3人のアントニオと3つの街

2014年03月08日 00:43

太陽の月1日(G3/7)KIN128 黄色いスペクトルの星(byD)

今日は、バルセロナのサグラダファミリア教会の地下に眠るアントニオ・ガウディ(KIN128)の227回目の銀河の誕生日であり、『13の月の暦』での9番目の月の始まりである。バルセロナには2011年の9月に訪れているが、その9ヵ月後に剣の演武で訪れたプラハ(『霊性のアート』にその様子が強烈なシンクロと共に紹介されている)と、9日前に剣の演武をしたトリノとは、地図上でほぼ一直線上に並ぶ。

トリノでの「サムライと書道展」での演武は、剣武フランスのメンバーも加わった多様な構成になっていたが、私が個人的に焦点を合わせていたのは、本部の丸山&吉田両師範と3人で行う「音楽に合わせての演武」だった。会場がイタリアであることと、他の機会に一度、実験的に試みていたことなどもあって、私はジュリアーノ・カルミニョーラの『四季』(夏・第3楽章)に合わせての演武を提案した。

カルミニョーラはヴェネツィア近郊トレヴィーゾ出身のバイオリニストで、数年前にその存在を知ってから、すっかりファンになってしまったのだが、彼の演奏する『四季』には、独特の勢いと迫力があって、今回イメージしていた演武とも実にしっくり来るのだ。ちょうど、先刻、トリノの主催者が動画の一部をUPしてくれていたのでリンクを貼っておこう(3人の演武もあるが音楽は差し替えられている)。

『四季』の作曲はご存知の通りアントニオ・ヴィヴァルディ(1678〜1741)。ヴェネチアでKIN205(10・蛇)に誕生し、ウィーンでKIN206(11・橋渡し)に他界したことは既に書いたが、私がウィーンを訪れたのは、「運命の道筋」がKIN66だった33才の時。そして、私が33才になったまさにその日(2002年8月12日)に、千住真理子さんのもとに(以降離れていないという意味で)やって来たのが、およそ300年間手つかずで眠っていたとされるストラディヴァリウス・デュランティ1716(17+16=33)だ。

帰りのエールフランスのモニターが完全に故障していたこともあって、『千住家にストラディヴァリウスが来た日』は、その時に殆ど読み終えたが、ストラディの方が人を選ぶということが本当にあるのを、印象深く、そして感動を伴って味わえる一冊だった。ちなみに、私がウィーンを訪れたのは、ダライラマ法王14世による27(3×3×3)回目のカーラチャクラ灌頂をグラーツで受けるためだったが(それをきっかけにクリカはKIN66に誕生した)、今年は法王による33回目のカーラチャクラ灌頂が、カシミール地方のラダックで行われる予定である。

さて、バイオリン作りの名工アントニオ・ストラディヴァリは、トリノとヴェネチアのほぼ中間地点にあるクレモナで1644年に生まれ、同地で1737年に93才で亡くなっている。当時としては、並外れて長命だったと言えよう。そのストラディヴァリが88才の時に制作したと伝えられるのがバイヨー1732で(余談だが私の父はKIN88、母はKIN93で、私は今その合計であるKIN181の道筋を歩んでいる)、それをカルミニョーラが使うようになったのは2006年からだという。

今回使った『四季』のアルバムは、まだカルミニョーラがストラディを手にしていない頃のものだったので、その音色を耳にしてはいないが、トリノの旅を通じて、同時代に生きていたストラディヴァリヴィヴァルディが急速に迫って来たような気がして、何とも興味深かった。そして、トリノ(カルミニョーラの四季)ークレモナ(ストラディ)ーヴェネチア(ヴィヴァルディカルミニョーラ)の3つの街が、ほぼ東西に一直線に並んでいることも。

だが、冒頭に書いた通り、バルセロナ(2011)ートリノ(2014)ープラハ(2012)のラインも見逃せない(数字は訪問年)。サグラダファミリアの受難の門には、縦横斜めの合計が33になる魔方陣の彫刻がある。当然、これはキリストの受難が33才の時だったことを示すものだが、十字架から下ろされた時にその身を包んだとされるのが、トリノの聖骸布だ。聖骸布は普段公開されておらず、保管されているドゥオーモから至近のサンロレンツォ教会に、再現されたものが展示されている。
IMGP1148.jpg ※復元された聖骸布(=実際の聖骸布ではない)
3人のアントニオのうち、ガウディだけは100年以上後に生まれているが、ヴィヴァルディストラディヴァリは、生きた時代も地域も殆ど重なっているので、もしかしたら、どこかで会っていたかもしれない。トリノで最終日に耳にしたのは、欧米には白魔術の街が3つ、黒魔術の街が3つあり、唯一その両方があるのがトリノなのだという話だった。事の真偽は定かではないが、中々に面白い説だ。

最終日に訪れたスペルガ聖堂のドームには、1726年と刻まれていた。その10年前にデュランティ、6年後にバイヨーが、ストラディヴァリによって、東方200キロ弱の場所クレモナで作られていたのかと思うと、何とも感慨深かった。明日(京都は4/20)の円卓読書会(という名の最先端クラス)では、トリノと円卓の騎士や聖杯との関係についてもシェアしてみたいと思う。
IMGP1487.jpg 
また、銀河シンクロ教室(東京3/9、大阪4/19)では、13の倍数で巡る非常に不思議な時空の関係性を、ドリームバンク(東京3/23)では、時空に埋蔵されている情報を掘り出すコツについて、トリノでの体験をベースに話をしてみたいと思っている。といいつつ、さらなるシンクロが続いてコロッと忘れてしまうこともあるので、参加希望者でこのブログを読まれている方は、当日、ツッコミを入れて頂ければと思う。

その直前の春分(3/21)に、大倉山記念館の”円卓”で行われる【円卓座談会】には、江本勝氏が世界に知られるきっかけとなった水の結晶実験の影の(そして真の)立役者、佐藤誠哉氏が参加してくれるので、これまた最高に面白い内容になると思う。結晶実験において、最もエキサイティングな発見が続いた時期に、その最中に身を置いていた2人が直に語るのだから、相当マジカルな場になるのは間違いない。

尚、関西の予定はG暦週明けに本ブログで公開予定なので、今暫くお待ち頂ければと思う。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    最近の記事