、コンヤからやって来たメブラーナ教団(イスラム神秘主義)の方々による真の祈りの舞踏だ。

会場は、東洋大学白山キャンパス5号館井上円了ホール。日中、何となく手にしたアエラの中に、東洋大学125周年と井上円了についての記事を見つけて流し読みしていたのも、ちょっとしたシンクロだが、倍音の(5)月15日、3・蛇 → 3×5(蛇)=15 という形で、数字の方も何かとシンクロしている(※1)。

挨拶をされた学長さんによると、11/23(10・嵐)に創立125周年の記念式典をしたばかりらしい。銀河のマヤにおいて「嵐」の日(コードNo19)はアッラーと関係があるし(※2)、125は、5×5×5ということで倍音の3乗というだけでなく、2013年に式年遷宮を迎える伊勢神宮の総社数、そして今上天皇の代の数でもある。倍音の月の中央、19週目の初日というタイミングにこの場所で、というのは実に素晴しい。

さて、主催の日本トルコ文化交流会理事長も、駐日トルコ大使も、挨拶の時に揃って「メブラーナの7つの教え」というものを読み上げられた。それくらい有名かつ貴重な教えということなのだと思うが、とても素敵な内容なので、以下にそのままメモしてみよう。

・気前の良さと人助けは川のように
・慈しみと優しさは太陽のように
・他者の欠点を包み隠すのは夜のように
・苛立ちや怒りに対しては死人のように
・謙遜や慎み深さは大地のように
・寛容は海のように
・あなたのあるがままでいるか、あなたの外見のままでいなさい。

考えてみれば、銀河ツール『7:7::7:7』において、今は、まさに「最後の7か月の第7番目」であり、同ツールでは毎月の15日は「12・嵐」と対応する。やはりイスラーム神秘主義と極めて親和性の高い日だったと言える。会場にあったデジタル時計が19:19になったのを写真に撮ろうか撮るまいか迷う位眺めていたら、ほどなくして公演が始まった。

最初はアザーンのような歌から始まり、次第に弦楽器、ドラム、笛が加わる。20分位それが続いた後で、ようやく舞踏をする6名が舞台にスーっと入って来た。黒い衣に身を包んで舞台後方に静座した。やがてその黒衣を脱ぐと、以下のような流れで静かに旋回舞踏へと入って行ったのだった。その動きは、まるで「ドリームスペル創世記」の冒頭にある、以下の表現を見せてくれているかのようだった。

<ちょうど隼が旋回に入るとき、以降、戻ることのない回転が生じるように、ひとたび惑星キンが回転の城の、磁気の竜の門に入ると、もはや戻ることはなく、強大な時間船地球2013のはてしなくかぎりない城の尖塔を通る回転、さらなる回転があるだけである。>

実際、彼らは、反時計回り=ウェイブスペル回りに旋回し、さらに全員がより大きなスケールでウェイブスペル回りにゆっくりと移動していた。奇しくも、『ドリームスペル(13の月の暦)』を紹介した新刊『銀河のマヤ、聖なる時の秘密』のカバーは、北極星を中心にウェイブスペル回りに巡る星々の写真で飾られている。

自分勝手な”お告げの読み方”をすれば(マニュアルチックに暦の情報を読み取るよりは遥かにマシと思う)、このタイミングに思いがけず旋回舞踏を見られる機会が巡ってきたのは、長期暦完了ポイントや2013年を目前にして、「時間船地球2013」の出航を広く知らせる新著が出版されたことを、アッラーが祝福して下さっている・・・ということになろうか。

もちろん、時の輪が果てしない回転を続けるのに対して、舞踏の方は最終的には静止するのだが、驚いたのは、その時ただの一人もぐらついたりしなかった事だ。『ラスト・バリア』を読んだ頃、旋回によるトランスが体験できるかもしれないと、まねごとでグルグル回転してみたことがある。ちょっと慣れれば、回ること自体はそんなに難しくは無いし、面白い感覚も出て来るのだが、停止した時に身体をピタリと止めるのは非常に難しいのだ。
メブラーナ教団 
だが、流石にそういう方法で道を求めている人々は違う。深い瞑想状態に入っていると、五感が特殊な状態になったりするのと同じで、平衡感覚も問題無く維持できるのかもしれない。話は変わるが、開始前、東洋大の先生がスーフィズムの解説をして下さった際、イスラーム神秘主義にある「一即多」の思想は、仏教における華厳の教えに通じるとした井筒俊彦氏の見解を紹介された。

中央アジアからペルシャの辺りにその源があるように見受けられる「自ずから示顕する光の思想」に関心を寄せている私にとって、この話はそれだけで刺激的だったが、今年の誕生日を東大寺(華厳宗大本山)の華厳寮で迎えた事実が、その刺激をより強力なものにしてくれたのは、言うまでもない。

最後に気付いたが、今日は冬至22日前である。19週目のコドンは3だが、この数を合計しても22だ。冬至33日前は、新著の出版記念講演を江本氏と共に行い、22日前はスーフィーのウェイブスペル旋回(新著の表紙とシンクロ)を目にすることになった。旋回者が6人だったのは、冬至と2013年の元旦を含む「律動の月」=「時間を外した月」の徴だろうか。目が離せない日々が続く。

(※1)倍音の月の3週目、コドン3「再出発」の初日。赤い銀河の季節(65日=13×5)の始まりでもある。ちなみに、東洋大の住所は、文京区白山5−28–20。倍音の月の28日間は最後の7ヵ月の第7番目。それはKIN200「5・太陽」に対応するが、太陽の紋章コードNoは20または0だ。

(※2)『テレクトノン』ボード右下の、0-19再チャージ・バッテリー「嵐」の日付の所には「真実の日、アラーの慈悲の力」と記されているし、下記の7日間セミナーの第7日にも「ウル、19=260」という項目で詳しくその関係が述べられている。尚、テレクトノンに付属の小冊子「パカル・ヴォタンのテレクトノン」の19番目「嵐」の項は、「7つの完全なお告げ」である。

2012冬至「聖なる時への参入を祝う」

2012年11月27日 17:38

倍音の月13日 (G11/27)KIN183 青い磁気の夜(by D)

【 2012冬至「聖なる時への参入を祝う水晶の円卓の集い」】満員御礼!受付終了

陰から陽へと転ずるポイントとしての冬至は、古代より太陽の力が再び増すよう祈る機会として重要視されて来ましたが、今年は、マヤ長期暦がその5200トゥン(約5125年)の時の輪を閉じるタイミングと完全に一致しているという意味で、やはり特別だと言えるでしょう。
銀河のマヤ正 

そこで、後にも先にも一度しか巡って来ないこの貴重な瞬間を共に祝い、また、そこにシンクロする形で生まれた『銀河のマヤ、聖なる時の秘密』(江本勝+小原大典・著)の出版を記念する意図で、冬至の午前中に<聖なる時への参入を祝う水晶の円卓の集い>の開催を決めました。

この日、共著者である江本氏は、マヤの聖地のひとつであるユカタン半島のウシュマル遺跡(魔法使いのピラミッドで有名)で、マヤ先住民の方々や世界のスピリチュアル・リーダー(『聖なる予言』のJ・レッドフィールドやフンバツ・メン等錚々たるメンバー)と共にセレモニーを行う予定ですが、私達は、その場と共振するコアな共鳴場を、ひと足先に創り上げたいと思っています。

というのも、日付変更線の関係で、日本は世界に先駆けて冬至を迎えることになるからです。そして、このタイミングに完成した江本氏との共著が、日本とマヤの聖地を結びつけるリアルな働きを持つと考えるからです。

『ドリームスペル(13の月の暦)』のツォルキンで「青い水晶の手(KIN207)』という日付になるこの日は、「黄色い戦士」のウェイブスペルの12番目(水晶)に当たります。4次元的なレベルで地球軌道に対応するだけでなく、「協力を捧げ、普遍化する」という働きを活用できる、絶好の機会でもあります。

という訳で、当日は記念講演と共に、実際にクリスタルを持ち寄っての(希望者が)瞑想も行いたいと思っています。場所は、今年ヒカリエ(床面積14万4000㎡)が誕生した渋谷。参加者の皆様には、私(小原)が筆でこの日だけのスペシャルサインを入れた『銀河のマヤ、聖なる時の秘密』(ヒカルランド)を、もれなくプレゼント致します(※)。

 (※)参加とセットになっている為、既にお持ちの方には2冊目になってしまいますが、ご了承下さい。お友達やご家族へのプレゼント用にサインの宛名(&署名)を変えることは可能です。

冬至(12/21)を「13の月の暦」で示すと、律動の月9日、即ち6/9になります。「易」の伝統では陰は6、陽は9と決まっていて、奇しくもその日の意味とぴったりシンクロする陰陽反転ゼロポイントの数になります。また、銀河ツール『7:7::7:7』では、「律動の月」全体が「時間を外した月」というゼロポイント的な意味を持ちます。

そのような特別な日に(何しろ5,125年周期の区切りです!)、「太陽の紋章」の数と同じ20名の皆様と共にひと時を過ごし、美しい共鳴場を生み出せることを楽しみにしつつ、冬至24日前のコドン24「ヒカリ輝く回帰」の日に、ヴェラトローパ24の共振の竜(241)、24画の者が以下の通りお知らせ致します。

-----------------------------------------------------------------------------
【 2012冬至「聖なる時への参入を祝う水晶の円卓の集い」】

★日 時:12月21日(金)KIN207 9:30~11:30
★場 所:渋谷駅徒歩5分 渋谷区文化総合センター大和田 
★参加費:5,200円 (2012冬至だけのスペシャルサイン入り新著付)
★定 員:20名
★お申し込み方法:
下記の項目をご記入の上、メール(←クリック)にてお申込下さい。
その際、メールのタイトルを【聖なる時の集い】とご明記ください。
追ってこちらから詳細案内のメールをご返送いたします。

【お名前】(1) 参加者氏名(必須)
     (2)サインに入れるお名前(ご希望の表記で)
     (3)サインする方の「銀河の署名」(知らない方は生年月日)
      ※(2)(3)が無い場合は、参加者氏名でサインを入れさせて頂きます。
【〒ご住所】
【お電話(携帯)番号】

*お寄せ頂いた個人情報はいかなる場合においても外部へ漏らす事はございません。
*敏速な返信を心がけておりますが、通信事情等により、ごくまれにメールが届かないケースがございます。
お申込をお送り頂いた後、3日間経ってもこちらから返信が届かない場合は、
大変お手数ですが、再度メールをお送り頂けますようお願いいたします。

<お願いとご注意>
@yahoo.co.jpのアドレスからクリカにメールをお送り頂く場合、残念ながらこちらに届かないケースが多々あるようです。恐れ入りますが、できるだけ他のアドレスからお送り頂けると幸いです。
また、お手数ですが、メ-ルの設定は、必ずこちらからの返信メ-ルが届く設定にしておいて頂けますようお願いします。(特に携帯メールと@yahoo.co.jpをお使いの方。)
-----------------------------------------------------------

天真書法塾発表会・ご来場感謝!

2012年11月26日 23:51

倍音の月12日 (G11/26)KIN182 白い宇宙の風 (by L)

皆さま、第十一回天真書法塾発表会にご来場くださり、ありがとうございました。
会場で皆さまにお会い出来て、本当に嬉しかったです。

天真書法塾では、入塾一年目の新入生は、円相と線のみで半切(はんせつ)の作品を仕上げます。
それは入塾した年にのみ書くことが許される「生命の実線」と呼ばれるもので、逃げも隠れも出来ないシンプルな線の中に、その人の生き様が全て現れるといわれています。私が「生命の実線」を書いてからちょうど10年。現在では、シャンバラ教室の私の生徒達が、かつての私と同じように「生命の実線」を書いています。

天真書法塾発表会

★こちらのリンクから、シャンバラ教室の生徒たちの素晴しい作品、生命の実線を含む17点と、
そして私たちの作品を主に写真をUPいたしましたので、ぜひご覧下さい。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.491706704207717.115127.320382924673430&type=1

ご来場のお一人お一人にお礼を申上げるべき所ですが、取り急ぎブログ記事から感謝をお伝えします。
皆さま、今年もありがとうございました。








北極星とシャスタ山

2012年11月21日 03:20

倍音の月6日 (G11/20)KIN176 黄色い共振の戦士(by D)

大阪での出版記念講演を終え、恒例の関西フィールドワークで訪れたのは、北極星と関係の深い星田妙見宮。参加者の方が「新著の表紙にシンクロしている」と情報を下さったからだ。講演会前後もその前のカトマンズやダライラマ法王来日時も、(ちょっとしたシンクロは日常化している私が)驚くようなシンクロが続いているが、今は余裕が無いので、北極星だけに絞ろう。

今日、剣武天真流の稽古(道場は神保町から近い)があったので、少し早めに神田の書店街に出て、三省堂と書泉グランデを巡ってみた。おかげさまで、どちらも目立つ所に平積みになっていて、書泉では下記のようなポップまで付いていた。

  syogentate

稽古を終えて帰宅し、何気なくネットのニュースを見ていると、MSNのトップページで、見かけたような星空写真が紹介されている。クリックして写真を拡大し、手元にある新著『銀河のマヤ、聖なる時の秘密』と比較してみると、山の稜線から光の状態まで、何もかもがそっくりそのまま同じであることが分かった。

書店に本が並び始めたのは、ここ4、5日前のこと。そのタイミングで、大手メディアサイトの一面に表紙と全く同じ写真を見つけてしまうとは、流石に日々シンクロ漬けの私でも驚いた。しかも、その記事によれば、山影はカリフォルニアのシャスタ山とのこと。写真家ブラッド・ゴールドペイント氏の作品は、動画も素晴しいので、是非、ここからご覧になって頂きたい。

帰宅してすぐ飲んだのはシャスタ水源のクリスタルガイザー。この1年、最も飲んでいるミネラルウォーターかもしれない。それに、10年以上続いている横浜ナディアでの「13の月の暦」クラスは、常にシャスタと名付けられた部屋(303号室)で行われている。

しかし、北極星を中心にウェイブスペル回りに星が巡るこの写真は、新著カバーの唯一の候補ではなかったこと(つまり他の候補とギリギリまで競っていたこと)を、私は先に編集者の方から聞いていたので、尚更、このタイミングでの発見に驚いたのだった。

ちなみに、星田妙見宮で引いたおみくじは、私の名前の画数、そして『アルクトゥルス・プローブ』で太陽系を示す数とシンクロする「24」で、「目上の人の思いがけない引立で 心のままに調のい…」とあった。もちろん、名前ともシンクロする「大」吉である。引いた翌日にこんな体験をするのだから面白い。

カトマンズから戻った時に新著の見本と共に届いていたパタゴニアのカタログの表紙も良く似たデザインだったが(下記参照)、まさかその数日後に完璧に同じ写真を全く別なルートで目にするとは思わなかった。あまりに興奮して、思わずあちこちにメールしまくってしまったが、滅多に無い事ということで、関係各位はどうかお許し頂きたい。
pata 
追記:私が近所の書店で初めて新著を見つけたのは、アマゾンでも発売日とされている11/16(KIN172)。この日は、”やっと”衆議院が解散された日でもある。「2013年から始まる新しい世界」というサブタイトルが伊達ではないのは、このシンクロにも示されている。尚、これはこのブログの604番目(6×4=24)の記事である。

カトマンズ訪問2012

2012年11月19日 21:55

倍音の月5日 (G11/19)KIN165 青い律動の鷲(by DL)

今年もカトマンズに行ってきました。
NPOクリカで教育支援を行っている、13人のチベット難民の子供たちに会うためです。
ご協力を頂いている多くの皆さまに、厚くお礼申し上げます。

kathmandu2012  

取り急ぎfacebookに写真をUPしましたので、よろしければ是非ご覧ください。
追って、報告記事をUPしてゆきます。お楽しみに♡




銀河のマヤ、聖なる時の秘密

2012年11月03日 23:16

自己存在の月17日 (G11/3)KIN159 青い電気の嵐(by D)

ヴィーナストランジット(G6/6)の直前くらいには書き終えていた共著本の原稿がようやく形になった。本作りには色々な方が関わるので、中々何でも希望通りという訳には行かないものだが、幸いなことに、私がこれまで出させて頂いた本については、編集者によって表現が変更されたケースは殆ど無く、表紙カバーについても(98年に出た最初のムック本を除けば)ほぼ希望通りにして頂けて来た。

ただ、今回の本は、江本勝氏との共著ということもあって、章立てやタイトル案をたたき台として出させて頂いた後は、編集者に完全にお任せしていた。それで、最終的に決まったタイトルが『銀河のマヤ、聖なる時の秘密』である(アマゾンでも予約可能)。思いがけず素敵なタイトルを付けて頂いたと喜んでいたら、表紙カバーも「北極星を中心にウェイブスペル回りをする星空」という、これまた内容とマッチした素晴しいデザインで、私はすっかり嬉しくなってしまった。
銀河のマヤ 
書店に並ぶのは11月中旬位らしいが、先日、渋谷で編集のTさんにお会いして原稿の最終確認をした折、奥付の発刊日が何日になるかを伺うと、11/30(KIN186)とのこと。ハーモニック・コンバージェンスの呼びかけに応じて富士山に登頂したというオノ・ヨーコさんや、健康法の研究で強い影響を受けた肥田春充翁、甲田光雄先生らの誕生KINなので、個人的には「これでバッチリだ」という感覚を得ていたが、今日の銀河シンクロ教室で、さらにその確信が深まった。

というのも、参加者の中で例題になるべく挙手して下さった唯一の方が、KIN186(白い自己存在の世界の橋渡し)だったからだ。しかも、その方の現在の「運命の道筋」はKIN11。つまり『13の月の暦ドリームスペル)』の提唱者の一人、ホゼ・アグエイアス氏の誕生KINだったのだ。さらに、年齢はホゼとロイディーン(KIN22)のKINを合計した33。3300部制作された『ドリームスペル』(日本語版第2版)ともシンクロしていた。

自分都合で勝手に解釈すれば、「銀河の両親(ホゼ&ロイディーン)もこのタイミングでのこの出版を喜んでいる」ということだろう。書店に本が並ぶのとほぼシンクロする11/18(KIN174)には、大阪で江本氏と共に出版記念講演もさせて頂く予定。暦の話だけではなく、それとリンクする形で水の結晶実験の背景や波動測定、代替医療のことなどについても触れるつもりなので、「2013年から始まる新しい世界」にご関心のある方は、こちらをご参照頂ければと思う。

最近の記事