花粉症の皆様へ

2009年02月19日 00:03

■ 銀河の月12日 (G2/18)  KIN106 白い月の世界の橋渡し (by D)

先日の異常な暖かさと風で一気に花粉が飛散したのか、街中で花粉症らしき人々を随分と見かけるようになった。私自身も、毎年気配は感じるが、お陰様でそれ以上にはならないで済んでいる。かつて、かなり重症になった母のケースなども目にしているので、少しでも花粉症で苦しまれている皆さんのお役に立てればと思い、参考情報をご紹介したいと思う。

世の中には、様々な対策方法があって、それぞれそれなりの効果があると思うし、自分に合った方法を見つけられたらそれで良いと思うが、安全で手間のかからない方法の一つとして、心から推薦したいのがウォーターレメディだ。「あなたがその仕事に関わっているからそれを薦めるのだろう」というご指摘はあるだろうし、それに対して否定するつもりもないが、現実的に役に立たないものに、10年以上関わり続けるほど私はドリーマーでは無い、という事も合わせて伝えておきたい。

花粉症だけに絞って振り返ってみても、水(もちろんある処理をしたレメディの事だが)を飲むだけでそれが軽減した人が実際に毎年いるからこそ、体調を崩してしまうような他の方法を実践している方や、色々な方法を試してもダメで苦しんでいる方を見ると、コスト的にも見ても、実践面から見ても負担の少ないこの方法の事を伝えたくなってしまうのだ。

もちろん、それが万能の方法だなどという事を言うつもりはないし、あまり効果が感じられないという方も当然いる。しかし、かなりの確率で楽になる事が分かっている方法が存在している事を、もうちょっと積極的に知らせても良いなという気持ちが私の中に生まれて来て、こうした記事も書こうという気になったのは、以前にも増して、花粉症の人が目につくようになってきたからかもしれない。

本来はセラピーにお越し頂いて、オリジナルレメディを作るのがベストだが、遠方の方や時間的に難しい方に向けて、ここ数年は、「花粉症対策専用のレメディ」もシーズン限定で作成するようになった。ピンと来た方は、文中太字にしてあるリンクから詳細を辿ってみて頂けたらと思う。

最後に、何かの間違えでこの記事から読み始めてしまった方へひとこと。このブログは、もともとピンと来る方にだけ活用して頂けたら良いという考えで、時には暗号の羅列と思われるであろう情報でも、全く気にせず好き放題に書いている。理解の範疇を超えていると感じたら、早々に立ち去って忘れてしまう方が精神衛生上良いと思うが(笑)、何か少しでもひっかかるものがあるのなら、そこがあなたにとっての魔法の鍵である可能性は高い。

最近の記事