月の月の2013年

2008年09月14日 14:42

月の月23日 (G9/14) KIN209  赤い磁気の月 (by D)
 
「13の月の暦」ユーザーの皆さんへ。昨日から今日にかけて、時間泥棒(12:60的忙しさ)に「自分の時間」を盗まれる事なく、無事「月の創世記」を迎えられたでしょうか?この暦の原点とも言える『ドリームスペル・時間船地球2013の旅』という銀河文化ツールでは、KIN208→KIN209への魔術飛行(ウェイブスペルからウェイブスペルへの飛躍)のタイミングで、「本当の時間」が盗まれたという神話的ヴィジョンが語られています。
 
 同時に、『時間の法則の20の銘板』の見方では、このKIN208→KIN209への移行は、「青い共振の嵐の年・宇宙の月」から「黄色い銀河の種の年・磁気の月(2013年7月26日~)」への飛躍をも意味します。 さらに、今回の魔術飛行は、『テレクトノン』の見方で、2012年に対応する22日から、2013年に対応する23日へのシフト(=立方体の旅の完了=全ての人の中の男性性と女性性の統合)ともシンクロしていて、とても特別なタイミングである事が見て取れます。実際には、「毎日が特別な日」なのですが、上記のような事を意識して、今日一日を過ごしてみると、普段とはまた違った、深くて多様な時間の流れを感じる事が出来るかもしれません。
 
 明日は、月の月の「魔術のカメの日」(日付と月の「音」がシンクロして強化される日)。しかもGAPで満月と、今日とはまた違った形で「月」が盛沢山なスペシャルDAYです。二子玉川で、ちょうど月が姿を現す時間帯から、満月クリスタル瞑想を行いますので、タイミングの会う方は、是非お越し下さい。きっと素晴らしい時間になると思います。また、意味不明のままここまで読んでしまった奇特な方は(笑)、おそらく「13の月の暦」にご縁のある方だと思います。もしかしたら、5日後の「シンクロ・カフェタイム」が、流れに乗る「最初の波」となるかもしれません。自分のハートの声によく耳を傾けてみて下さい。では、これから52日間、楽しい「月の創世記」を共に創造して行きましょう!

最近の記事