カトマンズ訪問2015

2015年11月20日 01:49

倍音の月5日(G11/19)KIN230 白い太陽の犬(by DL)

今年もNPOクリカで教育支援を行っている子供達に会いに、カトマンズ(ボダナート)のマナサロワール・アカデミーを訪問して来ました。大地震後、一時はテント生活を強いられていた生徒や先生達も、建物の安全性が確認された今は家に戻れて、ほぼ平常通り学校生活が送れているとの事(家が全壊、半壊などで住めない状態になってしまった支援生徒にはNPOクリカからお見舞金を出しました)。ただ、400人近くいた全校生徒のうちの50人位は、震災後、親戚の家や他の土地に移動したまま戻って来ていないそうです。

現在は、新憲法に対するインドの圧力で国境の物流が滞り、燃料や食料の不足が深刻化しています。実際、ガスが不足している関係で、食事も薪で作っていました。震災後、学校からのリクエストがあったソーラーパネル&蓄電池&照明設備は、NGOマヤネットワークの木村悟郎さんらの協力で、無事設置が完了していました。学校で寄宿生活をしている子供達(全体の一部)や先生方は、停電の多い日々も、灯りのある生活が送れていると、とても感謝していました。

カトマンズ2015  

★写真はfacebookのアルバムにリンクしています。それぞれコメントを付けて行きますので、写真をご覧になりながら現地の様子を感じて頂けましたら幸いです。

★NPOクリカの活動に関心を持ってくださる方は、是非、下記もご参照下さい。
http://www.kulika.com/index.php?page=npo-kulika

最近の記事