水晶の水晶による水晶の円卓

2014年06月21日 17:58

■水晶の月23日(G6/21)KIN234 白い宇宙の魔法使い(by D)

夏至の今日から1週間、上野の東京都美術館で「東京陶族展」が開催される。17回目の今回は、天真書法塾も協賛していて、青木天外塾長、吉田随流先生をはじめ、師範科のメンバーが参加している。Lと私も、それぞれ「竃」(かなりカラフル)と「麻」(初の麻炭使用)という書で出品しているので、ご関心のある方は、是非、お立ち寄りいただければと思う。
麻 ※作品の一部をチラり

会場で作品のセッティングが行われていた昨日は、『13の月の暦』では水晶の月の水晶の日で、銀河の音「12(水晶の)」が重なる「魔術の亀の日」だった。私は、そのタイミングを狙って決められた暦のクラスを、クリスタルショップ・横浜ナディアで行っていた。

この暦において、ウェイブスペルという13段階のプロセスの12番目は、「過去の行為が公式化され、未来の行為が用意される日」とされていて「円卓会議」を行うことが推奨されている。円卓(上座下座が無い場)に集って、自らの体験を互いにシェアすることで行為を公にし、それによって次の13日の流れを呼び込むという意味合いを持つ。

実は、ナディアでは10数年前、実際に「水晶の日」に合わせて集いが行われていたのだが、13日周期で行うと曜日が毎回ズレてしまう関係で、集うのが困難になり、その後は月に1回とか2ヵ月に1回という形に変容して行ったのだった。従って、今回の円卓会議は、ある意味、原点回帰の集いでもあったと言える。

それだけに水晶に関するシンクロは見事だった。初心者クラスは、私を含めて6名で行われたのだが、何と、そのうちの3人が「赤い水晶の竜」の道筋だったのだ。より詳細に書けば、G8/12生まれの私の他に、そこからぴったり260日後に当たる4/29生まれの方が2名いたのである。
赤い空 ※「赤い水晶の空歩く者」午前のメンバー構成は赤3人、青3人だった。写真は数日前の二子玉川の空

この人数で同じ誕生日の人がいるだけでも驚きなのだが、その260日前生まれの人間が、260日の暦を扱うクラスで同席してしまい、さらに、そういう繋がりのある3名が、水晶の月の水晶の日に「赤い水晶の竜」という道筋を歩んでいるのだから、何とも出来過ぎた話である。

午後のテーマ別クラスは、メンバーがガラッと入れ替わって7名。初心者クラスと合わせるとちょうど12名(私を除いて)。「水晶の円卓」に相応しく、参加者からのシェアが美しく繋がり、私もそれにつられてパレンケの他に、魔術都市トリノ(白3黒3)の話なども少しさせて頂いた。

続く天真体道瞑想クラスも、開始時に飛び入りで参加されたお2人が色々質問されたことで、思いがけない話が次々出て深い時間となった。私が予言していた通り、昨日参加された方々は、色々な意味で「ツイてた」と言える。
水晶円卓 
何しろ、ちょうどゆみこさんが帰国してワークをされていた関係で、シャスタ(部屋の名前)の中央には水晶(レムリアンシード)による水晶(12)の円卓が作られていて、シンクロがさらに増幅する場が出来ていたし、参加者の「協力を捧げる」姿勢によって、不可視の「水晶」もしっかりと生み出されていたからだ。最後にパレンケの石を使って地球ダイビングをして終了。

ちなみに、ヒカルランドから出ている江本勝氏との共著『銀河のマヤ 聖なる時の秘密』の表紙写真には、シャスタ山の山影が写っているのだが、この写真が選ばれた背景もマジカルで、私は、シャスタという部屋で何度も暦のクラスをやり続けたことも、少しは関係しているのではないかと、密かに思っている。

それと、同日、上野に展示されたのが「麻」という作品であることにも注目しておきたい。「麻の葉模様」というのは六角形、亀甲でもあり、雪の結晶にも見られるパターンである。水晶の魔術の亀の働きがそうさせたのか、そういうタイミングだと私の潜在意識が知っていて、同じ日に別な場所で共鳴する魔法をかけたのか、それは分からないが、然るべき時に然るべきことが起こるのだけは、確かである。

来週、沖縄で行われるアートラボでは、『ドリームスペル』の配布勉強会(銀河シンクロ教室)も行われる。きっかけは天真会の瞑想セミナー(「世界平和と慰霊」祈りの旅)にあったが、6月に入ってから、天皇皇后両陛下が、そのセミナーと完全にシンクロするタイミングで(慰霊の)沖縄訪問をされる事を知った。

また、それに続いて近畿(京都&大阪)で行われるアートラボにも強烈なシンクロがある。まず7/5のクラスの後には、翌日の会場となるチャクラで「縄文人、大阪で合流〜琉球とアイヌの出会い〜」というライブが行われる。チャクラで行う瞑想クラスに一番参加してくれている金城さんが初ライブをするのが、沖縄から戻った直後というのが素晴しい。

そして、そのチャクラで暦(銀河の時の教え)と瞑想のクラスを行う7/6は、ダライ・ラマ法王の79才の誕生日であり、インド・ラダックで法王による33回目のカーラチャクラ(時の輪の教え)が始まるタイミングでもある。

ナディアの件を見るまでもないが、沖縄での天皇皇后両陛下訪問とのシンクロ、33回目のカーラチャクラと3300部制作された日本語版ドリームスペルの共鳴状態は、それぞれその場に参加する方に、想像を越えた魔法的な働きをもたらすことだろう。と同時に、キットとして『ドリームスペル』を手にする方は、いよいよ(誠意ある人に)限られるようになるだろう。

7/1の沖縄と7/5の京都で行われる「霊性のアート円卓読書会」も、ちょうど「シンクロ世界の周波数」というテーマを扱うので、ある部分「銀河シンクロ教室」よりも、もっと本質的で生活に密着した『ドリームスペル(13の月の暦)』の活用方法について触れられるのではないかと思っている。

沖縄、京都、大阪。琉球・アイヌと天皇家が繋がるこの流れは、新しい次元での調和を予感させるものが多分にある。きっとナディアで生じたのと同じように、その時と場所に招かれた然るべき人々(次世代の調和的世界を担う方々)が、そこに集うことになるのだろう、と押し寄せる数々の兆しを見て思うのだった。


追伸:夏至は『13の月の暦』だと水晶の月23〜25日(G6/21〜6/23)辺りにやって来るが、この期間のサイ時間単位はKIN149(6・月)だ。月のコード番号は「9」なので「6・9」は陰陽反転ポイントとも読める。個人的には、KIN149はパレンケの碑銘の神殿でドリームスペルとテレクトノンをプレイした日であり、パカル王の墓室に参入した日(そして年)として刻まれている。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    最近の記事