馬の目

2009年04月15日 22:39

惑星の月12日 (G4/15)  KIN162 白い律動の風(by L)

タマタカ近くに、私たちが週に一度は必ず押し掛ける小さなトラットリアがある。いやー、そこのオーナーの仕事っぷりが見事でねー。いつも見とれちゃうの。まるでオーケストラの指揮者みたい。

厨房の中の仕事以外、ホールの何もかもをオーナーが殆ど一人で仕切っているのだけど、全くもって忙しそうな様子も動きの乱れも無く、すべてのお客のそれぞれの勝手なペースを見極め、そして完璧なタイミングでコトを運んで行く。・・・少なく見積もっても、彼一人で4~5人分の仕事をしてるんじゃないでしょうか。

今日も、あまりにも見事なタイミングで食後のコーヒーが運ばれてきたので驚嘆したところ、「僕の目は馬みたく横についてるから視界が180度、360度あるんですよ、だから店の何処にいても何でも見えちゃうんですよ、わはは。」とか言ってたけど、もちろん目の位置はふつう(笑)。

ここで終わってはいけない。更に大げさに褒め讃え、馬の目って何?と食い下がったところ、コッソリその極意を公開してくれた。・・・なるほど、そうであったか。(ご興味のある方には、お会いする機会のあるときにでもお話するとして)つまりは、一点集中に対し全方位集中(ウサギ対金魚)ということね。今の自分の稽古ともリンクしていて、とても響くものがあった。

最近の記事