ポニータクシー

2007年12月31日 23:23

律動の月19日(G12/31)  KIN212  黄色い自己存在の人 (by D)

年の瀬も押し迫ったG27日(KIN208)、今、横浜でウワサのポニータクシーに乗った。といっても、まだその存在を知らない人の方が多いだろう。2007年の春先に登場したばかりで、実質1台、しかも、観光アトラクションのように決まった時間に決まった場所にいる訳でもない。連絡先も公開されていないので、当然予約なども出来ない。まさに、運良く巡り合えた人だけが乗れる”幻のタクシー”なのだ。
 
みなとみらいで落ち合ったS夫妻(※)と、横浜コスモワールド方面に向かうと、何と、そのポニータクシーが目の前に!流石にシンクロ率の高いメンバー!!・・・というのはウソで、Lの知人に無理を言って、特別に待ち合わせてもらったのだ。まあ、こういう裏技もご縁あっての賜物。そういう意味では、先にシンクロがあったとも言える。
 
御者の高橋さんの「ハイッ、太郎!」という掛け声と共に滑らかに動き始めたタクシーは、蹄と鈴の音が心地良く響き、美しい横浜の夜景とも見事にマッチする。想像以上の快適さと楽しさに、S夫妻も私達も興奮気味。考えてみれば、横浜には馬車道という名の通りがある位だから、馬との相性は良いのだ。ライトアップされたみなとみらいのビル群を背に、赤レンガ倉庫→日本大通→山下公園→中華街へと進む。
 
初めて目にする人も多いのだろう。道行く人々は皆振り返り、前を走る車は信号が青になってもなかなか走り出さなかったりする。元町手前の橋の弧が少しきつい事もあって、まだ元町に入った事は無かったそうだが、高橋さんが「太郎なら行けるかも」(ポニーはもう一頭いるとの事)とチャレンジしてくれて、無事元町に到着。4人も乗せて頑張ってくれた太郎と、色々教えて下さった高橋さんに感謝していると、どこからともなく人が集まって来て写真を撮り始めた。

 
聞けば、勝手に写真を撮る人は結構多いのだそう。せめて馬や高橋さんに断り位は入れて欲しいものだ。それにこのタクシー、とっても良心的な価格(一人1000円~)で横浜の名所を回ってくれるのだから、見かけたら写真を撮る前にまずは乗ってみてもらいたい。きっとウンと得した気分になるはずだ(少なくとも私達は大感激した)。出会えたらそれだけでラッキー、その時、他に客がいなくて乗れてしまったらもっとラッキーだ!みなとみらいや赤レンガ付近が主な出没ポイントだとの事なので、運良く乗車できた方は、是非、シンクロ・カフェに投稿を。そして、2008年、いい波に乗ろうという方は、まず横浜ポニータクシーを見つけるべし!それでは、よいお年を。
 
(※)前日発行したメルマガで、Enjoy surf!のコーナーに登場してもらったMaster Masaya 夫妻。 

最近の記事