時間をはずした伊勢

2008年07月31日 03:32

磁気の月6日(G7/31) KIN164 黄色い銀河の種 (by D)
 

年の瀬も差し迫ったKIN156(宇宙の魔術の亀の日)、オーストラリア在住の方からシンクロ体験を綴ったメールを頂いた。掲示板でのシェアを試みて下さったそうだが、少々字数が多すぎたのか(実際の原因はよく分からないのだが)、書込みが上手く出来なかったらしい。色々と興味深い事が記されている中、オーストラリアを訪問されたダライ・ラマ法王(KIN14)にご夫婦でお会いし、灌頂も受けられたという所が、特に印象に残った。

翌日のKIN157は、名古屋経由で伊勢に向かった。名古屋では、Lのリーディングを受けた直後に電撃結婚された那智Kazoo8ご夫妻に「みそ煮込みうどん」をご馳走になりながら、手相まで観ていただき、楽しい時間を過ごした。那智さんは私の名前が大典だとは知らずに、「何か大きな辞典みたいなものをつくりに来たようです」と言われたり(手相から何故分かるのかは不明(笑))、Lの手に最近出来た謎の線について解説して下さったり(この線を含め彼女は基本的にラッキーな人らしい)、「さすがプロ!」という事を、丁寧に教えて下さった。これから巡ってくるチャンスについても示唆してくれるので、「よーし、波に乗るぞー」という主体性のある方には、おススメだ。

宇治山田駅に到着後、夕食を済ませ、暗くなりかけた駅前を歩いていると、「この辺りの人ではないな・・・」という出立ちの人々に出会った。よく見ると、何と、いつもお世話になっている香の魔法使い、芳美さんのご一行ではないか!翌日がお誕生日の彼女に「大喜」というお店の目の前で会えるところが、シンクロニックで実にメデたい。聞けば、私達と同じホテル(昨秋、法王が泊まられた所)に宿泊しているとの事。芳美さんは、法王のKINの時にお引越しもされているし、前日のメールとの繋がりも感じられたりして、とにかく嬉しかった。ちなみに、私達の部屋は、指定した訳でも無いのに、法王の真下だと喜んでいた前回宿泊時と全く同じ部屋だった。

「時間をはずした日」に当たるKIN158(2・鏡)は、早朝から外宮に参拝。内宮への移動のためバス停で待っていると、白い高級車が目の前に止まり、「内宮さんまで行かれるんですか?良かったらどうぞ」と親切に勧めて下さるので、ありがたく乗せて頂く事にした。おそらく外宮で私達の事を見かけていたから声を掛けて下さったのだとは思うが、アカの他人である事に変わりはない。人を信じられなくなるような事件が世間を賑わしている昨今、こういう方に出会えるのも、早朝の伊勢という時と場所のなせる業なのだろうか。

月参りに来られたというその女性は、私達がこれから向かおうとしている大阪の方で、全国の一の宮参りなどもされている信仰心の篤い方だった。「またどこかでご縁があれば」と宇治橋の前で降ろして下さり、互いに名前も伝えないままお別れしたが、いつか私達の感謝の気持ちが巡って、この方に幸せが降り注ぐことを願わずにはいられなかった。「お陰様」というのも、きっと、こうした祈りや願いの循環があってこそ人々は幸せでいられるという事を、昔の日本人がちゃんと実感していたから生まれた言葉なのではないだろうか。
 
殆ど人気の無い静かな内宮をゆっくりとお参りした後、五十鈴川でアルマナック(「20の銘板」の記録)を燃やす儀式を行い、おはらい町で冷えた甘酒や、復活した赤福餅など(色々と美味しいもの)を頂いて、時間をはずした日の伊勢を存分に堪能させてもらった。「13の月の暦」の提唱者の一人であるホゼ・アグエイアス氏は、かつて伊勢のご神域を「時間のない場所」と評したが、その場所で「時間をはずした日」を過ごすのは、やはり味わい深いものがある。そんな事を思いながら、真夏の太陽が天頂に輝く伊勢を後にした。
 
時間をはずした日には、世界中の暦ユーザーが、様々なスタイルでお祭りをしたり、お祝いをしたりしているのだが、大阪ではずっと昔から、毎年このタイミングに天神祭が行われている。つまり、大阪の人々は、「13の月の暦」の事など知らずとも、そのサイクルにばっちりシンクロしているのだ。そういう意味で、7/25を伊勢と大阪で過ごすのは、日本の暦ユーザーとして、なかなか理になかった行為と言えるかもしれない。
 
この日、寝る間際にネットで面白いニュースを見つけた。アポロ14号に搭乗した、エドガー・ミッチェル氏が、「米政府は宇宙人の存在を隠蔽している」と、イギリスのラジオ番組で発言したらしい。ダライ・ラマ14世にアポロ14号、さすがに「2・魔法使い(コードNo14)の年」の締めの日である。ちなみに、このブログをUPしたKIN164は、「13の月の暦」ユーザーが最も注目している2013年7月26日(=今からピッタリ7銀河スピン後)とシンクロする日付なのだが、2013年は、伊勢で式年遷宮という日本で最も重要なお祭りが行われる年でもある。色々な意味で、日本という国は、この暦と深い繋がりがあるのだ。

最近の記事