2012冬至「聖なる時への参入を祝う」

2012年11月27日 17:38

倍音の月13日 (G11/27)KIN183 青い磁気の夜(by D)

【 2012冬至「聖なる時への参入を祝う水晶の円卓の集い」】満員御礼!受付終了

陰から陽へと転ずるポイントとしての冬至は、古代より太陽の力が再び増すよう祈る機会として重要視されて来ましたが、今年は、マヤ長期暦がその5200トゥン(約5125年)の時の輪を閉じるタイミングと完全に一致しているという意味で、やはり特別だと言えるでしょう。
銀河のマヤ正 

そこで、後にも先にも一度しか巡って来ないこの貴重な瞬間を共に祝い、また、そこにシンクロする形で生まれた『銀河のマヤ、聖なる時の秘密』(江本勝+小原大典・著)の出版を記念する意図で、冬至の午前中に<聖なる時への参入を祝う水晶の円卓の集い>の開催を決めました。

この日、共著者である江本氏は、マヤの聖地のひとつであるユカタン半島のウシュマル遺跡(魔法使いのピラミッドで有名)で、マヤ先住民の方々や世界のスピリチュアル・リーダー(『聖なる予言』のJ・レッドフィールドやフンバツ・メン等錚々たるメンバー)と共にセレモニーを行う予定ですが、私達は、その場と共振するコアな共鳴場を、ひと足先に創り上げたいと思っています。

というのも、日付変更線の関係で、日本は世界に先駆けて冬至を迎えることになるからです。そして、このタイミングに完成した江本氏との共著が、日本とマヤの聖地を結びつけるリアルな働きを持つと考えるからです。

『ドリームスペル(13の月の暦)』のツォルキンで「青い水晶の手(KIN207)』という日付になるこの日は、「黄色い戦士」のウェイブスペルの12番目(水晶)に当たります。4次元的なレベルで地球軌道に対応するだけでなく、「協力を捧げ、普遍化する」という働きを活用できる、絶好の機会でもあります。

という訳で、当日は記念講演と共に、実際にクリスタルを持ち寄っての(希望者が)瞑想も行いたいと思っています。場所は、今年ヒカリエ(床面積14万4000㎡)が誕生した渋谷。参加者の皆様には、私(小原)が筆でこの日だけのスペシャルサインを入れた『銀河のマヤ、聖なる時の秘密』(ヒカルランド)を、もれなくプレゼント致します(※)。

 (※)参加とセットになっている為、既にお持ちの方には2冊目になってしまいますが、ご了承下さい。お友達やご家族へのプレゼント用にサインの宛名(&署名)を変えることは可能です。

冬至(12/21)を「13の月の暦」で示すと、律動の月9日、即ち6/9になります。「易」の伝統では陰は6、陽は9と決まっていて、奇しくもその日の意味とぴったりシンクロする陰陽反転ゼロポイントの数になります。また、銀河ツール『7:7::7:7』では、「律動の月」全体が「時間を外した月」というゼロポイント的な意味を持ちます。

そのような特別な日に(何しろ5,125年周期の区切りです!)、「太陽の紋章」の数と同じ20名の皆様と共にひと時を過ごし、美しい共鳴場を生み出せることを楽しみにしつつ、冬至24日前のコドン24「ヒカリ輝く回帰」の日に、ヴェラトローパ24の共振の竜(241)、24画の者が以下の通りお知らせ致します。

-----------------------------------------------------------------------------
【 2012冬至「聖なる時への参入を祝う水晶の円卓の集い」】

★日 時:12月21日(金)KIN207 9:30~11:30
★場 所:渋谷駅徒歩5分 渋谷区文化総合センター大和田 
★参加費:5,200円 (2012冬至だけのスペシャルサイン入り新著付)
★定 員:20名
★お申し込み方法:
下記の項目をご記入の上、メール(←クリック)にてお申込下さい。
その際、メールのタイトルを【聖なる時の集い】とご明記ください。
追ってこちらから詳細案内のメールをご返送いたします。

【お名前】(1) 参加者氏名(必須)
     (2)サインに入れるお名前(ご希望の表記で)
     (3)サインする方の「銀河の署名」(知らない方は生年月日)
      ※(2)(3)が無い場合は、参加者氏名でサインを入れさせて頂きます。
【〒ご住所】
【お電話(携帯)番号】

*お寄せ頂いた個人情報はいかなる場合においても外部へ漏らす事はございません。
*敏速な返信を心がけておりますが、通信事情等により、ごくまれにメールが届かないケースがございます。
お申込をお送り頂いた後、3日間経ってもこちらから返信が届かない場合は、
大変お手数ですが、再度メールをお送り頂けますようお願いいたします。

<お願いとご注意>
@yahoo.co.jpのアドレスからクリカにメールをお送り頂く場合、残念ながらこちらに届かないケースが多々あるようです。恐れ入りますが、できるだけ他のアドレスからお送り頂けると幸いです。
また、お手数ですが、メ-ルの設定は、必ずこちらからの返信メ-ルが届く設定にしておいて頂けますようお願いします。(特に携帯メールと@yahoo.co.jpをお使いの方。)
-----------------------------------------------------------

最近の記事