シンクロニック・アートラボ

2014年05月18日 20:28

■スペクトルの月17日(G5/18)KIN200 黄色い倍音の太陽(by D)
霊性劍 
アジアの仏教国では、お釈迦様の誕生・成道・入滅の全てが、インド暦第二の月(ヴェサーカ)の満月に生じたという説があり、その日を祝うウエサク祭(ウェーサーカ祭)が、年に一度行われる。地域や宗派によって多少違いがあるようだが、大体グレゴリオ暦の4月か5月に相当するようで、今年は5/14に祝った国が多かったようだ。

実際の満月は15日の朝方だったのに14日にしたのは、15日の夜だと欠け始めてしまうからだろう。興味深いのは、この日(満月の5/15)が『13の月の暦ドリームスペル)』のツォルキンでは「赤い月の地球」という日で、この暦の提唱者の1人、ロイディーンの71才の誕生日でもあったことだ。

ロイディーンがその翌日に急逝したことは、1つ前の記事に書いた通りだが、沖縄本土復帰42年のタイミングでもあった満月の5/15に、奇しくも私達は、沖縄で初めて行うクラスの細かな打ち合わせをFB上でしていた。ロイディーンの誕生日が、沖縄の本土復帰とシンクロしていることに初めて気付いたまさにその日に、沖縄で初めての『ドリームスペル』配布会の打ち合わせが行われていたのである。

だからこそ、その直後に他界したニュースを目にした時には、にわかに信じられなかったのだ。ただ、ホゼとロイディーンの活動が、彼らの息子ジョッシュの急逝によって加速したように、このタイミングでのロイディーンの急逝は、きっと、日本、特に沖縄における『13の月の暦ドリームスペル)』の動きを次の段階へと加速させることだろう。

今回のきっかけは、天真会が主催する「青木宏之と行く沖縄瞑想セミナー」〜世界平和と慰霊・祈りの旅〜にあった。この旅への参加を決めたのは、沖縄の聖地で(慰霊と世界平和を祈る)剣武の奉納をする内容だったからだが、同時に、昨年宇宙食堂で出会って意気投合したアーティスト・山城香奈さんとの「いずれ沖縄にて然るべき時に」という約束を、覚えていたからでもあった。

調整の結果、G6/29(白い銀河の風)とG7/1(黄色い惑星の種)に、「銀河シンクロ教室」と「霊性のアート円卓読書会」のスペシャルバージョンが開催されることになった。詳細については、こちら(←クリック)を参照して頂ければと思うが、今回のイベント全体に対して、主催者の山城香奈さんが【おきなわシンクロニック・アートラボ】という素敵な名前を付けて下さった(注:お申込みは上記リンク先へ)。

その数日後に京都と大阪で行う内容も、ほぼ同じなので、香奈さんに許可を得て、こちらも【きんきシンクロニック・アートラボ】という名前で開催させて頂くことにした。「きんき」の方の詳細は、以下に添付してある通りで、申込みも以下から可能である(再度注:「おきなわ」は主催者が異なるので上記リンク先へ)。

13の月の暦ドリームスペル)』誕生当初からの目標点だった、特別なシンクロポイント「銀河の同期」(2013年7月26日)。そこから始まった「黄色い銀河の種の年」も、いよいよ終盤。今回、沖縄と近畿で行われる「アートラボ」が、この特別な1年の中で行われる、おそらく最後の集中クラスになると思う。「銀河」のエネルギーに満ちたこの機会を、是非、思いきり活用して頂ければ幸いである。

きっと、このアートラボへの参加は、「銀河の時間の知恵」を伝えてくれたロイディーンへの、最高のはなむけにもなるだろう。一連のシンクロがそのことを示している、と私は思う。

-------------------------------------------------------------------------
【きんきシンクロニック・アートラボ】

★7/5(土)京都「霊性のアート 円卓読書会」
会 場:町家「人と生活研究所 音楽と植物と」(京大農学部前バス停徒歩5分)
定 員:各12名

【E4】自然のテレパシー 13:20〜15:20
(参加費:予約 3,000円/直前 4,000円
動植鉱物とのコミュニケーション、言霊と意図の働きなど『霊性のアート』
第4章をメインに取り上げますが、参加者のリクエストや状況によって、
他のテーマについても質疑やシェア、意見交換などを自由に行います。

【E5】シンクロ世界の周波数 15:40〜17:40
(参加費:予約 3,000円/直前 4,000円
シンクロの波に乗り続けるコツや、多次元的なサインの読み取り方、
そして決断のタイミングなど『霊性のアート』第5章をメインに取り上げ
ますが、参加者のリクエストや状況によって、他のテーマについても質疑
やシェア、意見交換などを自由に行います。

--------------
★7/6(土)大阪「銀河シンクロ教室」「天真体道瞑想クラス」
会 場:チャクラ(京阪&地下鉄北浜or地下鉄南森町から徒歩8分)
定 員:各18名(瞑想は6名)

【G1】時間船に乗船する  10:00〜12:30
(参加費:当日カンパ制/ドリームスペルは無償配布されます(※))
銀河のマヤの贈り物『ドリームスペル』のエッセンスを知る。
運命のお告げ:遊び方のステップ1〜10の実践。銀河の羅針盤、
調波インデックス、キンの書、お告げ盤、旅程盤の活用法。

【G3】シンクロノマイスターへの道 13:30〜16:00 
(参加費:予約 4,000円/直前 5,000円※)+1ドリンク注文
ウェイブスペル、城、創世記。惑星ホロンと人ホロン。キンの書。
置き換えの時間魔術。お告げを読み、シンクロニシティを増大させる。
日常をシンクロ化するコツ。

【M】天真体道瞑想クラス 16:30〜18:00 
(参加費:予約 4,000円/直前 5,000円※)
日本の精神文化のエッセンスが凝縮された型や動き、発声等を行うことで、
心身が深い瞑想状態へと自然に導かれます。無駄な力みなども取り除かれ
るので、軽やかでのびのびとした爽快な感覚を味わえます。頭に血が上り
がちな暦のクラスの後に行うと、スッキリするだけでなく、体験を通じて
暦の理解も深まります。

--------------

※7/2(水)までに申込手続きの全てを完了された方は予約扱い(7/3日以降は直前料金)となります。ただし、定員になり次第受付を締切らせて頂きます。

※『ドリームスペル』は「銀河の贈り物」であり、商品ではありません。

※ 「銀河シンクロ教室」【G1】【G3】は『ドリームスペル』が必要です。『ドリームスペル』をお持ちで無い方は、予め公式配布窓口で手に入れておくか、【G1】クラスからご参加下さい。

※7/5の 円卓読書会は『霊性のアート』をテキストとして使います。予めご入手の上、参加希望クラスの該当章を読み、疑問点等をピックアップしておいて下さい。直前の申込みで本の入手が間に合わない場合は、当日購入が可能です。

※10〜19才の方は【G3】クラスもカンパ制(自分で参加費を決める)で参加できます。

-------------------------------------------------------------------------
★お申込み方法
お手数ですが、下記の項目をコピー&ペーストなさり、必要事項(※)をご記入の上、必ず事前にメール(←クリック)メールにてご本人がお申し込み下さい。その際、お申込みメールのタイトルを「きんきアートラボ」として下さい。追って受付メールを返信いたします。

【参加希望クラス】 【 】で囲まれた部分だけで結構です
【お名前】
【〒ご住所】
【お電話(携帯)番号】

※【G1】で『ドリームスペル』の当日配布を希望される方は、下記の全項目(〜〜〜で上下囲まれた部分)も必ずコピー&ペーストしてご返信下さい(この部分が無い場合は既に手元にあると見なし、当日の配布は致しません)。既に受取り済の方は結構です。尚、二重受取は出来ませんのでご注意下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<私は以下の全てに同意します>
・このツールを売買しない事を約束します。
・このツールを占いや鑑定の道具に流用しない事を約束します。
・このツールをマヤ暦という名で呼ばない事を約束します。
・個人的な解釈を公式見解として伝えない事を約束します。
・このツールの入手を希望する人には、公式配布窓口を知らせる事を約束します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*お寄せ頂いた個人情報はいかなる場合においても外部へ漏らす事はございません。
*敏速な返信を心がけておりますが、通信事情等により、ごくまれにメールが届かないケースがございます。 お申込をお送り頂いた後、2日間経ってもこちらから返信が届かない場合は、 大変お手数ですが、再度メールをお送り頂けますようお願いいたします。
--------------------------------------------------------------------------------
お願いとご注意
@yahoo.co.jpのアドレスからクリカにメールをお送り頂く場合、残念ながらこちらに届かないケースがあるようです。恐れ入りますが、できるだけ他のアドレスからお送り頂けると幸いです。携帯メールの方は、こちらからの返信メ-ルが届く設定にしておいて頂けますようお願いします。また、ezwebの方は、設定に関わらずこちらからのメールが届かないことがありますので、返信が無い場合は、お手数ですが、別なアドレスからお問い合わせ下さい。
--------------------------------------------------------------------------------

最近の記事