ネパ―ルと周辺国を襲った地震について−2

2015年04月29日 00:42

惑星の月24日(G4/27)KIN24 黄色いスペクトルの種(by DL)

マナサロワール・アカデミーの校長、Tsultrim Sangmoさんが、今の現地(ボダナート)の様子を書き込んでいます。

『Thank you so much for your kind messages and I am so sorry that I could not answer any of you as we didn't any Internet so far. It seemed that all the children are safe but I couldn't contact all. My relatives in Kathmandu are safe. We are still sleeping in the street. It rained heavily yesterday night. It was terrible. We are still in great shock. Thank you so much for your prayers. We are so sorry to know thousands of people lost their lives, houses, properties, near ones. Everybody is in great panic. I am so sorry that one of our children's grandfather was killed.』

余震の影響で屋外(道)で眠っているとの事。昨夜は大雨。そんな中で過ごすのはさぞ大変だったことでしょう。とにかく300人を超える生徒達とその家族が無事でいてくれて何よりですが、安心して過ごせるよう、スムースに学校が再開できるよう、私たちもこれまで以上に協力して行きたいと思います。

一人の生徒が(家屋の崩壊により)おじいちゃんを失ったとのこと。年代から言うとチベットから亡命された一世の方でしょう。心からご冥福をお祈りします。

最近の記事