風のサンダル

2007年04月26日 02:03

■惑星の月22日(G4/25) KIN222 白い磁気の風「風のサンダル」(by L)

ここ数日、用事であちこち出掛けたり、PCに向かい溜めに溜めたペーパー・ワークをモクモクとこなしたりしている。・・・と言っても予定の行動。ここのところ本格的に暖かくなったし、体調は絶好調。歩くのがものすごく楽しいだけではなく、速く歩きたくなって来る(Dに負けないくらいのスピードで歩くの大好き)。こうなると、大事なのは靴だよね。

実は、私の普段の靴はビルケン率100%。ソールを修理しながら10年以上履き続けているものも多く、ほとんどのビルケンモデルを持っているのではないか(まるで回し者)。楽ちんでストレス・フリーなのが愛用の理由だが、となると、どうしても足は靴内で泳ぎ気味。しっかり歩くつもりなら、踵や甲をキチンとホールドしてくれて、なおかつ心地よくで美しい靴が良い。

ランチから戻る途中、「靴を買いに行く!」と宣言して(しなくても良いのだが)玉川高島屋のアルカに寄り道。二子玉川店は、私たちが越して来た後にオープンしたが、どのショップでも、足の専門知識を持つシュー・フィッターが丁寧に足形をとり、脹脛の筋肉のつき方・土踏まずのアーチなどを細かく調べ、ピッタリな靴をチェックしてくれる。(今日は「足の裏まできれいですねー」と褒められたけど、何たって私はたかちゃんにずっとケアしてもらってますからね、足ならいつだって脱げるわよ、エッヘン!)その結果、足に合わない靴は売らないという徹底ぶり。今日は、風のウェイブスペルの始まり(ちなみに今日KIN222は、美輪明宏さんとスティングのKINで、私のKINはこのウェイブスペルの10番目)だし、とっても軽やかなウォーキング用のサンダルを購入。アルカの靴とも、長くつき合えると良いなと思っている。

~これより追伸でーす(by D)~
今日KIN222(1・風)は、美輪明宏、そしてスティングの銀河の誕生日。という訳で、我が家では、色々と作業をしながらスティングのアルバムを片っ端から聴きまくっていた。「13の月の暦」では、4番目の四半期に突入。今年「赤い磁気の月」の年が、「1・月」という日から始まっている関係で、4半期の初日は必ず音が「1」になる。何故かと言えば、四半期とは364÷4=91日で、91(日)=7(日)×13(週間)=13(日)×7(ウェイブスペル)と、13で美しく割り切れる単位だからだ。余談になるが、有名なチチェン・イツァのククルカンのピラミッドは、4面それぞれに91段の階段があり、ラストの1段(4方向が一つに統合される)が「時間をはずした日」に相当するような立体カレンダーとなっている。

さて、新しい四半期という事で、今日はおススメのブログを2つ(紋章のコードNoに因んで)ご紹介したい。一つは、NEWSコーナーにもアナウンスした、石垣島のshuさんのブログ<カヤックジギング>。写真の通りランボーのような風貌なのだが、やる事もランボー並かそれ以上で、存在自体が殆どフィクションのような人だ。ブログの話題は釣りがメインだが、そこから何を読み取るかは読者次第。また、トラップのように各所に仕掛けてある笑いを見つけるのも楽しいだろう。ただ、どんなに忙しい人でも、「実録・バショウカジキとの戦い」「後書きに代えて」だけは読んでおかないと勿体ない。

もう一つは、掲示板に「1・月」の日からブログ始めます!と宣言し、見事にそれを実践して時空の波に乗りまくっている静岡のにょろりさんのブログ<イン・ラケチ~シンクロの波に乗ろう>。2ヶ月程前、横浜ナディアでの暦クラスに、わざわざ静岡から来て下さったのだが、何でも直ぐに実行に移すその姿勢が、日々の生活の中にも楽しいシンクロの嵐を呼び込んでいる様子がよく分かる。ご本人は初心者のつもりらしいが、そのシンクロ率は、既にベテランサーファーの領域。「暦を使っても全然シンクロ感じないんですけど」という人がいたら(このダイアリーの読者にはいないはずなのだが・・・)、このブログからヒントを得るべし!暦が何かをしてくれるとか、高額な暦の講座に出るとシンクロするように成るとかいう話では無くて、自分がどう主体的に使うかだけが鍵なんだ、という事がよーく分かると思います。

最近の記事