洞窟の父

2017年05月08日 15:04

スペクトルの月7日(G5/8)KIN245 赤いスペクトルの蛇(by D)

『13の月の暦』では11番目のスペクトルの月&「11・蛇」日。さらにサイ時間も「11・橋渡し」という事で、「解放」のスペクトルが重なりまくるスペシャル魔術の亀の日。そして我らが師匠の114回目の銀河の誕生日である。

縁側 

GW中、その師匠ご縁で出会った友人の増田ご夫妻(KIN118&KIN18の鏡夫妻)のご新居にお招きいただき初訪問。縁側のある純日本家屋で、オランちゃんのプロフェッショナルな絶品お料理と、滅多に出会えないという小布施ワイナリーの日本酒でもてなして下さった。感謝!

シェフ 6.jpg 

増田アーツ&クラフツ代表・増田博一氏による新しい試作の器も見せていただき、今後の展開が大いに楽しみなところだが、それとは別に、もう一つ驚かされたことがあった。何と、増田さん、新しい特技「タロット」でオリジナル鑑定をしてくれるのだ!

父2 

これがなかなか鋭くて、虹風さん、蘭禅、私と観てもらって、全員が「おおー」と唸った。新居が地下迷宮として有名な「田谷の洞窟」(瑜伽洞)のすぐ近くにある事から、「洞窟の父」と命名(笑)。多分、これから評判になるだろうから、観てもらいたい人は今のうちだ(ご縁があればだけど)。

父 

増田さんは今年、パカル王の石室が発見されたKIN218(10・鏡)とシンクロする「運命の道筋」を歩んでいるので、何か新しい領域で「現れを仕上げる」事になるのかもしれない。

ちなみに、このお家には非常に興味深い云われがあって(ご夫妻に直接聞いてみて欲しい)、増田さんのタロット鑑定は、この家のスタンド(JOJO用語)と協力して行われている可能性もある。また、近所には洞窟以外にも「九つ井」(実はニコタマにもある)のギャラリーがあったりして、不思議なパワースポットが形成されている。「洞窟の父」の今後に注目だ。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    最近の記事