ウサギの月の大国主と181の秘密

2016年06月22日 00:18

水晶の月23日(G6/21)KIN184 黄色い月の種(by D)

先の「赤い水晶の竜(KIN181)」(G6/18)に行われた集いは、「青いスペクトルの嵐の年」版《TIMESCORE》の完成を祝うお披露目会だったのだが、流石に「水晶の月」の「水晶の日」というタイミングだけあって、ホゼと同じKIN11の方、「銀河の同期」と同じKIN164の方など、「水晶の円卓」に座るのに相応しいシンクロ力に満ちた方々が集って下さった。
スコア12 
ちょうど夏至のKIN184とシンクロする方もいらしていたので、その時空回路を活かして、その後のシンクロを少しシェアしておきたいと思う。KIN181の集いの後、場所を移して個人セッションがあり、その後ひと息ついてから、私達は近所に食事に出掛けた。

KIN181は、昨年までのLの「運命の道筋」であり、私にとっても2013年「銀河の同期」直後からの「運命の道筋」だったので、色々な意味で印象深いキンなのだが、それ以上に、かつて近所に住んでいたとある人物(KIN181)の事が忘れられず、家の近くまで戻って来た時も、その「謎の人物 G」(以下G)についての話をしていた。

すると、Gとよく遭遇した近所の交差点にタクシーが停車していて、何とそのナンバーは「181」であった!一日の最後に見た車のナンバーが、その日のKINとシンクロしていると言うだけでも、十分驚けると思うのだが、まさにその場で出会っていたKIN181のGについて口にしている最中に「181」が現れたのだから、流石の私ものけぞってしまった(・・・と同時に慌ててスマホで撮影する事も忘れなかった)。
181.jpg 
Gについて詳しく書くと、多分、本が一冊書けてしまうので、ここではほぼ4年前の出来事を、うんと省略してメモしておくに留めたい。チェコで行われた初めての剣武天真流海外演武から戻ってすぐの2012年6月15日(KIN18)、つまりパカルの墓がアルベルト・ルスによって封印を解かれてからピッタリ60年というその日に、私達はGと近所(先のタクシーが停車していた側)で会話を交し、急展開で翌日初めてお宅訪問する流れになった。

その日(水晶の月18日・KIN19)の出来事は、今でも「あれは夢だったんじゃないだろうか?」と思うくらい衝撃的で、もし、私達が二人一緒でなかったら、あるいは証拠の品が何も残っていなかったら、夢と片付けていたかもしれない位の異次元体験だった。何しろ、普通に生活している人々よりは相当不思議体験を沢山して来ていると思う私達が、「何ーーーッ!」を(心の中で)連発せずにはいられない事だらけだったのだ。
ボルサリーノ 夢じゃなかった証拠にボルサリーノの帽子を頂いた

Gの誕生日を聞き出し、KIN181だと判明したのもその時である。ちなみに、過去このGについて書いたブログは、このリンクの一番下「律動の月26日(G1/7)8・種 KIN164」にある。2012年にご本人から聞いた話は、その頃、私達が妄想していたストーリーよりも圧倒的に強烈で、その異様な存在感と確かにマッチする内容だった。だが、それ以降、私達はKIN181のその人物に会えてはいない。

あれから4年、181ナンバーの車を通じてGは4次元的に姿を現したのかもしれない。その瞬間の興奮をツイートしておいたら、その日の円卓に参加されていたKIN164(8・種)の方から、深夜にメールが届いた。何と、過去に二子玉川勤務の経験があるその方、私のツイートを見て「もしかして、その方、こんな方ではないですか?」とかなり細かく具体的なポイントを書かれて来たのだ。

もちろん、全てドンピシャであった。まさか、あの人物を知っている人がいらっしゃるとは!それもGと直結する日付の「水晶の円卓」に出席していて、さらに「銀河の同期」とシンクロするKIN164が誕生キンだとは!何しろ、先にリンクを貼ったその人物に関するLのブログは、KIN164に書かれているのだ。やはりGは、パカルとも縁のある銀河エージェントの一人なのだろうか。

だが、まだ話は止まらない。翌日(KIN182)、玉川高島屋の地下食料品街を歩いていたら、Gととても関係の深い人物が、真正面から歩いて来て、バッタリ遭遇してしまったのだ。しかし、この方についても書くのはちょっと難しいので、とにかくGと関係が深いという事と、未だ会話を交したことは一度も無い、ということだけメモしておく。

その日、剣武の稽古に向かう途中、私は『古事記のものがたり』という本を手にしていた。7月上旬に出雲大社で奉納演武が予定されているので、もう一回、大国主に関する部分を読んでおこうと思ったのだ。著者の一人、宮崎みどりさんは、私が関西在住時に知り合った方だが、本書は現代語訳でとても読み易いだけでなく、その神様が今はどこにお祀りされているかなどの情報も添えられていたりするので、重宝している。
古事記 ★手元にある2000年3月20日(KIN231)発刊の第2刷

さて、大国主に関するパートをゆっくり読み進めて行くと、何と、P157に子供が「181」人も居たという話が出てきた!後で調べてみたら(と言ってもwiki情報だが)古事記では180柱、日本書紀では181柱となっているらしいが、私が手にした本に「181」と書いてあった事に意味がある。

KIN181にKIN181のGシンクロを体験した直後、さらに関係人物に直接会ってしまった直後のこの展開には、流石に驚きを隠せない。しかも、その驚きの中には、単に数のシンクロだけでは無いものがあるのだ。というのも、謎の人物Gは、KIN19に色々な話をした際、子供が25人も居る(!)という話を、私達に向かってしていたからである。神話ならいざ知らず、現代の日本にそんなに子沢山な人など居るのだろうか(あくまで本人談ではあったが、私達には納得してしまうだけの神話的体験があった)。だから、181が大国主の「子供の数」として出て来た事に驚いたのだ。

夏至の今日(KIN184)は、剣武天真流蒼天支部道場の月一回の稽古日だったが、思えば、蒼天道場がスタートした日付もKIN181だった!そして、初めて出雲神社を参拝したのは2002年1月14日(KIN116)、手元にある『古事記のものがたり』第2刷は2000年3月20日(KIN231)の発刊。表紙は因幡の白ウサギで、「水晶の月」のトーテムアニマルはウサギである。

そして、今年の「水晶の月」は、『20の銘板』のクロノグラフの見方で「白い水晶の世界の橋渡し」と同期している。惑星ホロンで日本のエリアと同期する「橋渡し」の「水晶の月」の最後に、京都と大阪で暦のクラス(円卓)が開催される。「円卓で共有する」ことの魔術力は、まさに上記のような体験を通じて実感できるのだが、こればかりは、やってみた者にしか分からない。何をどうしたら良いのか分からないという方は、週末の関西の集いに来て頂ければと思う。手法だけでなく言葉では伝えられないコツもお伝えする予定だ。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    最近の記事