4年前の「花燃ゆ」

2014年10月22日 00:17

自己存在の月4日 (G10/21) KIN96 黄色い倍音の戦士 (by L)

来年のNHK大河ドラマは、吉田松陰先生(KIN245)の妹が主人公でタイトルは「花燃ゆ」だそう。

天真書法塾では、年に一度全体の発表会があり、次回第13回は2015年1月に開催が予定されている。会場は、明治神宮へと続く表参道のギャラリーだ。ならば明治維新を題材に書こうかな?吉田松陰先生の「諸君!狂いたまえ!」なんて言葉はもう本当に最高だけれど、書題にするには漢字と平仮名のバランスが難しいな?とか思ってみたり、目下色々思案中。

実は私は、4年前の発表会で「花燃ゆ」という作品を既に書き、青木天外塾長(KIN245)から表現大賞を授与された。もちろん書題は大河ドラマを予知していたわけではなく(笑)、当時、杜甫の鮮やかな詩からインスピレーションを得て書いたものだ。「花欲燃(花は燃えんと欲す)」なんて、グッと来るではありませんか!(それにしても当時の私の髪型ときたら携帯少女ミムのよう!笑える!)

花燃ゆ  

自分の生み出した作品は、自分ではどれも氣に入っているけれど、この作品はシャンバラ教室がスタートした年のもので、特に私の生徒諸君の為に書いた思い出深いもの。今日はKIN96(8×12)でシャンバラに関係する日でもあるので、当時のブログ記事も備忘の為に貼付けておこうと思う。
★「花は燃えんと欲す」
http://happykulika.blog91.fc2.com/blog-entry-435.html

シャンバラ教室生と。 
★2010年。みんな若い!

ちなみに、松陰先生を祭る神社は萩と世田谷にあり、世田谷の方は法務局もある関係で、機会のある時には私たちも必ず参拝する。今日FBを眺めていたら、安倍昭恵さんが萩の松陰神社にお参りされていたのを目にした。そんなこともあって、「花燃ゆ」のメモをUPしておこうと思った。


最近の記事