ホゼ・アグエイアス氏旅立つ

2011年03月25日 14:57

太陽の月19日 (G3/25) KIN91 赤いスペクトルの月 (by D)

昨日(KIN90)の午後、ホゼ・アグエイアス氏が他界したことを知らせるメールが、KIN211の方から転送されて来た(受信時間は13:00になっていた)。ハーモニック・コンバージェンスのあった1987年に事故で亡くなったホゼの息子・ジョッシュがKIN211だったこと、私が「13の月の暦」に出会うきっかけとなった『時空のサーファー』という本が、そのジョッシュに捧げられたものだったことを思うと、今この瞬間もスユアの回路は活発に働いているのを感じる。

私は、ホゼの訃報を知った瞬間、銀河の父は、地球が大きく変容しつつあるこのタイミングに、別な領域から働きかけることにしたのだのだろう、と感じた。今日になって、Foundation for the Law of Time のサイトを見たら、やはりホゼは“I have done all that I could on this planet. I am being called to assist in the closing of the cycle from the Other Side.”というメッセージを残していた。

カール・コールマン氏も、早速に、追悼のメッセージを、関係者へのメールという形で送って来ていたが、ここでは、マヤ暦の本質に迫る研究をした先駆者として深い敬意を表していた、ということだけ記しておこう。

私も色々と書きたいことはあるが、太平洋標準時で3月25日(太陽の月19日・KIN91)正午、日本時間で26日(KIN92)午前5時頃にセレモニーと祈りの時間が共有されるようなので、今日は、そのお知らせだけして本稿を終えたいと思う。

尚、ホゼから惑星KINへのメッセージは、こよみ屋さんのサイトに、ロイディーンとステファニーからのメッセージは、KOZOさんのブログに掲載されているので、そちらを参照して頂ければと思う。

銀河の父に、沢山の感謝と新しい旅立ちへの祝福を込めて。

最近の記事