銀河新年!青い共振の嵐の年

2012年07月26日 18:35

磁気月1日 (G7/26) KIN59 青い共振の嵐(by D)

いよいよ「青い共振の嵐」の年が始まった。マヤ長期暦の完了点(13.0.0.0.0 4アハウ 3カンキン)として注目される「2012年の冬至」は、この1年の中頃にやって来る。また、『13の月の暦(ドリームスペル)』が誕生した時からその目標点とされていた「銀河の同期」(2013年7月26日)に向けて、集中度が最高に高まる1年でもある。

「13の月の暦」と「マヤ暦」を混同していると、こういう話も訳が分からなくなってしまう。今日「青い共振の嵐」から始まる1年を「青い共振の嵐の年」と呼ぶのは『13の月の暦(ドリームペル)』であり、マヤ暦ではない。長期暦と連動するマヤ暦だと、今日は「12エブ 15シュル」で、メキシコやグァテマラに生きるマヤ先住民にとっては新年でも何でもない。今日を新年として祝っているのは、世界各地にいる「13の月の暦」ユーザーである(もちろんメキシコにもいる)。

今日を「マヤ暦元旦」と呼ぶのは、そういう事実を知らない人か、知っているにも関わらず商売上の目的で(著作権を無視した占い鑑定ビジネス&資格認定ビジネスを広めるため)「マヤ暦」と連呼する人々、あるいは何となく知っていながらもその背景をあまり真剣に考えず、惰性でそう呼んでいる人のいずれかだ。

「13の月の暦」は、ものごとの繋がりを主体的に見つけ出し、ブツ切りになった意識を自ら統合していくのが本来の使用目的であり、類型分類や相性分析とは全く関係が無い。やっていることも説明も180度逆なのだから、見解や流儀の違いだなんてのも、ただの言い訳。新しい道具を古い頭のままで解釈して、すっかり別物にしてしまっただけなのだ。

いずれにせよ。一度刷り込みが入ってしまった人が、その魔法(洗脳)から自由になるのにはかなりの困難を伴う。どうしても、それまでに見聞きしたことを捨てずに(保険を残して)、つぎはぎする感じで新しい情報を取り入れようとするからだ。だからこそ、新年が始まるこのタイミングが、一度まっさらになる非常に良い機会となるのである。

newyearscards

 ★写真は、今日いっぺんに届いたカード達!左上は、毎年楽しみにしている「みよこみよこ」さんによるイラスト。いつも13の月の暦の元旦に送ってくださる心憎さ! カードからステキな時間音楽が響いて来る~。右下は79才のお友達からの暑中見舞い(こちらがお見舞いしなくてはいけないのにいつも逆!しかもカメ!)。 そして広島のmmba、龍蔵院デプンゴマ学堂日本別院から届いたチベット僧侶のスマイル。

さて、今日から始まる1年は、過去巡って来た年とは、いくつかの面で大きく異なる。ひとつは、先に書いたように「銀河の同期」の直前の極めて特別な1年であること。もう一つは、13ある「銀河の音」の中で、唯一対称を持たない「7(共振)」の年であることだ。後者の要素は13年に一度巡って来るが、「自己発生/触発する(触媒作用)/エネルギー」のキーワードを持つ「青い嵐」の年と重なるのは52年に一度だけ。ここに、この1年のイメージがはっきりと示されている。ハーモニック・コンバージェンス25周年「虹の瞑想会」をはじめとする暦関連のイベントは、このイメージに触発されている。

「どんな1年になるか」ではなく、「どんな1年にするか」という問いかけをする時、このキーワード、そしてこの新しい1年のエネルギーとシンクロし始めることに気付くだろう。

以下は昨日のメモ。「時間をはずした日」は、不思議な空が広がる早朝に例年の儀式(アルマナックを燃やす)を終え、午前中は隅田川河畔で行われた「水へ愛と感謝を捧げる祈り」に参加。主催者である江本氏の指名で、「時間をはずした日」についての簡単な解説をさせて頂いた。お昼の後も引き続き講座に参加し、夜は屋形船で行われた江本氏の古希のお祝いに参加。画家の龍敬子さん、エイトスターダイアモンドの田村さん、午前中に祈りのダンスを捧げられた板倉リサさんをはじめ、IHMを通じて出会った人々と楽しい時間を過ごした。

thedayoutoftime

時間をはずした日。早朝5時過ぎのニコタマ上空。

コメント

  1. D&L Obara | URL | -

    Re: Re: 銀河新年!青い共振の嵐の年

    > おめでとうございます!
    > 南仏からご挨拶いたします。

    コメント、ありがとうございます!

    > 「どんな1年になるか」ではなく「どんな1年にするか‼」
    > (#^.^#)ゞ やらねばなら無いこと、沢山ありますが、自分なりにエネルギーを出して、取り組みたいと思います。
    > 子供達に対して、優しい母😃にならねば…とも思いました。

    同じことでも、義務(○○せねば)と思うのと、(○○してみよう)と実験を楽しむ感じで臨むのと
    では、随分イメージが違います。ドリームスペルを遊ぶというのも同じ感じかもしれません。
    それでは、本年もどうぞよろしくお願いします!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

最近の記事