5/13 時間魔術の実践(大阪)

2012年03月30日 16:13

太陽の月24日 (G3/30)KIN201 赤い律動の竜(byD)

『ドリームスペル』キットは、箱の中のパーツを広げて眺めているだけで、多次元世界へと意識が開かれてしまうような美しさに満ちています。しかし、「銀河の贈り物」と言うだけのことはあって、直感的に素晴しいものだと分かっても、物質主義のモノ(12:60)時間に慣れ親しんで来た私たちの感覚や感性では、容易に理解できない面があるのも確かです。日本語で書かれたマニュアルを読んでみても「ちんぷんかんぷん」というのが、おそらく普通の感覚です。

マニュアルには、「ドリームスペルの運命のお告げ」「銀河時間のお告げ」「お告げを遊ぶ」「お告げガイド」「お告げインデックス」など、盛んに「お告げ」という言葉が登場します。英語版のoracleの訳ですが、実際にはどういうことを意味しているのでしょうか?また、実際の生活の中でこの銀河時間の智恵を活かすには、具体的に何をしたら良いのでしょうか?

時空のサーファークラス」では、膨大な背景を持つ銀河ツールの概要とそのエネルギーを、歪み無くお伝えすることに徹しているため、上記のような疑問には、レクチャー終了後、時間に余裕がある時にのみ、何となくお話して来ました。しかし、『ドリームスペル日本語版(第2版)』の配布が始まったこともあって、より深くこのツールのことを知りたいとか、日常生活の中での実践方法を知りたいという声を、方々で耳にするようになりました。

そこで、この度、「ドリームスペルのお告げを生きる時間魔術の実践」という講座を開催することにいたしました。原則、『ドリームスペル』を手にされた方に向けてのものですが、興味があれば誰でも参加できます。「52年の運命の道筋」を軸に、地球家族やホロンなど、様々な回路を通じて自分自身を統合し、さらに自分と世界を繫げて行く感覚を養う方法についてお伝えします。

インラケチ(あなたはもう一人の自分自身)という言葉は、割と感覚的に使われることが多いと思いますが、実はかなりリアルで具体的なものであるということも、この講座を通じて体験することになるでしょう。銀河時間示すお告げをどう読み、どう生きるのか? 時間魔術の実践者を目指す皆さんに、私が実際に体験してきた様々な例なども交えながら、その尽きる事のない楽しさを共有したいと思います。


☆ガイド:小原大典(赤い共振の竜)
1996年から「13の月の暦」を使い始める。ホゼ&ロイディーン・アグエイアス夫妻が発表し、有志によって日本語版が作られた全ての銀河文化ツール(『ドリームスペル』『テレクトノン』『時間の法則に関する20の銘板』『7:7::7:7』)の制作にボランティアで関わる。著書に「13の月の暦」の入門書『宇宙の暦は13ヵ月』、実践書『シンクロニック・ジャーニー』、マヤ暦全体についての情報を整理し2013年以降のヴィジョンを示した『マヤのリズムー時は神なりー』等がある。

-----------------------------------------------------------------------------
【ドリームスペルのお告げを生きる時間魔術の実践

★日 時:5月13日(日)13:20~16:20
★場 所:大阪 チャクラ(大阪市営地下鉄&京阪・北浜駅から徒歩8分)
★参加費:5000円(+1ドリンク注文)
★持ち物:「ドリームスペル」もしくは「13の月の暦・手帳」
★定 員:20名(先着順で定員になり次第締切ります)
★お申し込み方法:
下記の3項目をご記入の上、メール(←クリック)にてお申込下さい。
その際、メールのタイトルを【時間魔術】とご明記ください。
追ってこちらから詳細案内のメールをご返送いたします。

【お名前】
【〒ご住所】
【お電話(携帯)番号】

*お寄せ頂いた個人情報はいかなる場合においても外部へ漏らす事はございません。
*敏速な返信を心がけておりますが、通信事情等により、ごくまれにメールが届かないケースがございます。お申込をお送り頂いた後、3日間経ってもこちらから返信が届かない場合は、大変お手数ですが、再度メールをお送り頂けますようお願いいたします。(特に携帯メールと@yahoo.co.jpアドレスの場合、設定によって上手く連絡がつかないことがあります。ご注意下さい。)
-----------------------------------------------------------

<その他の予定>
★5/12(土)大阪『ドリームスペル時間船地球2013』乗船配布会

<お願いとご注意>
@yahoo.co.jpのアドレスからクリカにメールをお送り頂く場合、残念ながらこちらに届かないケースが多々あるようです。恐れ入りますが、できるだけ他のアドレスからお送り頂けると幸いです。
また、お手数ですが、メ-ルの設定は、必ずこちらからの返信メ-ルが届く設定にしておいて頂けますようお願いします。(特に携帯メールと@yahoo.co.jpをお使いの方。)


最近の記事