水晶の円卓瞑想

2008年06月21日 09:46

水晶の月23日(G6/21) KIN124 黄色い共振の種 (by D)

KIN121、ツォルキンの中心軸である7列目(神秘の柱)に入ったこの日(G6/18)、水晶の月に、水晶を持って集まり、水晶と共に新体道流の瞑想を行うという試み(クリスタル・メディテーションin新体道)を、二子玉川で初めて行った。香のシャーマン芳美さんや、楽喜衣セラピストのタカちゃんなど、いつもお世話になっている方々から、全く初めての人まで、小さい女の子を含めて10名の方が参加して下さったので、Lと私を加えて、集った人の数も、ぴったり水晶(12)に。



十分に身体をほぐし、思いきり声を出したりしながら気血の巡りを良くした後で、瞑想タイムへ。中心に持ち寄ったクリスタル達を集め、それを皆で円卓のように囲む形で立ち、立位十瞑想法の中から放光位、献花位、浄心位という姿勢(印)を選んで、それぞれの違いを味わいながら、瞑想の時間を楽しんだ。

cmis-2cmis-1

もともと、皆さんお気に入りの石たちばかりという事もあって、最初に台の上に置いてもらった時から皆ピカピカではあったが、終了後の石たちの輝きと透明感には、目を見張るものがあった。特に普段からよく見ている自分の石は、前後の違いが良く分かる。私達も、石垣島の暦仲間の店で手に入れたヒマラヤ水晶を持参したのだが、明らかに透明感が増して、自分達で主催しておきながら、改めてビックリした位だった。

きっと、愛されている石たちが一同に集うというだけでも、何らかの良い効果が生まれるのだと思うが、今回はさらに、いい波を逃さない素敵なメンバーが集まった事で、より調和的で力強い場が出来ていたように感じられた。そして、石と人は完全に共鳴しているのだなーという事も。終了後、近くのお店でランチをご一緒しながら、ピカピカに輝いている皆さんのお顔を見て、そんな事を思った。

普段の新体道のクラスでも同じ現象は起こるが(元々それでこの現象を発見したので)、特にクリスタルに注目した今回のような瞑想を、今後、年に数回位は行ってみたいと思っている。芳美さんの香とジョイントさせて頂いたりするのも、きっと面白いに違いない。色々とイメージは膨らむが、時が巡って来たら、そこにピッタリのやり方が見えてくるだろう。その時には、先に4次元的な招待状を送るので、次回の参加をお考えの方は、是非、アンテナを磨いておいて欲しい。

ところで、この日は、チベット暦でサカダワ月の満月の日でもあった。つまり、仏陀が誕生し、悟りをを開き、涅槃に入られたとされる日だ。チベットの人達は、特にこの日を大切に思っているので、平日のこの日も、在日チベット人やその支援者が護国寺の大師堂に集まって、法要が行われた。KIN118に本堂で行われた法要時にアナウンスがあったので、急遽参加する事にしたのだが、チベット語と日本語のお経を一緒に唱える時間は、心に灯がともされるような暖かい感覚があって、何ともいえず心地良い。お陰で、月が雲で覆われていても、心の中に輝く満月を感じる事が出来た。願わくば、今もチベットその他多くの地域で不条理に拘束されている人々や、各地で被災された人々の心に、この輝きと暖かさが伝わらん事を。

最近の記事