食べる芸術品 美味しいもの師匠の心意気

2014年01月26日 13:41

共振の月17日(G1/26)KIN88 黄色い惑星の星(by L)

ある朝ムチムチ・グラマーなお芋が5キロも届く!
きゃーーーー!
「食べる芸術品」と言われている「島田屋総本家」さんのお芋だ。
送り主を見てまたまたビックリ。それは私の「美味しいもの師匠」からだった。
実は数日前にも、直接ご本人から、同じお芋(2本)と、石焼芋用の特製ホイルを頂いていたのになぜ・・・?

おいも 

その時に手渡して頂いたお芋の状態が、(私は全く氣がつかなかったけれど)ほんのちょっとだけ痛みかけていた(?)らしい。それに気づかれて「あー・・・こんなんじゃだめ、持って帰る!」とおっしゃったのに、私ときたら、それを無理矢理頂いた。その時、美味しいもの師匠は、一瞬だけ本当に本当に哀しそうな顔をした。美味しいもの師匠のプロ意識はそれを許さなかったのだと思う。

お芋のお礼の連絡をすると、「悲惨なお芋の名誉挽回!」とのお答え(笑)。
(手渡して頂いたお芋が悲惨だったわけではないけれど)そっかー、そっかー、やっぱりそうだよなーーーと、ベストな状態で美味しいものをシェアしたいという師匠の心意気に改めて敬服しつつ、ホクホク芸術品のような石焼き芋を頬張る私であった。ありがとうございました。

最近の記事